電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 28件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SC 2019-06-01
10:30
茨城 物質・材料研究機構(千現地区) サービスロボット・IoTデバイスのセキュリティ課題と対策のケーススタディ
山崎治郎辻 秀典山崎文明ネットワンシステムズ
従来のロボットは、産業用ロボットに代表されるように、特定の環境下で特定の仕事をすることが中心であった。しかし、社会環境の... [more] SC2019-8
pp.45-50
IN, NS
(併催)
2019-03-05
11:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター グラフ畳み込みニューラルネットワークを用いた脅威情報における悪性度推定手法の一検討
風戸雄太仲川宜秀中谷裕一NTT
近年,サイバー攻撃による被害が多数発生している状況において,ネットワーク事業者がエンドユーザと通信サービスを守る対策の1... [more] IN2018-128
pp.265-270
ICSS 2018-11-21
16:05
鹿児島 宝山ホール(鹿児島) [招待講演]Interop Tokyo 2018 ShowNetにおけるセキュリティの取り組み
橋本賢一郎ラストライン)・神宮真人NICT)・遠峰隆史レピダム
昨今,サイバー攻撃が高度化し業界を問わず被害が拡大している.今後は,IoT(Internet of Things) デバ... [more] ICSS2018-59
p.37
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:20
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 複数端末の連携による高度な標的型攻撃を阻止するための分散型通信制御方式
前田龍志村山純一東海大
近年,企業を標的としたサイバー攻撃が深刻化している.その被害の多くは情報漏洩である.対策として,セキュリティゲートウェイ... [more] IN2017-90
pp.5-10
ICSS 2017-11-20
15:40
大分 別府国際コンベンションセンター サイバー攻撃の脅威に対応する具体的な管理策を学ぶための教育ツールの検討
近江谷 旦宮本大輔門林雄基奈良先端大
昨今,サイバー攻撃の脅威が増大している.サイバー攻撃から自システムを効果的に防御し,資産を守るには実施するべき情報セキュ... [more] ICSS2017-40
pp.11-16
RCS, IN, NV
(併催)
2017-05-12
11:10
東京 機械振興会館 イントラネットからの情報漏洩防止のための端末操作分析機能の分散化技術
前田龍志村山純一東海大
近年,標的型攻撃の被害が深刻化している.この攻撃は,企業の情報資産を漏洩させる.対策としては,セキュリティゲートウェイが... [more] IN2017-5
pp.21-24
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2017-03-13
13:25
長崎 長崎県立大学シーボルト校 脅威情報の統合的分析に向けた攻撃活動のモデル化
野村健太伊藤大貴神戸大)・神薗雅紀PwCサイバーサービス)・白石善明高野泰洋神戸大)・毛利公美岐阜大)・星澤裕二PwCサイバーサービス)・森井昌克神戸大
特定の標的を狙ったサイバー攻撃は複数の侵入経路や攻撃手段を用いる.そのように多様化したサイバー攻撃に対抗するために,攻撃... [more] ICSS2016-47
pp.7-12
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2017-03-14
11:20
長崎 長崎県立大学シーボルト校 通信コミュニティ分析に基づく標的型攻撃のLAN内侵入拡大の検知
長山弘樹胡 博小山高明三好 潤NTT
近年,標的型攻撃による被害が拡大しており対策は急務である.標的型攻撃では,攻撃者が感染端末を踏み台とし,長期に渡って企業... [more] ICSS2016-65
pp.153-158
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2017-03-14
11:45
長崎 長崎県立大学シーボルト校 脅威情報を関連付けるための攻撃活動の表現
伊藤大貴野村健太神戸大)・神薗雅紀PwCサイバーサービス)・白石善明高野泰洋神戸大)・毛利公美岐阜大)・星澤裕二PwCサイバーサービス)・森井昌克神戸大
高度化・複雑化するサイバー攻撃が社会問題となる中,近年,サイバーセキュリティに関する様々な情報を多角的に分析し,そこから... [more] ICSS2016-64
pp.147-152
IA, IN
(併催)
2016-12-16
13:20
広島 広島市立大学 講堂小ホール 出口対策に向けた耐感染性を有したネットワーク監視並びに防御システムの検討
佐藤康次関谷勇司東大
標的型攻撃によるデータ漏洩が大きな問題となっている.標的型攻撃は,特定のシステムに対して様々な攻撃を繰り返すという特徴を... [more] IN2016-82
pp.91-96
ICSS 2016-11-25
14:40
神奈川 情報セキュリティ大学院大学 脅威モデリング連携型ファジングテスト手法の提案
西尾泰彦城間政司CCDS)・井上博之CCDS/広島市大
本研究の目的は,IoTシステムのセキュリティを確保できるファジングテスト手法を確立することである.セキュリティの確保のた... [more] ICSS2016-41
pp.15-20
ASN 2016-05-12
13:00
東京 構造計画研究所 本所新館 [招待講演]スマートハウス研究を踏まえたIoT実現への方策
馬場博幸東大
本講演では、IoTの一ユースケースであるHEMSの数年に亘る研究の経験を踏まえた、IoT実現に向けた課題を概観する。具体... [more]
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-04
10:00
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 複数の公開鍵秘密鍵ペアの中継による認証方式のセキュリティに関する考察
緒方祐介大森芳彦山下高生岩田哲弥NTT
WEBサービスでの認証はパスワードによる認証では十分なセキュリティを確保することが難しくなってきている.パスワードにかわ... [more] ICSS2015-62
pp.89-94
IA 2015-11-12
16:00
千葉 成田ビューホテル Enhancing performance of cardinality analysis for faster network
Shinichi MoriAkira SatoKenichi YoshidaUniv. of Tsukuba
Cardinality in network flow data gives useful information fo... [more] IA2015-52
pp.81-85
ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2015-07-02
13:50
愛知 名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール 情報セキュリティ行動サイクルへの対策実行意思モデルの応用に関する考察
吉開範章日大
情報セキュリティ環境を安全に、かつ正常に運用する為には、抑圧・防御・検出・復旧の4段階から構成される「情報セキュリティ行... [more] ISEC2015-16 SITE2015-14 ICSS2015-26 EMM2015-24
pp.81-86
IA, ICSS
(共催)
2015-06-12
10:30
福岡 九工大 百周年中村記念館 標的型攻撃検知機構の実証実験
武藤健一郎奥村恭弘蔵本晋也池田英守畑田充弘渡辺喬之NTTコミュニケーションズ)・佐藤 徹青木一史NTT)・村上純一磯 和幸薫田康弘FFRI)・名和利男木内 舞CDI
本研究では、標的型攻撃に対するサイバー攻撃防御モデルの一構成要素である検知機構について、通常業務との不一致/乖離に着目し... [more] IA2015-9 ICSS2015-9
pp.45-50
IA 2014-10-07
16:55
大阪 グランフロント大阪 タワーB 10F 昨今のサイバー攻撃の手法とその対策について ~ Interop Tokyo 2014 ShowNetにおける結果からの考察 ~
橋本賢一郎ファイア・アイ)・遠峰隆史NICT)・関谷勇司東大
社会活動や日常生活のうち, インターネットを用いた活動の比重が高くなってきている. それに伴い, これまでの国家間のサイ... [more] IA2014-33
pp.51-56
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2014-03-28
10:15
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) MATATABI:Hadoopによるマルチレイヤ脅威分析基盤の設計と構築
田崎 創東大)・岡田和也奈良先端大)・関谷勇司東大)・門林雄基奈良先端大
脅威検知や解析は今日のサイバー空間において必要不可欠なものとされているが,常に最新のサイバー空間上の悪性活動を検知する事... [more] ICSS2013-77
pp.113-118
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2014-03-28
11:15
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) 複数ホストを横断可能なタイムライン型イベントログ閲覧システム
遠峰隆史津田 侑神薗雅紀NICT)・杉浦一徳慶大)・井上大介中尾康二NICT
企業のネットワークがインターネットに接続されることが一般的になったことは多くの業務に変化をもたらした反面,インターネット... [more] ICSS2013-79
pp.125-130
ISEC, IT, WBS
(共催)
2014-03-10
10:35
愛知 名古屋大学 東山キャンパス An XML Based Document Management Framework to Prevent Data Leakage
Kamran MorovatiUniv. of pune)・Sanjay KadamC-DAC
This paper proposes a secure document management framework t... [more] IT2013-58 ISEC2013-87 WBS2013-47
pp.27-34
 28件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会