お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OFT 2022-01-20
13:30
京都 京都(ハイブリット開催予定)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
シングルボードコンピュータを用いた光IPネットワーク基盤型温度センシングシステム
長谷勇輝鈴木裕太小山長規今田忠樹七瀧章吾成宮 慶池田佳奈美山田 誠阪府大OFT2021-56
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] OFT2021-56
pp.7-10
OFT 2019-10-11
11:55
新潟 駅まえオフィス貸会議室(新潟) 光ファイバ温度分布計測装置の最近の適応事例
永井竜二橋場圭一湯 京龍住友電工OFT2019-37
今日、ラマン散乱光を利用した光ファイバ温度分布計測装置(弊社登録商標:オーピサーモ、OPTHERMO)は電力ケーブルやイ... [more] OFT2019-37
pp.27-31
OFT 2019-05-16
16:00
大阪 I-siteなんば [ポスター講演]Ethernet用光トランシーバを用いる温度センシングシステムに適したLPFGの作製パラメータ
鈴木裕太小山長規松井 惇香川琢郎池田佳奈美山田 誠阪府大OFT2019-12
筆者らは,安価なEthernet用光トランシーバと長周期ファイバグレーティング(Long-period fiber Gr... [more] OFT2019-12
pp.51-54
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2018-08-07
16:45
北海道 北海道大学大学院情報科学研究科 M棟M151 FPGA搭載プロセッサのダイ温度からの消費電力推定
金子博昭金杉昭徳東京電機大SDM2018-35 ICD2018-22
組込みシステム応用向けで1Wを下回る消費電力のプロセッサについて熱管理を支える温度感知の重要性が増している.本稿ではFP... [more] SDM2018-35 ICD2018-22
pp.53-58
ICD, CPSY
(共催)
2016-12-15
15:30
東京 東京工業大学 [ポスター講演]ヘルスケアIoTに向けたバイオ燃料電池と0.19V 53μW 65nm CMOS電源電圧不感型温度モニタリング機能ならびに誘導結合通信機能を有する発電センシング一体型集積センサを用いた電力自立バイオセンシングシステム
小林敦希池田 景中里和郎新津葵一名大ICD2016-89 CPSY2016-95
本研究は,無線通信機能を有する電力自立バイオセンシングシステムの開発を目標にしている。本稿で提案するバイオセンサは,バイ... [more] ICD2016-89 CPSY2016-95
pp.111-115
ICD, CPSY
(共催)
2014-12-02
15:15
東京 機械振興会館 多端子有機TFT温度検出素子の試作と評価
竹内宏介寒河江貴之原田知親山形大ICD2014-107 CPSY2014-119
現在、あらゆる電子機器にはセンサが用いられ、それらを使って温度・光等の環境情報をモニタリングし、システム全体の故障検出や... [more] ICD2014-107 CPSY2014-119
pp.129-134
OFT 2014-10-23
16:15
兵庫 三宮コンベンションセンター 複数プローブ光を用いた遠端反射ブリルアン利得解析法による高信頼分岐光ファイバセンシング
鬼頭千尋NTT)・伊藤文彦島根大)・高橋 央戸毛邦弘真鍋哲也NTTOFT2014-29
我々は、光アクセス媒体網の遠隔監視を目的として、光スプリッタ下部心線の個別損失分布を測定可能な遠端反射ブリルアン利得解析... [more] OFT2014-29
pp.33-38
IT 2014-01-27
11:20
大阪 大阪市立大学 文化交流センター 高温下における温度湿度センシング ~ 2.4GHz帯無線ネットワークを用いたリモート計測 ~
森川暉大宮脇 望辻岡哲夫三浦孝平伊與田浩志阪市大IT2013-46
近年,乾燥や殺菌,加熱,調理などの分野で過熱水蒸気の利用が拡大している.過熱水蒸気を利用する加工装置において湿度は製品品... [more] IT2013-46
pp.5-9
CQ, CS
(併催)
2013-04-19
11:15
新潟 佐渡島開発総合センター 高温下における温度・湿度センシングのための保水制御システム
辻岡哲夫伊與田浩志大森雅仁山形純子阪市大)・田中倫明北村治雄宮川化成CS2013-7
過熱水蒸気を熱媒体とした食品の乾燥・消毒・調理において,温度・湿度制御は重要である.筆者らは,200℃を超える高温下でも... [more] CS2013-7
pp.35-41
OFT 2013-01-24
14:55
徳島 アスティとくしま(徳島) コヒーレントOTDRによる現実的な温度分布の測定シミュレーション
宮本雅弘伊藤 拓武田茂樹泉田 史小山田弥平茨城大OFT2012-56
我々はレイリー散乱を利用した歪と温度の高精度分布測定法を提案し,検討を進めている.本稿では,現実的な温度分布 (温度範囲... [more] OFT2012-56
pp.19-24
OFT 2013-01-24
16:00
徳島 アスティとくしま(徳島) 合成型BOTDRの提案と実験による検証
西口憲一阪大)・李 哲賢グジク アーター岸田欣増ニューブレクスOFT2012-58
Brillouin optical time-domain reflectometry (BOTDR) の空間分解能を向... [more] OFT2012-58
pp.31-36
OFT 2013-01-24
16:25
徳島 アスティとくしま(徳島) SMFにおけるひずみと温度が識別できるハイブリッド分布測定システムの開発
岸田欣増李 哲賢ニューブレクス)・○西口憲一阪大)・山内良昭グジク アーターニューブレクスOFT2012-59
本論文では,ブリルアン散乱とレイリー散乱を同時に測定するハイブリッド計測システムの商用化開発を報告する.本システムは1本... [more] OFT2012-59
pp.37-42
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2010-11-19
10:55
大阪 SEI 生駒セミナーハウス 光ファイバセンサのサーバールーム温度監視への適用
東 秀訓・○渡辺恒文米田英彦ジェイ・パワーシステムズOFT2010-44
近年、環境意識の高まりと改正省エネ法が施行されたことに伴い、IT事業者はCO2削減に向け様々なソリューションの検討を始め... [more] OFT2010-44
pp.29-32
OFT, OPE
(共催)
2009-03-06
13:05
東京 機械振興会館 High Resolution and Wide Dynamic Range Optic Fiber Temperature Sensing System Based on Correlation and Differential Technique
Xunjian XuKoji NonakaKochi Univ. of Tech.OFT2008-92 OPE2008-192
 [more] OFT2008-92 OPE2008-192
pp.25-30
OPE, OFT
(共催)
2008-03-07
13:50
東京 機械振興会館 ブリルアン分布計測におけるパルス・プリポンプ法の高精度化
西口憲一阪大)・岸田欣増李 哲賢ニューブレクス)・呉 智深茨城大OFT2007-68 OPE2007-187
光ファイバのブリルアン散乱を利用する歪み/温度の分布計測において,先に提案したパルス・プリポンプ方式では10 cm の空... [more] OFT2007-68 OPE2007-187
pp.33-38
EMD 2007-12-21
16:20
東京 日本航空電子工業株式会社 反射計測系における多重反射の影響と対策
斧田誠一・○井上恵一小松康俊渡辺製作所EMD2007-107
BOFとDWPRによる温度センシングシステムを試作評価したところ、多重反射の影響と見られる望ましくない現象が生じた。いく... [more] EMD2007-107
pp.39-43
EMCJ 2007-12-07
14:45
静岡 クリエート浜松 53会議室 脳内深部温度無侵襲計測用多周波マイクロ波ラジオメータの受信機数に関する検討
平田 寿静岡大)・澤山雄樹日立メディコ)・星野修平富士フイルム)・沖田善光杉浦敏文静岡大EMCJ2007-103
出産時の低酸素虚血症に起因する死亡・脳神経障害等の防止に低体温療法が提案されているが,この療法の確立には脳深部温度の無侵... [more] EMCJ2007-103
pp.43-48
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会