お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 45件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCS 2021-08-21
10:30
ONLINE オンライン開催 共感覚的比喩を用いた触感と表情の対応性に関する一検討
樋口友梨穂松下光範関西大HCS2021-18
本研究は視覚情報を十分に得られないユーザに対して,触感を用いて人の表情を表現し,提示することを目指す.提示のためには表情... [more] HCS2021-18
pp.7-12
HCS 2021-08-22
13:00
ONLINE オンライン開催 平面認識を用いた聴覚情報と触覚情報による空間認知
佐本紘希岡 育生辻岡哲夫中島重義渡辺一志阪市大HCS2021-28
本稿では,平面認識を用いた聴覚情報と触覚情報による空間認知システムを提案している.ユーザが頭部に深度情報のヘッドマウント... [more] HCS2021-28
pp.63-66
HIP 2019-12-19
15:45
宮城 東北大学電気通信研究所 視触覚トライポフォビア
徐 皓芹九大)・佐々木恭志郎早大/九大/学振)・山田祐樹九大HIP2019-68
円形の凹凸の集合体の画像を見ると強い不快感が喚起される (トライポフォビア).本研究では,凹凸が触覚にも与えられた場合に... [more] HIP2019-68
pp.19-24
WIT 2019-06-16
13:20
東京 早稲田大学 早稲田キャンパス コード化点字ブロックを利用した弱視者向け周辺情報提示手法の検討
飯田優也青木貴也早川智之澤野弘明愛知工大)・鈴木裕利中部大)・千葉和也W&MシステムコンサルタントWIT2019-3
本研究では点字ブロックを利用した情報提示手法を提案する.提案手法では点字ブロックに対してマー
カーを塗布し,周辺情報と... [more]
WIT2019-3
pp.13-18
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2019-03-08
14:30
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂(予定) 誘導型文字提示方式によるかな文字認知の評価 ~ 点字の読めない盲ろう者への効果的な文字提示と情報支援を目指して ~
坂井忠裕NHKエンジニアリングシステム)・坂尻正次筑波技大)・半田拓也清水俊宏NHK)・大西淳児筑波技大WIT2018-67
視覚障がい者に図やグラフを伝えるために,通常の触覚ディスプレイの凹凸提示と指を機械的に誘導する力覚誘導を複合した触覚/力... [more] WIT2018-67
pp.39-44
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2019-03-09
16:40
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂(予定) [特別講演]福祉工学研究の放送サービスへの応用
小森智康NHKWIT2018-75
NHKが放送サービスを充実させるために実施してきた人にやさしい放送技術の研究開発,解説放送や文字多重放送,音声認識を利用... [more] WIT2018-75
pp.105-106
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-02-20
09:30
北海道 北海道大学 歩行者視点動画を用いた不適切な視覚障害者誘導用ブロックの検出
渡部拳斗高橋裕樹電通大ITS2018-73 IE2018-94
現在,全世界には3600万人の失明者がいるとされている.さらに,2050年には失明者の数が1億5000万人に増加すると予... [more] ITS2018-73 IE2018-94
pp.141-146
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2018-03-09
13:35
茨城 筑波技術大学 視覚障碍者の触指位置記録と分析方法の検討
村井保之日本薬科大)・巽 久行宮川正弘筑波技大WIT2017-67
視覚障碍者に図や形状を理解させることは難しい.それは,視覚障碍者が図や形状をどのように触知し,どのように認知しているのか... [more] WIT2017-67
pp.43-47
WIT, SP
(共催)
2017-10-19
17:10
福岡 九工大戸畑図書館(北九州) 視覚障がい教育の授業応用を目指した遠隔力覚誘導提示システムの開発と評価
坂井忠裕NHKエンジニアリングシステム)・坂尻正次筑波技大)・半田拓也清水俊宏NHK)・大西淳児緒方昭広筑波技大SP2017-45 WIT2017-41
視覚障がい者に図やグラフを伝える手段として,従来の触覚ディスプレイの凹凸に局所振動を加えた触覚提示と力覚誘導を複合した触... [more] SP2017-45 WIT2017-41
pp.63-68
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2017-03-10
10:20
茨城 筑波技術大学・春日キャンパス 認知地図形成に与える触覚/力覚誘導提示方式の効果
坂井忠裕NHKエンジニアリングシステム)・坂尻正次筑波技大)・半田拓也清水俊宏NHK)・大西淳児緒方昭広筑波技大WIT2016-78
視覚障がい者に図やグラフを伝える手段として,通常の触覚ディスプレイの凹凸提示と力覚誘導を複合した触覚/力覚誘導提示方式を... [more] WIT2016-78
pp.9-14
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2017-03-11
11:50
茨城 筑波技術大学・春日キャンパス ろうベースの盲ろう者の自立した情報獲得を目指した触指文字ロボットの開発 ~ 人を模した五指多自由度ロボットハンド・アームの利用 ~
關 達也電通大)・森 浩一国立障害者リハビリテーションセンター)・横井浩史電通大WIT2016-87
聴覚と視覚の重複障害を持つ盲ろう者はコミュニケーション,情報獲得,移動の3点に置いて大きな障壁を抱えている.特に聴覚障害... [more] WIT2016-87
pp.103-106
MBE, NC
(併催)
2016-03-22
15:20
東京 玉川大学 実物体を対象とした手指による押し込み及びなぞり操作に関する定量分析
妹尾昌幸中尾 恵松田哲也京大MBE2015-113
近年,医療分野における手指操作を伴う技能トレーニングシステムの開発,ロボット分野におけるマニピュレータ制御や設計などへの... [more] MBE2015-113
pp.55-60
MBE, NC
(併催)
2016-03-23
13:20
東京 玉川大学 体幹断面に直交座標系を定めた触覚ディスプレイ
寺田雅貴内田雅文電通大MBE2015-123
図形情報を伝達する触覚ディスプレイに関する研究は数多く行われている.既存の研究の多くは2点弁別閾が比較的小さい指先,手掌... [more] MBE2015-123
pp.113-118
WIT 2016-03-05
16:15
茨城 筑波技術大学春日キャンパス(つくば) 実用型Prop-Tactile displayの開発と教育利用への可能性に向けた評価
坂井忠裕NHKエンジニアリングシステム)・坂尻正次筑波技大)・半田拓也清水俊宏NHK)・大西淳児緒方昭広筑波技大)・村山慎二郎リクルートWIT2015-110
視覚に障がいのある人が触覚ディスプレイに表示される図やグラフなどの2次元情報を迅速かつ正確に理解できることを目的に,局所... [more] WIT2015-110
pp.121-126
HIP 2015-07-19
13:10
福岡 九州産業大学 端末操作する手とは異なる手への触覚刺激による押下感呈示手法の提案と評価
荒井 観村田一仁木曽宏顕NECHIP2015-62
タッチパネルを操作する指に触覚刺激を呈示する代わりに,端末を把持する指や掌に触覚刺激を呈示することでハードキーの押下感や... [more] HIP2015-62
pp.105-108
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2015-07-02
10:30
東京 東京大学山上会館 性別印象操作による男性間の遠隔コミュニケーションにおけるソーシャルタッチの効果向上手法に関する研究
鈴木啓太東大)・横山正典NTT)・木下由貴東大)・望月崇由山田智広NTT)・櫻井 翔鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2015-9
テレプレゼンスは従来,遠隔地の状況を正確に伝えることが重視されてきた.しかし本研究では情報に変調をかけて伝送できることを... [more] MVE2015-9
pp.7-12
WIT 2015-03-13
15:00
茨城 筑波技術大学 春日キャンパス 教育コンテンツによる触覚/力覚誘導提示方式の効果の実証評価
坂井忠裕NHKエンジニアリングシステム)・坂尻正次筑波技大)・半田拓也比留間伸行清水俊宏NHK)・大西淳児筑波技大WIT2014-96
視覚に障がいのある人が触覚ディスプレイに表示される図やグラフなどの2次元情報を迅速かつ正確に理解できることを目的に,局所... [more] WIT2014-96
pp.61-66
HIP 2015-03-02
14:25
北海道 札幌市立大学 札幌駅前 サテライトキャンパス 風船膜上振動源推定手法の提案
松井和輝鳥居 航古川正紘安藤英由樹前田太郎阪大HIP2014-82
本研究は, ロボットに与えられた刺激情報を少ないセンサで捕捉し, 自己身体に対して再現することで, ロボットに自己の身体... [more] HIP2014-82
pp.15-19
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2015-02-19
16:50
鹿児島 宝山ホール(鹿児島) 表面形状と硬さを識別可能なヘテロコア光神経触覚センサ
山崎大志小山勇也渡辺一弘創価大OFT2014-71 OPE2014-216
本稿では,小型な形状を有し,物体の触覚情報の検出に優れたヘテロコア光神経触覚センサを提案する.触覚センシング技術は,ロボ... [more] OFT2014-71 OPE2014-216
pp.77-80
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2015-01-22
15:00
奈良 奈良先端科学技術大学院大学 ユーザーの心拍数を利用した恐怖情動増幅システムの構築
石垣弘哉上岡玲子九大PRMU2014-92 MVE2014-54
近年,メディア技術の発達により体験型アトラクションが台頭してきている.当研究室による先行研究でも,ロッカーの登場するホラ... [more] PRMU2014-92 MVE2014-54
pp.85-90
 45件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会