電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 187件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OCS, OFT
(併催)
(連催) [詳細]
2019-11-21
15:55
山口 海峡メッセ下関 AIDD方式を用いた相関受信器におけるN-OTDM信号分離のカットオフ周波数依存性
前田昭太三好悠司久保田寛和阪府大
近年、スペクトル効率と伝送速度を向上させるために、ナイキスト光時分割多重(N-OTDM)伝送方式が注目されている。N-O... [more] OCS2019-61
pp.25-28
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OCS, OFT
(併催)
(連催) [詳細]
2019-11-22
09:30
山口 海峡メッセ下関 ガードバンドレスナイキストOTDM-WDMにおける非線形信号劣化の波長分散依存性
小野功揮三好悠司久保田寛和阪府大
近年のインターネットトラフィックの増大に伴った、大容量伝送が求められている。そこで我々は、高 周波数利用効率および大容量... [more] OFT2019-39
pp.19-22
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
10:40
大阪 I-Siteなんば(大阪) [ポスター講演]マルチホップ移動センサネットワークにおける適応スーパーフレーム変更の実験的検証
丸尾博人原 晋介阪市大)・濱上卓磨川本康貴OKI)・四方博之関西大)・奥畑宏之ソリトンシステムズ
屋外で運動している大量の人間から無線を使って生体情報をリアルタイムに収集できるシステムAccuWiSe (Accurat... [more] RCC2019-26 NS2019-62 RCS2019-119 SR2019-38 SeMI2019-35
pp.79-83(RCC), pp.105-109(NS), pp.101-105(RCS), pp.111-115(SR), pp.93-97(SeMI)
OCS, PN, NS
(併催)
2019-06-21
09:55
岩手 MALIOS(盛岡) 伝送ペナルティとEDFA過渡応答を考慮した長距離バースト伝送品質評価
益本佳奈中川雅弘松田俊哉恩田英俊松村和之NTT
我々は,メトロ網の低コスト化・省電力化に向けて光TDM技術適用した光集線ネットワークの検討を進めている.本ネットワーク実... [more] PN2019-9
pp.13-18
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2019-06-14
11:10
宮城 東北大学 TDMRにおけるニューラルネットワークLLR調整の一検討
西川まどか仲村泰明愛媛大)・金井 靖新潟工科大)・大沢 寿岡本好弘愛媛大
二次元磁気記録(TDMR : two-dimensional magnetic recording)を想定した瓦磁気記録... [more] MRIS2019-8
pp.53-58
SC 2019-05-31
10:45
茨城 物質・材料研究機構(千現地区) Proposal for Automatic Extraction Framework of Superconductors Related Information from Scientific Literature
Luca FoppianoThaer M. DiebAkira SuzukiMasashi IshiiNIMS
The automatic collection of materials information from resea... [more] SC2019-1
pp.1-5
CS, CQ
(併催)
2019-04-18
10:45
大阪 大阪大学理工学 図書館 5G-MFHにおけるHLS/LLS基地局混在収容に向けたTDM-PONシステムの上り送信制御方式の提案
野村紘子氏川裕隆鵜澤寛之中村浩崇寺田 純NTT
5Gでは高密度スモールセル配置により, MFHにおいて光ファイバが多量に必要となる. MFHの効率的な構築のため, TD... [more] CS2019-4
pp.19-24
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2019-01-31
09:30
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 FiCSW上での部分再構成の評価
山倉美穂畔上佳太武者千嵯天野英晴慶大
FiC(Flow-in-Cloud)は安価でスケーラブルな性能をクラウド内で実現するマルチFPGAシステムである.FiC... [more] VLD2018-82 CPSY2018-92 RECONF2018-56
pp.59-64
OCS, CS
(併催)
2019-01-17
16:00
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) [依頼講演]MFH向け低遅延TDM-PONシステムの上り帯域割当の課題と最適化に向けた提案
本田一暁鵜澤寛之中村浩崇寺田 純NTT
モバイルトラヒックは急増しており、第5世代移動通信システムではマクロセル上へのスモールセルの高密度かつ多数の配置が想定さ... [more] CS2018-92 OCS2018-72
pp.31-35(CS), pp.25-29(OCS)
WBS, ITS, RCC
(共催)
2018-12-06
13:00
沖縄 宮古島平良港ターミナルビル(マリンターミナルビル)大研修室 [ポスター講演]電力線通信を用いた複数機器遠隔制御におけるCDMAによる通信品質向上の検討
長谷川 充小林健太郎岡田 啓片山正昭名大
電力線通信を用いた複数機器フィードバック制御を考える.電力線通信ではチャネル特性が電源電圧に同期して大きく変動する.この... [more] WBS2018-50 ITS2018-33 RCC2018-81
pp.125-129
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OCS, OFT
(併催)
(連催) [詳細]
2018-11-08
14:35
岡山 倉敷市芸文館 ナイキストOTDM-WDM伝送における非線形信号劣化の変調速度及び周波数間隔依存性
小野功揮三好悠司久保田寛和大橋正治阪府大
近年のインターネットトラフィックの増大に対応した大容量伝送が求められている。光ファイバ通信で利用可能な帯域幅は限られてお... [more] OFT2018-55
pp.15-18
SR 2018-10-30
13:30
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [ポスター講演]PhyC-SNにおける優れた信号分離を実現する予測を活用した適応送信制御の一検討
福田恭佑田久 修白井啓一郎信州大)・藤井威生電通大)・太田真衣福岡大)・笹森文仁半田志郎信州大
本稿では、PhyC-SNでのセンシング結果の予測を用いたデータ分離の送信制御法を提案する。センシング結果において時間連続... [more] SR2018-71
pp.29-30
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2018-10-19
11:10
大阪 大阪大学 データストレージ用磁気テープの高記録密度化研究
辻本真志武者敦史小柳真仁鈴木宏幸白田雅史堂下廣昭野口 仁富士フイルム
2015 年,筆者らはシステムメーカーと協働で塗布型磁気テープにおいて面記録密度123 Gb/in2の記録再生特性の実証... [more] MRIS2018-19
pp.29-33
OFT 2018-10-11
14:00
宮城 東北大学(電気通信研究所 本館1階(10/11)、3階 M331(10/12)) [ポスター講演]9.7 bit/s/Hzの周波数利用効率を有する単一チャネル7.68 Tbit/s-150 km, 64 QAMコヒーレントナイキストパルス伝送
木村光佑新田純平吉田真人葛西恵介廣岡俊彦中沢正隆東北大
我々は9.7 bit/s/Hzの周波数利用効率を有する単一チャネル7.68 Tbit/s - 150 kmコヒーレントナ... [more] OFT2018-27
pp.67-71
OFT 2018-10-11
14:00
宮城 東北大学(電気通信研究所 本館1階(10/11)、3階 M331(10/12)) [ポスター講演]パルス圧縮を適用したOOK信号に高非線形ファイバにおける相互位相変調を用いたOTDM-to-WDM変換
池畑 徹横田 嶺來住直人電通大
全光信号処理によるOTDM-to-WDM変換実現のため,相互位相変調を利用した信号変換について検討し,相互位相変調に利用... [more] OFT2018-30
pp.85-88
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-13
10:20
北海道 函館アリーナ 39GHz帯を用いた無線アクセスバックホール統合伝送の屋外伝送実験
岩渕匡史坪井 淳岸山祥久NTTドコモ)・Tingjian TianGuangmei RenLiang Guファーウェイ)・崔 洋高田輝文華為技術日本
2020年の商用サービス開始に向けて,第5世代移動通信システム(5G)の研究開発が加速している.2017年12月には3G... [more] RCS2018-117
pp.177-182
ITS, WBS, RCC
(共催)
2017-12-14
10:00
沖縄 てぃるる/沖縄県市町村自治会館 交差点における交通事故回避システムのための,モデルベースのHybrid MACプロトコル
相沢祐太朗宮崎俊州河野隆二横浜国大
事故のない,安全な自動運転を実現するためには,緊急時の自動ブレーキシステムが非常に重要であり,様々な研究がされている.自... [more] WBS2017-40 ITS2017-17 RCC2017-56
pp.27-31
IA, IN
(併催)
2017-12-15
15:45
広島 広島市立大学 LPWAネットワークにおける基地局負荷の分散を考慮した自律分散型送信スケジュール手法
小南大智阪大)・合原一究筑波大)・村田正幸阪大
低消費電力かつ広域通信を実現するLow Power Wide Area (LPWA) 技術が急速に普及している。代表的な... [more] IN2017-67
pp.127-132
CS 2017-07-27
14:10
長崎 福江文化会館 [招待講演]TDD-based Mobile Fronthaulと他サービスの同一TDM-PON収容実現へ向けた実験評価
久野大介鵜澤寛之中山 悠島田達也寺田 純大高明浩NTT
モバイルシステム全体の経済化を図るために,モバイルフロントホール(MFH)へのTDM-PON適用が検討されている.その一... [more] CS2017-25
pp.59-64
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
DC
(併催) [詳細]
2017-07-27
14:00
秋田 秋田アトリオンビル(秋田) 並列計算機におけるサーキットスイッチ・ネットワークのスロット数の削減法
胡 曜NII)・工藤知宏東大)・鯉渕道紘NII
 [more] CPSY2017-26
pp.111-116
 187件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会