お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MBE, NC
(併催)
2021-10-29
11:40
ONLINE オンライン開催 常微分方程式に基づくニューラルネットワークの複雑さと精度の数値的研究
江刺家 郁大久保 潤埼玉大NC2021-26
近年,深層ニューラルネットワークの研究が活発に行なわれている.特に画像認識における性能向上は顕著であり,その一因として残... [more] NC2021-26
pp.46-50
NLP, CCS
(共催)
2021-06-11
14:20
ONLINE オンライン開催 クープマンモード分解に基づく非線形微分代数方程式系の寄与率評価に関する検討
高道健史阪府大)・薄 良彦阪府大/JST)・石亀篤司阪府大NLP2021-8 CCS2021-8
寄与率とは,動的システムの変数とモード間の相互関係を表す指標であり,応用として電力システムの解 析に用いられている.従来... [more] NLP2021-8 CCS2021-8
pp.34-39
MSS, NLP
(併催)
2020-03-09
10:15
愛知 やすらぎの宿 蒲郡荘
(開催中止,技報発行あり)
射影合意に基づく非負制約付き連立一次方程式の最大誤差最小化アルゴリズム
川嶌康輔右田剛史高橋規一岡山大NLP2019-116
解の存在が保証されている非負制約付き連立一次方程式は制約付き合意問題の一種であり,射影合意アルゴリズムを用いて分散的に解... [more] NLP2019-116
pp.19-23
RCC 2020-01-27
14:45
大阪 大阪市立大学文化交流センター Neural ordinary differential equationsによる静的出力フィードバック安定化の検討
小林恒輝奈良先端大)・小蔵正輝阪大)・岸田昌子NII)・和田山 正名工大)・杉本謙二奈良先端大RCC2019-73
静的出力フィードバック安定化問題は制御理論における基本的な制御系設計問題の一つである.しかしながらこの問題は非凸かつ非線... [more] RCC2019-73
pp.19-22
CAS, ICTSSL
(共催)
2019-01-25
15:40
東京 機械振興会館 離散力学と非線形最適化の融合による分布定数力学システムに対する軌道追従制御
八住拓利甲斐健也東京理科大CAS2018-137 ICTSSL2018-56
本研究では,離散力学と非線形最適化を融合させることによって,分布定数力学システムに対して目標軌道に追従するような制御手法... [more] CAS2018-137 ICTSSL2018-56
pp.101-106
IN, CCS
(併催)
2018-08-01
14:00
北海道 きたゆざわ 森のソラニワ [招待講演]ネットワーク結合力学系の集団リズムの位相記述と同期現象
中尾裕也東工大CCS2018-25 IN2018-12
相互作用する動的な素子からなるネットワークの示す集団リズムは、心臓の拍動や同期した電力系統のように、実世界において重要な... [more] CCS2018-25 IN2018-12
pp.1-6
NLP 2017-07-13
10:30
沖縄 宮古島マリンターミナル大研修室 離散力学と非線形最適化の融合による片端固定Euler-Bernoulli梁の振動抑制制御
甲斐健也八巻航平東京理科大NLP2017-28
本研究では,片端固定Euler-Bernoulli梁の振動抑制制御問題に対し,離散力学と非線形最適化を融合させた新しい制... [more] NLP2017-28
pp.1-6
ICSS, IA
(共催)
2014-06-05
16:40
兵庫 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 大会議室 高次単項式型攻撃のFEAL-4への適用
金子敏信東京理科大IA2014-4 ICSS2014-4
ARX型暗号において、入出力変数、鍵及びキャリを変数と見れば、全体は$GF(2)$上の多変数連立2次方程式である。本研究... [more] IA2014-4 ICSS2014-4
pp.15-20
US, EA
(併催)
2013-01-24
18:10
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 熱音響システムにおけるPhase Adjusterの音響特性に関する実験的検討
折野裕一郎坂本眞一乾 義尚池之上卓己滋賀県立大)・渡辺好章同志社大US2012-99 EA2012-130
ループ管型熱音響システムにおけるエネルギー変換効率を向上させる手段として,Phase Adjuster(PA)と呼ぶ構造... [more] US2012-99 EA2012-130
pp.63-67
ISEC 2012-09-21
15:50
東京 機械振興会館 巡回符号に基づく符号化率1.0を実現し,超高次の秘匿方程式を有する公開鍵暗号K(X)SE(1)PKC,K(XVI)SE(2)PKCと新しい積和型公開鍵暗号K(III)ΣΠPKC
笠原正雄21世紀情報文化研究センタISEC2012-53
本論文では,巡回符号に基づく公開鍵暗号K(X)SE(1)PKC を提案する.まず始めに説明の便宜上K(X)BASESE(... [more] ISEC2012-53
pp.43-50
NLP 2012-04-20
15:15
三重 いせシティプラザ 状態・時刻混合型断続動作特性を有する区分線形系に見られるborder collision分岐の一計算法
刀根佑輔大分大)・合原一幸東大)・高坂拓司大分大NLP2012-22
本稿では,状態・時刻混合型断続動作特性を有する区分線形系に見られるborder collision分岐の一計算法を示す.... [more] NLP2012-22
pp.111-114
PRMU, MVE
(共催)
CQ, IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2012-01-20
09:00
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス 不足決定系による多クラス識別を用いた顔追跡・認識融合
尺長 健中岸久佳岡山大PRMU2011-166 MVE2011-75
尺長・岡 [1] は,照明変動を含む顔画像集合から作成される正規化固有空間(固有顔)と 3 次元形状情報を一体化すること... [more] PRMU2011-166 MVE2011-75
pp.215-220
PRMU, MVE
(共催)
CQ, IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2012-01-20
09:30
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス 3次元疎固有テンプレートによる顔追跡・認識融合系の大規模化
中岸久佳岡 裕希尺長 健岡山大PRMU2011-167 MVE2011-76
尺長・岡 [1] は,照明変動を含む顔画像集合から作成される正規化固有空間( 固有顔)と 3 次元形状情報を一体化するこ... [more] PRMU2011-167 MVE2011-76
pp.221-226
CAS, NLP
(共催)
2011-10-20
16:20
静岡 静岡大学 Nonlinear dynamics and stability of an electric power system with multiple homes
Yoshihiko SusukiRyoya KazaokaTakashi HikiharaKyoto Univ.CAS2011-44 NLP2011-71
 [more] CAS2011-44 NLP2011-71
pp.67-72
ISEC, LOIS
(共催)
2010-11-17
16:55
茨城 筑波大学 Generic Modelにおける困難性仮定への攻撃の数式処理を用いた導出
雲嶋健太吉田真紀阪大)・阿部正幸NTT)・大久保美也子NICT)・藤原 融阪大ISEC2010-58 LOIS2010-37
暗号的な困難性仮定の妥当性を,基とする数学的構造を理想化したGeneric
Model (GM) において証明する研究... [more]
ISEC2010-58 LOIS2010-37
pp.57-64
IT 2010-09-22
13:30
宮城 東北学院大学 多賀城キャンパス Encoding of Linear Codes Based on the Rearrangement of Block-Triangularized Parity-Check Matrices
Tomoharu ShibuyaSophia Univ.IT2010-45
 [more] IT2010-45
pp.69-74
SIS 2010-03-04
10:30
神奈川 神奈川工科大学 情報棟3F 305室 進化学習マルチエージェント人工市場における株価からの粒子フィルタを用いたジャンプマルコフシステム推定によるエージェント行動の判別
時永祥三九大)・○岸川善紀宇部高専SIS2009-48
株価データから特徴を抽出し,投資などへ応用することが期待されて
いる.本報告では進化学習するマルチエージェントで構成さ... [more]
SIS2009-48
pp.1-6
MSS 2009-01-30
09:55
神奈川 神奈川県産業振興センター会議室(第一会議室) 微分制約論理式によるハイブリッドシステムのモデリングと検証
石井大輔上田和紀早大)・細部博史NIICST2008-53
本研究ではハイブリッドシステムの到達可能性検証のための有界モデル検査法(bounded model checking)を... [more] CST2008-53
pp.67-70
NLP 2007-12-19
14:25
福井 福井工業大学 非線形制御系のハミルトン・ヤコビ方程式に対する大域域的な摂動法
矢ヶ崎一幸岐阜大)・坂本 登名大)・平田吉博石井研NLP2007-111
非線形制御系に対するハミルトン・ヤコビ方程式の安定化解を,近似的にではあるが,解析的に求めるための大域的な摂動法を提案す... [more] NLP2007-111
pp.17-21
NLP 2007-12-20
10:50
福井 福井工業大学 非線形パラメータ励振系におけるカオスと散逸エネルギー ~ 中性点反転現象をモデルとして ~
小松高廣由良文孝上野嘉夫公立はこだて未来大)・上田よし亮早大NLP2007-122
本報告では非線形パラメータ励振系の一例である交流送電回路における中性点反転現象に焦点を当て,モデル化した非線形微分方程式... [more] NLP2007-122
pp.11-16
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会