お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 107件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MBE, NC
(併催)
2022-03-04
14:20
ONLINE オンライン開催 脳波位相同期値による感情状態弁別のための機械学習手法の検討
廣岡郁弥奥田次郎京都産大NC2021-74
本研究では、脳波の電極間位相同期値を用いて快と不快の感情状態を精度よく弁別する機械学習手法を検討した。視覚呈示した画像に... [more] NC2021-74
pp.143-148
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2021-12-15
- 2021-12-17
ONLINE オンライン開催 OpenPoseを用いた手話動作識別における指情報追加による識別精度の向上に関する検討
若尾 吏小田切 航佐藤辰也川喜田佑介西村広光田中 博神奈川工科大
手話動作識別手法として,これまでOpenPoseにより得られる手話動作の首,肩,肘,手首の節点の位置情報を使用してきた.... [more]
SIS, ITE-BCT
(連催)
2021-10-07
14:25
ONLINE オンライン開催 敵対的サンプル攻撃にロバストなSVMモデルのための秘密鍵を用いたブロック変換法
飯島諒太エープリル ピヨン マウン マウン貴家仁志都立大SIS2021-13
本稿では,敵対的サンプルに耐性のある SVM (Support Vector Machine) モデルを構築するために,... [more] SIS2021-13
pp.17-22
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2021-03-05
16:00
ONLINE オンライン開催 協調行動ナビゲーションのためのウェアラブルセンサを活用した掃除行動理解に関する研究
竹上雄規佐野睦夫阪工大)・大井 翔立命館大)・中川真由美加戸弘美酒井京子大阪市職業リハビリテーションセンターWIT2020-33
認知機能障害者や発達障害者は,コミュニケーションの問題から就職することが難しく,また就職後において職場になじめないために... [more] WIT2020-33
pp.20-25
MI, IE, SIP, BioX
(共催)
ITE-IST, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2020-05-29
11:20
ONLINE オンライン開催 センサ情報を用いたマルチモーダル耳介個人認証
井谷俊仁関西大)・喜多俊輔阪産技研)・梶川嘉延関西大SIP2020-11 BioX2020-11 IE2020-11 MI2020-11
近年,生体情報を利用した個人認証技術が注目されている.本稿では,耳介の音響伝達関数の個人差を用いた個人認証技術について検... [more] SIP2020-11 BioX2020-11 IE2020-11 MI2020-11
pp.53-54
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2020-03-17
17:05
京都 京都大学
(開催中止,技報発行あり)
カーネル最小分類誤り学習法のベイズ誤り推定能力に関する実験的評価
山田浩嗣同志社大)・渡辺秀行ATR)・片桐 滋大崎美穂同志社大PRMU2019-100
カーネル最小分類誤り(KMCE: Kernel Minimum Classification Error)学習法によって... [more] PRMU2019-100
pp.237-242
HPB
(第二種研究会)
2020-02-14
16:10
神奈川 青山学院大学相模原キャンパス SVMによる感情解析を用いたいじめ音声検出システムの評価
上野貴弘森 慎太郎大橋正良福岡大
教育現場で発生しているいじめは,深刻な社会問題となっており,抑止力となるシステムの開発が必要である.そこで本研究では,音... [more]
ET 2019-11-09
11:05
広島 広島市立大学 小学校でのNIE教材に適したWebニュース記事判定手法
関 伸也安藤一秋香川大ET2019-50
全国の小学校では,新聞記事を教材として用いる取り組み,NIE(Newspaper in Education)が実践されて... [more] ET2019-50
pp.17-20
SANE 2019-11-01
10:20
海外 韓国(済州島) Study on Land Use Classification of PolSAR Data by Using Convolutional Neural Network
Nanako SaitoMasanori GochoHiroyoshi YamadaRyoichi SatoYoshio YamaguchiNiigata Univ.SANE2019-63
Polarimetric Synthetic Aperture Radar (PolSAR) has been attr... [more] SANE2019-63
pp.77-82
AP 2019-08-22
11:55
北海道 北海学園大学 PolSARデータを用いた機械学習による土地利用分類に関する基礎的検討
齋藤奈々子牛腸正則山田寛喜佐藤亮一山口芳雄新潟大AP2019-57
多偏波合成開口レーダ(PolSAR)は,広域観測性と偏波の利用によるターゲット識別性能の高さから,近年,地表面のターゲッ... [more] AP2019-57
pp.55-60
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2018-12-05
10:20
広島 サテライトキャンパスひろしま 機械学習による内視鏡動画像リアルタイム診断支援システムのプロトタイピング
岡本拓巳小田川真之竹林光治郎長野幹央小出哲士玉木 徹Bisser Raytchev金田和文広島大)・吉田成人三重野 寛JR広島病院)・田中信治広島大)・菅原崇之戸石浩司辻 雅之丹場展雄日本ケイデンス・デザイン・システムズVLD2018-42 DC2018-28
本稿では大腸Narrow Band Imaging (NBI) 拡大内視鏡がん診断支援システム実現のため,onvolut... [more] VLD2018-42 DC2018-28
pp.13-18
IMQ 2018-10-19
14:40
京都 京都工芸繊維大学 質感研究データベースにおけるHEVC画像品質のテクスチャ解析結果に基づく質感種別の分類方法に関する検討
河畑則文名大IMQ2018-13
「質感」の定義には,多種多様な意味や解釈が存在している.それゆえに,定量的に評価できないかということで,質感の評価に関す... [more] IMQ2018-13
pp.13-18
SP 2018-08-27
11:35
京都 京都大学 [ポスター講演]嚥下障害診断における嚥下音からの咽頭残留判定
内野達貴橋詰 淳勝野雅央戸田智基名大SP2018-27
嚥下障害の診断法には,X線透視装置による咽頭残留量測定が用いられるが,硫酸バリウム等の造影剤を誤嚥する危険性もあり,小規... [more] SP2018-27
pp.23-27
AI 2018-08-27
16:15
大阪 大阪大学吹田キャンパス 衛星データと機械学習を用いた耕作放棄地分布推定と圃場・地理的要因による耕作放棄確率モデル
山口陽平町村 尚松井孝典阪大AI2018-24
わが国で急速に進行する耕作放棄によって,社会,経済,環境への多様な影響が懸念される.本研究では,石川県を対象地域として衛... [more] AI2018-24
pp.61-66
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2018-06-13
16:15
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 モデル選択のためのサポートベクトル列挙
金森憲太朗北大)・原 聡阪大)・石畠正和NTT)・有村博紀北大IBISML2018-12
多くの機械学習問題では,学習アルゴリズムは目的関数を最適化するモデルを一つ出力し,その他のモデルを考慮しない.これに対し... [more] IBISML2018-12
pp.81-88
IMQ 2017-12-15
13:55
静岡 静岡大学浜松キャンパス 多視点3DCG画像のある視点における符号化欠損領域検出を想定した画像診断の検討
河畑則文千葉大IMQ2017-21
現在,工学分野における多視点3D画像及び8K高精細画像の医療応用が急速に進んでおり,画像診断に関する研究は,医療,工学の... [more] IMQ2017-21
pp.7-12
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-06
14:55
熊本 くまもと県民交流館パレア 機械学習を用いたフェールチップ判別における適用識別器と判別確度の決定法
柚留木大地大竹哲史大分大)・中村芳行ルネサス エレクトロニクスVLD2017-36 DC2017-42
今日,半導体技術の進歩によるLSIの高集積化によりLSIの低価格化が進んでいる.
LSIの品質を保ちつつ,テストコスト... [more]
VLD2017-36 DC2017-42
pp.55-60
IMQ, HIP
(共催)
2017-07-21
15:00
北海道 札幌市立大学サテライトキャンパス 多視点裸眼3DCG画像の品質評価におけるH.265/HEVC符号化と可視型電子透かしの適用順序に関する考察
河畑則文千葉大IMQ2017-8 HIP2017-50
今までに,可視型電子透かしを考慮した多視点3DCG画像の品質評価について研究を行い,特に,画像符号化と透かしを考慮したマ... [more] IMQ2017-8 HIP2017-50
pp.15-20
MI 2017-01-18
14:15
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館(那覇市) 機械学習を用いた培養細胞の品質判定アルゴリズムの開発
佐藤和紀山形大)・佐々木寛人加藤竜司名大)・湯浅哲也姜 時友山形大MI2016-98
再生医療現場においては,培養細胞の品質判定・品質管理がその安全性確保のためにも重要であり,ヒトを介さず自動化した品質判定... [more] MI2016-98
pp.101-106
IMQ 2016-12-16
14:20
東京 東京工科大学 八王子キャンパス S-CIELAB色空間を用いた多視点3DCG画像と5K画像の符号化画質評価に対する分類アルゴリズムの適用
河畑則文宮尾 克名大IMQ2016-18
2020年の東京オリンピックに向けて,4K画質の一般放送が開始されることが予想されており,高精細画像の品質評価は重要にな... [more] IMQ2016-18
pp.13-18
 107件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会