お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RECONF 2018-05-24
15:20
東京 ゲートシティ大崎 B1ルームD 自律分散システムのための高位合成ツールを用いたオートスケール機構
照屋大地中條拓伯東京農工大RECONF2018-9
クラウドコンピューティングが広く普及し,様々な用途で活用され,ここにFPGAを利用することが注目され始めている.
F... [more]
RECONF2018-9
pp.45-50
ET 2018-03-03
10:10
高知 高知工科大学(永国寺キャンパス) 階層型読解モデルに基づいた論文読解支援システム
西村弘太小尻智子関西大ET2017-89
本研究では, 文章の主張の理解を支援することを目的としている. 文章を文, 段落, 章, 文章全体の階層とみなし, 下位... [more] ET2017-89
pp.1-6
ET 2017-03-10
09:40
愛媛 新居浜工業高等専門学校 プログラム意味理解学習におけるソースコード構造化の枠組みに基づく補助問題出題機能の設計・開発
渡辺圭祐東京理科大)・東本崇仁東京工芸大)・藤森 進赤倉貴子東京理科大ET2016-108
プログラミング学習において,プログラムを作るだけでなく,“読む行為”もプログラミング学習に良いとされている.著者はプログ... [more] ET2016-108
pp.85-88
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと 議論マップを用いた議論におけるフィードバック機能の構築と検証
桐木平龍之介嶋田和孝九工大
近年,PBL(Problem-Based Learning)に代表されるような問題解決型の教育が注目されている.
PB... [more]

AI 2015-12-19
11:10
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館 データの転送制御に基づく効率的な分散型SVMの学習法
湯川輝一朗三川健太後藤正幸早大AI2015-51
情報ネットワーク技術の発展に伴い,物理的に分散したデータベースにデータを保持することが可能となった.これらのデータを全て... [more] AI2015-51
pp.149-154
MICT, ASN, MoNA
(併催)
2015-01-27
13:55
和歌山 南紀白浜温泉 ホテルむさし AR技術を用いた無線センサネットワークシステムの運用支援システムの開発
三木佑真横田裕介大久保英嗣立命館大ASN2014-147
通常,センサノードはユーザインタフェースを持たず,利用者とのインタラクションがあまり考慮
されていないため,初期配置時... [more]
ASN2014-147
pp.203-208
ET 2014-11-14
14:15
大阪 大阪府立大 中百舌鳥キャンパス 初学者向けネットワーク構築演習のためのヒント生成システム
立岩佑一郎高橋直久名工大ET2014-68
ネットワーク構築演習では「ネットワークが繋がらない/繋がってしまう」という,通信データの到達性に関する要件(以降,到達性... [more] ET2014-68
pp.43-48
RCC, ASN, NS, RCS, SR
(併催)
2014-07-30
14:20
京都 京都テルサ [奨励講演]大規模無線マルチホップネットワークにおける機器配置支援手法の検討と実証実験
中野 亮原田 諭五十嵐悠一佐藤弘起高谷幸宏門田和也日立ASN2014-42
近年,社会インフラ向けシステムとして,数百~数千台規模の端末からデータ収集を行う大規模無線マルチホップネットワークが数多... [more] ASN2014-42
pp.13-18
ASN, MoNA
(併催)
2014-01-24
12:05
愛媛 ホテル奥道後 (松山市) [ポスター講演]屋内測位・光計測センサノードによる生活支援プラットフォームの構築とロボットシステムへの応用
宮崎孝一近 哲也渡辺一弘創価大ASN2013-145
本研究では,超音波による屋内測位センサと光神経(ファイバ)センサを統合するノードを用いて,環境の知能化を実現するプラット... [more] ASN2013-145
pp.159-163
LOIS, ICM
(共催)
2014-01-17
11:15
長崎 長崎歴史文化博物館 オペレーションサポートシステムにおけるビッグデータ対応の一考察
森山隆人村田政雄富士通ICM2013-44 LOIS2013-48
近年のモバイルトラヒックの増加やサービスの多様化やセキュリティ強化のため,OSS(Operation Support S... [more] ICM2013-44 LOIS2013-48
pp.53-57
MI 2013-11-07
16:20
広島 広島市立大学 Radial Structure Tensorおよび機械学習に基づく縦隔リンパ節検出手法
小田紘久羅 雄彪二村幸孝小田昌宏名大)・北坂孝幸愛知工大)・岩野信吾名大)・本間裕敏札幌厚生病院)・高畠博嗣札幌南三条病院)・森 雅樹札幌厚生病院)・名取 博恵和会西岡病院)・森 健策名大MI2013-55
本稿では,胸部CT像から縦隔リンパ節を自動検出する手法を提案する.縦隔リンパ節はCT像において,周囲より高いCT値をもつ... [more] MI2013-55
pp.51-56
RCS 2013-06-20
11:30
北海道 北海道大学 700MHz帯歩車間無線通信制御技術の検討 ~ 大都市モデルによる評価 ~
金谷浩幸PSNRD)・中岡 謙パナソニック)・二木貞樹PSNRDRCS2013-50
現在,700MHz帯を用いた路車間・車車間通信システムに歩車間通信を加えたシステムの実用化検討が進められている.本稿では... [more] RCS2013-50
pp.79-84
NS 2013-01-24
16:55
熊本 熊本大学 [招待講演]ディザスタリカバリを経済的に実現するOSS構成技術
高橋和秀NTTドコモNS2012-151
2011年3月に発生した東日本大震災は,通信サービスに重大な影響を与えた.OSS(Operations Support ... [more] NS2012-151
pp.61-66
NS, RCS
(併催)
2012-12-14
15:20
愛媛 愛媛大学 無線アドホックネットワークにおける信頼性の高いローカル修復
リャン ジールー若原 恭東大NS2012-139
 [more] NS2012-139
pp.133-138
NS, IN
(併催)
2012-03-09
12:00
宮崎 宮崎シーガイア 多様なルールで適応的に動作する支援ノードとピアを有するBitTorrentシステムの実験的評価
伊藤 慶谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2011-248
現在のBitTorrentネットワークにおいて,帯域幅やスウォーム内滞在時間によっては,他のピアに比べてダウンロード時間... [more] NS2011-248
pp.387-390
ICM, CQ, NS
(併催)
2011-11-11
14:20
青森 弘前大学 マルチスウォームBitTorrentシステムの実装:配信支援ノードとその管理ノードに関する拡張
伊藤 慶谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2011-117
近年、P2P を用いたコンテンツ配信が注目されており、クライアント・サーバシステムにおける負荷集中問題の解決が期待されて... [more] NS2011-117
pp.77-82
DE 2011-08-02
11:30
京都 立命館大学 (朱雀キャンパス) 歩行空間ネットワークデータモデル ~ その整備支援システムと応用例 ~
小野喬彦上善恒雄阪電通大DE2011-30
我が国は,高齢者や障がい者などの移動制約者の安全性や利便性を向上するためにさらに努力が必要 である.また地球環境の観点か... [more] DE2011-30
pp.19-23
NS 2009-05-22
11:00
広島 広島市立大学 配信支援ノードを有するP2Pネットワークの構成法
平石 武戸出英樹阪府大NS2009-27
現在,インターネット上でP2P(Peer-to-Peer)を用いたコンテンツ配信システムが広く普及しているが,ユーザの効... [more] NS2009-27
pp.61-66
RCS, NS
(併催)
2006-07-19
10:30
北海道 北海道大学 階層化Mobile IPv6ネットワークにおけるパケット遅延計測による通信経路選択法の検討
小林英俊高見一正創価大NS2006-44
階層化Mobile IPv6(HMIPv6)においてはHome Agent(HA)ルートと直接相手端末と通信できるルート... [more] NS2006-44
pp.1-4
CS, IN, NS
(併催)
2005-09-15
13:15
宮城 東北大学電気通信研究所 [奨励講演]階層化Pure P2Pにおけるネットワーク支援を用いたメッセージ削減法
佐野 健阪大)・山本 幹関西大
近年, インターネットへの接続回線の広帯域化, 端末の高機能化により, Peer-to-Peer(P2P)技術が急速に普... [more] NS2005-77 IN2005-60 CS2005-22
pp.1-4(NS), pp.1-4(IN), pp.37-40(CS)
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会