お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 41件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MIKA
(第三種研究会)
2020-10-09
10:15
新潟 西堀会議室(新潟)
(主:現地開催,副:オンライン開催)
ダイナミック周波数共用における異システム干渉除去の評価報告
堅岡良知菅野一生津町直人KDDI総合研究所)・鈴木利則KDDI総合研究所/東北学院大)・石川博康KDDI総合研究所/日大)・山崎浩輔岸 洋司KDDI総合研究所
高精細な映像配信や音楽のストリーミングサービスなどの普及に伴い,移動通信システムのトラフィックは年々増加しており,第5世... [more]
SeMI, IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
2020-03-02
13:50
愛知 名古屋大学(IB電子情報館) 端末の幾何学的配置構造を利用した非正則フレームレスALOHA
追永 大石橋功至電通大SeMI2019-124
逐次干渉除去を用いた既存のフレームレスALOHA方式では,全ユーザに対し共通の送信確率が与えられており,自律的な送信確率... [more] SeMI2019-124
pp.65-70
SR 2019-11-05
10:50
海外 Rutgers University, NJ, USA [ポスター講演]Received-Power-Aware Frameless ALOHA for Non-Orthogonal Multiple Access
Masaru OinagaShun OgataKoji IshibashiUECSR2019-84
 [more] SR2019-84
p.51
ASN 2019-01-29
13:50
鹿児島 休暇村 指宿 仮想全二重における残留干渉を考慮した中継器配置の最適化
冨田北斗宮路祐一上原秀幸豊橋技科大ASN2018-93
複数の端末が協調して中継する技術は,フェージングの影響を抑制できる.更に,逐次干渉除去を用いることで半二重機構を搭載した... [more] ASN2018-93
pp.81-86
RCC 2019-01-25
15:25
東京 一般財団法人電力中央研究所 大手町会議室 多数デバイスを収容する携帯電話網に関する高効率通信方式 ~ フェージング環境における空間・時間ダイバーシティ効果の評価 ~
手塚隼人森山雅文滝沢賢一児島史秀NICTRCC2018-111
IoT端末の普及に伴い上りトラフィックの急増が予測されている. このことから, 第5世代移動通信システムの基地局は膨大な... [more] RCC2018-111
pp.25-30
RCS, NS
(併催)
2018-12-20
11:45
広島 尾道市民会館 UCAによるOAM-MIMO伝送への逐次干渉除去の適用に関する一検討
齋藤周平菅沼碩文早大)・小川賀代日本女子大)・前原文明早大RCS2018-221
UCA(Uniform Circular Array)によるOAM(Orbital Angular Momentum)伝... [more] RCS2018-221
pp.31-36
RCS, NS
(併催)
2018-12-21
15:45
広島 尾道市民会館 上り回線非直交多元接続(NOMA)における周波数領域送信等化を用いるシングルキャリア伝送の一検討
真山健大秋元浩平亀田 卓末松憲治東北大RCS2018-239
本稿では,シングルキャリア周波数分割多重 (SC-FDM: Single Carrier Frequency Divis... [more] RCS2018-239
pp.119-124
WBS, ITS, RCC
(共催)
2018-12-06
10:00
沖縄 宮古島平良港ターミナルビル(マリンターミナルビル)大研修室 [ポスター講演]閾値可変ハードリミタと逐次干渉除去の組合せ手法による光無線CDMAシステムの通信特性改善
伊藤宗人小林健太郎岡田 啓片山正昭名大WBS2018-28 ITS2018-11 RCC2018-59
複数の送信機から非同期的に送信されるデータを基地局受信機に集約する通信システムを,符号分割多元接続方式 (CDMA) を... [more] WBS2018-28 ITS2018-11 RCC2018-59
pp.7-12
SR 2018-10-30
10:30
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [ポスター講演]上り回線非直交多元接続(NOMA)における周波数領域等化を適用したシングルキャリア伝送
真山健大秋元浩平亀田 卓末松憲治東北大SR2018-63
本稿では,周波数領域等化を用いるシングルキャリア伝送 (SC-FDE: single-carrier frequency... [more] SR2018-63
pp.11-12
RCS 2018-10-18
11:45
東京 機械振興会館 [依頼講演]位相回転を用いる非直交多元接続方式
張 裕淵府川和彦東工大RCS2018-157
近年,非直交多元接続(NOMA)は高い周波数利用効率が得られるため,次世代無線通信(5G)のマルチアクセス方式の候補とし... [more] RCS2018-157
pp.39-44
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-11
10:30
北海道 函館アリーナ 送信レプリカ数適応化を用いたクラウド協調型干渉除去付きランダムアクセスネットワーク
野中敏希藤井威生電通大)・田久 修信州大)・太田真衣福岡大RCC2018-25 NS2018-37 RCS2018-82 SR2018-21 ASN2018-18
本稿は,無線センサネットワーク(WSNs: Wireless Sensor Networks)におけるネットワークMIM... [more] RCC2018-25 NS2018-37 RCS2018-82 SR2018-21 ASN2018-18
pp.1-6(RCC), pp.1-6(NS), pp.13-18(RCS), pp.1-6(SR), pp.13-18(ASN)
RCS 2018-06-22
11:00
長崎 長崎大学 ZigZag復号可能な符号化スロット化ALOHA
追永 大尾形 駿石橋功至電通大RCS2018-71
本稿では,逐次干渉除去 (SIC: Successive Interference Cancellation) を用い... [more] RCS2018-71
pp.213-218
WBS, IT, ISEC
(共催)
2018-03-08
14:15
東京 東京理科大(葛飾キャンパス) 符号化スロット化ALOHAに対する時間シフトの適用
江本智和野崎隆之山口大IT2017-113 ISEC2017-101 WBS2017-94
ランダムアクセス方式とは,定められた規則に則り,ユーザがパケットを無作為に送信する方式である.
この方式では複数のユー... [more]
IT2017-113 ISEC2017-101 WBS2017-94
pp.61-66
SIP, IT, RCS
(共催)
2018-01-23
10:50
香川 サンポートホール高松 BLEにおけるICAに基づくSDMAのための端末間の周波数誤差に関する一検討
瀧川将弘衣斐信介三瓶政一阪大IT2017-87 SIP2017-95 RCS2017-301
本稿では,BLE (Bluetooth Low Energy) システムにおいて,ICA (Independent Co... [more] IT2017-87 SIP2017-95 RCS2017-301
pp.189-194
RCS, NS
(併催)
2017-12-15
13:40
広島 広島アステールプラザ 逐次干渉除去を用いたALOHAにおける受信失敗端末数に基づくDoS攻撃トラヒックの推定手法の検討
佐藤之斗宮路祐一上原秀幸豊橋技科大RCS2017-264
ランダムアクセス方式のMACプロトコルの一つに,Contention Resolution Diversity Slot... [more] RCS2017-264
pp.77-82
AP, RCS
(併催)
2017-11-08
15:55
福岡 福岡大学 MIMOシステムにおけるMatched Filterに基づく信号検出法への干渉除去の適用に関する一検討
濱 優人落合秀樹横浜国大RCS2017-220
Matched Filter に基づく信号検出法は,MIMO システムにおいて最も演算量の低い検出法として知られている... [more] RCS2017-220
pp.87-92
SR, SRW, RCS
(併催)
(第二種研究会)
2017-10-23
- 2017-10-24
海外 Grand Hotel Palatino, Rome, Italy [ポスター講演]Successive Method to Improve on the Active Self-Interference Cancellation Technique
Ramez AskarBenjamin SchubertFabian UndiWilhelm KeusgenThomas HausteinFraunhofer HHI
This poster introduces a successive self-interference cancel... [more]
RCS, SAT
(併催)
2017-08-17
09:00
新潟 新潟大学 衛星AISにおける非同期な信号衝突に対応した逐次干渉キャンセラの特性評価
上橋俊介能田康義栗田 明元吉克幸岡村 敦三菱電機RCS2017-150
全球における船舶の運行管理,航行安全等を目的として,衛星AIS(Automatic Identification Sys... [more] RCS2017-150
pp.43-48
NS, ASN, RCC, RCS, SR
(併催)
2017-07-21
09:15
北海道 北海道大学 V2Vネットワーク信頼性向上のためのマルチアンテナ逐次干渉除去に関する研究
右手達也渡辺裕太佐藤光哉藤井威生電通大)・清水崇之アルトゥンタシュ オヌルトヨタIT開発センターSR2017-58
協調型自動運転システムなど将来の交通システムの高度化に向けて,高信頼な車車間(V2V: Vehicle-to-Vehic... [more] SR2017-58
pp.173-178
AP
(第二種研究会)
2017-06-28
- 2017-06-30
北海道 北海道大学 [ポスター講演]Performance evaluation on NOMA with transmit BF by the number of beams
Yoshiki ShirasawaKentaro NishimoriHideo MakinoNiigata Univ
 [more]
 41件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会