お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 122件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIP, CAS, VLD, MSS
(共催)
2021-07-06
12:05
ONLINE オンライン開催 電力ネットワークの状態推定におけるセンサースケジューリングに基づく不正データ注入攻撃の検出
小畑 晶小林孝一山下 裕北大CAS2021-14 VLD2021-14 SIP2021-24 MSS2021-14
定常状態の電力ネットワークでの状態推定において,残差(推定誤差)から検出できないサイバー攻撃は不正データ注入攻撃と呼ばれ... [more] CAS2021-14 VLD2021-14 SIP2021-24 MSS2021-14
pp.70-74
SeMI, IPSJ-MBL, IPSJ-DPS, IPSJ-ITS
(連催)
2021-05-28
11:50
ONLINE オンライン開催 屋内PDRにおける教師データの部分的導入による階段昇降の推定
高橋千彩季森野博章芝浦工大SeMI2021-9
地震などの災害時に屋内の避難者の避難経路をスマートフォンに記録できれば,要救助者の救助活動の支援に役立つとして,PDR(... [more] SeMI2021-9
pp.45-50
MSS, SS
(共催)
2021-01-27
13:25
ONLINE オンライン開催 線形特異システムの分散状態推定とセンサネットワークへの応用
礒野 圭小林孝一山下 裕北大MSS2020-37 SS2020-22
センサ攻撃の検出は,サイバーセキュリティと制御理論における重要な課題の一つである.センサへの攻撃は,観測モデルに対する未... [more] MSS2020-37 SS2020-22
pp.49-53
QIT
(第二種研究会)
2020-12-10
10:10
ONLINE オンライン開催 デジタル信号処理に基づく連続量量子鍵配送プロトコルの安全性証明
松浦孝弥前田健人佐々木寿彦小芦雅斗東大
連続量量子鍵配送(QKD) は、ホモダイン・ヘテロダイン測定といった、技術が確立し広く普及している測定装置を用いるため、... [more]
MSS, CAS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2020-11-26
11:10
ONLINE オンライン開催 東洋医学の問診およびその結果に基づいた臓腑状態の推定
田中 賢甘 泉山口大)・呉 靭山口短大)・中田 充葛 崎偉山口大CAS2020-27 MSS2020-19
東洋医学の診察法には望診,聞診,問診および切診からなる四診がある.問診は東洋医学の疾患推定において重要な診察の手段である... [more] CAS2020-27 MSS2020-19
pp.44-49
CS 2020-11-06
14:45
ONLINE オンライン+中央・野々市公民館
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
[依頼講演]自営モバイル網の自律的運用に向けた自己学習型トラヒック分析技術
沢辺亜南NEC/東大)・岩井孝法NEC)・中尾彰宏東大CS2020-63
ローカル5Gの利用ニーズが高まる一方で,無線通信の知識を持たないIoT事業者とっては効率の良いネットワーク運用が困難であ... [more] CS2020-63
pp.81-82
SeMI 2020-01-30
15:25
香川 ことひら温泉琴参閣 モバイル端末のWi-Fiチャネル状態情報による人数推定手法の提案
水谷優秀内山 彰阪大)・村上友規アベセカラ ヒランタNTT)・東野輝夫阪大SeMI2019-102
ショッピングモールや駅などで,施設内の人数を詳細に把握することはマーケティングや避難誘導を行う上で重要である.導入コスト... [more] SeMI2019-102
pp.17-22
QIT
(第二種研究会)
2019-11-18
13:50
東京 学習院大学 [ポスター講演]固体NMRを用いたカーネル法による量子機械学習
楠本武流御手洗光祐根来 誠藤井啓祐北川勝浩阪大
固体 NMR の複雑な量子ダイナミクスを、量子カーネル法を用いて機械学習へと応用した。
本研究では、データに依存したハ... [more]

MIKA
(第二種研究会)
2019-10-03
14:05
北海道 北海道大学 [依頼講演]機械学習ベースの通信トラヒック分析によるIoTアプリケーションのコンテキスト推定
沢辺亜南岩井孝法NEC
多様なデバイスが無線ネットワークを介して通信する Internet of Things (IoT) の普及に伴い,遠隔制... [more]
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2019-05-30
11:20
東京 オリンピック記念青少年センタ 網内の魚の振る舞いを表現した状態空間モデルによる定置網漁のための日単位漁獲量予測
幸加木裕也俵 直弘小林哲則橋本和夫早大)・福嶋正義井戸上 彰KDDI総合研究所)・小川哲司早大PRMU2019-3
定置網漁に関する知識を組み込んだ状態空間モデルを作成し,日単位の漁獲量予測に適用することを試みた.日々の漁獲量の正確... [more] PRMU2019-3
pp.13-18
SIP, MI, IE
(共催)
2019-05-24
14:50
愛知 名古屋工業大学 Cardiotocogramの識別に基づく胎児の状態推定
原田翔太早志英朗九大)・古賀俊介九州医療センター)・重見大介Obex)・柴田綾子淀川キリスト教病院)・吉田昌義博多南ビル内科クリニック)・蓮尾泰之九州医療センター)・内田誠一九大SIP2019-14 IE2019-14 MI2019-14
Cardiotocogram(CTG)は胎児心拍数と子宮収縮圧を経時的に記録したものであり,臨床では胎児機能不全の判定に... [more] SIP2019-14 IE2019-14 MI2019-14
pp.61-63
QIT
(第二種研究会)
2019-05-20
13:20
福岡 九州大学 筑紫キャンパス [ポスター講演]時間的に変化する状態の適応量子状態推定の実現
野原紗季岡本 亮京大)・藤原彰夫阪大)・竹内繁樹京大
光子の偏光状態の推定は,量子暗号通信や生体計測など幅広い分野で応用されており,非常に重要な課題である.一般に,推定精度の... [more]
QIT
(第二種研究会)
2019-05-20
13:20
福岡 九州大学 筑紫キャンパス [ポスター講演]半正定値錐上での拡張ラグランジュ法を用いた量子状態の最尤推定
藤澤俊祐東大)・大川洋平豊田工大)・深津 晋東大
離散変数の量子状態トモグラフィ(QST)は半正定値錐上での尤度関数の最適化問題である。
非線形な半正定値制約をパラメト... [more]

IT, ISEC, WBS
(共催)
2019-03-08
09:50
東京 電気通信大学 Equivalence theorem and comparison of optimal designs in qubit systems
Jun SuzukiUECIT2018-116 ISEC2018-122 WBS2018-117
 [more] IT2018-116 ISEC2018-122 WBS2018-117
pp.251-256
MoNA 2018-12-25
17:00
東京 芝浦工大豊洲キャンパス 災害時を想定した屋内PDRにおける回転ベクトルセンサを利用したユーザの移動状態検出
西坂柾紀森野博章芝浦工大MoNA2018-55
地震などによる大規模災害後,建物内の要救助者を迅速に救助することは重要となる.このような状況において,建物内における避難... [more] MoNA2018-55
pp.95-99
EA 2018-12-14
10:30
福岡 九州大学 Bayesian Filter for Sound Environment by Considering Additive Property of Energy Variable and Fuzzy Observation in Decibel Scale -- Introduction of Fuzzy Moments --
Akira IkutaHisako OrimotoPrefectural Univ. HiroshimaEA2018-89
音環境における現実の不規則信号に対する計測や評価においては,観測データには様々な理由によりしばしばいまいさが含まれている... [more] EA2018-89
pp.51-58
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 音声による大うつ病と双極性障害患者の鑑別の試み
大宮康宏黒田真弥髙野 毅浦口智貴PST)・篠原修二中村光晃樋口政和光吉俊二東大)・斉藤 拓戸田裕之吉野相英防衛医科大)・徳野慎一東大
メンタルヘルス不調が社会問題となっており,様々な対策やスクリーニング技術が検討されてきた.我々は,音声から抑うつ状態やス... [more]
ASN, SRW
(併催)
2018-11-06
11:15
東京 東京電機大学 東京千住キャンパス FFTを用いた製造装置稼働時間推定手法の研究
辻本芳孝室 啓朗横井照典椿 繁裕榊原秀樹牧野 学日立ASN2018-74
製造ラインにおいて,装置稼働時間のバラツキ低減により生産リードタイムを短縮することが目標である.一方,国内製造装置の約6... [more] ASN2018-74
pp.115-120
ET 2018-09-15
13:35
山口 山口大学 深層ニューラルネットワークを用いた学習者の生体情報からの心的状態推定モデルおける中間層の可視化の試み
松居辰則田和辻可昌早大ET2018-33
学習者の学習時における心的状態を推定することは学習支援において重要な課題である.著者らは生体情報に基づく心的状態推定モデ... [more] ET2018-33
pp.31-36
NS, OCS, PN
(併催)
2018-06-15
13:20
福島 郡山商工会議所 [奨励講演]暗号化された通信トラヒックに対するリアルタイムなアプリケーション推定
沢辺亜南岩井孝法里田浩三NECNS2018-33
近年の通信事業者は,通信利用者のQoEやQoCを重要視していることから,従来の通信速度などのQoS向上に比べてより高度な... [more] NS2018-33
pp.31-36
 122件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会