電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 98件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AI 2019-09-13
16:15
鹿児島 霧島自然ふれあいセンター A Prediction of Upper Tropospheric Circulations over the Northern Hemisphere Using ConvLSTM
Ekasit PhermphoonphiphatOsaka Univ.)・Tomohiko TomitaKumamoto Univ.)・Masayuki NumaoKen-ichi FukuiOsaka Univ.
 [more] AI2019-25
pp.37-41
AP
(第二種研究会)

海外 Hotel Istana, Kuala Lumpur Influence of the location of virtual linear array on position estimation using MUSIC algorithm applied to arc array synthetic aperture radar imaging
Kazuki WatakabeKeizo ChoHiroaki NakabayashiChiba Institute of Technology Univ.
 [more]
HCS 2019-02-02
10:30
新潟 新潟日報メディアシップ 高齢期の作業記憶課題における視空間認知と手指運動との関係
井上紗奈甲南女子大
超高齢社会において,認知機能の維持は健康増進に欠かせないが,加齢変化の大きい作業記憶は,短い時間に大量の情報にさらされる... [more] HCS2018-55
pp.45-48
WPT, AP
(併催)
2019-01-18
10:30
愛知 トヨタ博物館 空間相関のあるフェージング環境におけるマッシブMIMOの情報伝送能力について[II] ~ 仲上・ライスフェージングの場合 ~
唐沢好男
前稿において、空間相関のあるレイリーフェージング環境におけるマッシブMIMOの情報伝送能力を調べ、ある種のマルチストリー... [more] AP2018-159
pp.45-50
NC, MBE
(併催)
2018-12-15
10:50
愛知 名古屋工業大学 顔表情弁別を行う畳み込みニューラルネットワークの内部における空間周波数特性
小松優介稲垣未来男林 燦碩阪大)・篠崎隆志NICT)・藤田一郎阪大
神経生理学実験により高次視覚野(側頭皮質)の顔反応性細胞は画像基準の空間周波数(cycles/image)に選択性を持つ... [more] NC2018-29
pp.5-10
RCS, AP
(併催)
2018-11-20
14:40
沖縄 沖縄産業支援センター [依頼講演]空間相関のあるフェージング環境におけるマッシブMIMOの情報伝送能力について
唐沢好男
スペースダイバーシチにおいては、アレーアンテナのブランチ間に現れるフェージングの相関(空間相関)は、伝送特性の劣化をもた... [more] AP2018-110 RCS2018-187
pp.47-52(AP), pp.55-60(RCS)
SR 2018-10-31
13:25
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [ポスター講演]Empirical Model of Distributed Photovoltaics for Energy-Harvesting Wireless Communications
Tatsuhiro KawaguchiKoji IshibashiUniv. of Electro-Comm.
 [more] SR2018-84
pp.61-62
AI 2018-08-27
10:00
大阪 大阪大学吹田キャンパス Climate Forecasting by ConvLSTM on Segmented Region
Ekasit PhermphoonphiphatOsaka Univ.)・Tomohiko TomitaKumamoto Univ.)・Masayuki NumaoKen-ichi FukuiOsaka Univ.
 [more] AI2018-13
pp.1-6
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-12
10:55
北海道 函館アリーナ [ポスター講演]空間相関に基づくアンテナ選択型アレーアンテナにおける効率的な選択法の検討
坂本 匠梅林健太東京農工大)・Antti Tolliオウル大
アダプティブアレーアンテナを用いて干渉抑圧を行う場合,抑圧可能な干渉波数はアンテナ素子数によっ
て決定される.一方でア... [more]
RCC2018-50 NS2018-63 RCS2018-108 SR2018-47 ASN2018-44
pp.111-117(RCC), pp.117-123(NS), pp.129-135(RCS), pp.121-127(SR), pp.127-133(ASN)
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-19
09:25
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ マルチチャンネルNMFの空間相関行列の安定的な推定法
太刀岡勇気デンソーITラボラトリ
マルチチャンネル非負値行列因子分解(MNMF)は,音源分離性能が高いことが知られているが,その初期値依存性が課題となって... [more] EA2017-103 SIP2017-112 SP2017-86
pp.7-12
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-02-28
09:20
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 空間係数に基づくアンテナ選択型アダプティブアレーアンテナの研究
坂本 匠梅林健太東京農工大)・Antti TolliUoO
アダプティブアレーアンテナを用いて干渉抑圧を行う場合,抑圧可能な干渉波数はアンテナ素子数によって決定される.一方でアレー... [more] RCS2017-326
pp.51-56
DC 2018-02-20
14:25
東京 機械振興会館 A Golden-Free Hardware Trojan Detection Technique Considering Intra-Die Variation
Fakir Sharif HossainTomokazu YonedaMichihiro ShintaniMichiko InoueNAIST)・Alex OrailogluUniv. of California, San Diego
High detection sensitivity in the presence of process variat... [more] DC2017-84
pp.43-48
SIP, IT, RCS
(共催)
2018-01-22
16:10
香川 サンポートホール高松 マルチユーザMIMOにおける空間相関およびCSIフィードバック量の誤差存在下における特性評価
阿部京華若林翔太宜野座直岐山口一弘松江英明諏訪東京理科大
本稿では,下り回線マルチユーザMIMOシステムについて,適応変調によるシステムモデルを構築し,送信ストリーム数が16,ユ... [more] IT2017-78 SIP2017-86 RCS2017-292
pp.137-142
AP, RCS
(併催)
2017-11-09
15:50
福岡 福岡大学 [依頼講演]5Gバックホール向け見通し内MIMO通信のアンテナ配置に関する一検討
内田大輔依田大輝秋田耕司旦代智哉東芝
近年,第5世代移動通信システム実現に向けた検討が盛んに行われており,無線バックホールへの期待も高まっている.本報告では,... [more] AP2017-131 RCS2017-236
pp.125-130(AP), pp.181-186(RCS)
AP, RCS
(併催)
2017-11-10
11:15
福岡 福岡大学 複数サイクリック相関を用いた所望波の到来方向推定法の性能改善
神谷悠太菊間信良榊原久二男名工大
ディジタル変調信号の周期定常性に基づくサイクリック相関を用いた到来方向推定法(Cyclic 法) は,所望波のみの到来方... [more] AP2017-138
pp.167-172
NS, ASN, RCC, RCS, SR
(併催)
2017-07-19
16:00
北海道 北海道大学 量子化誤差と空間相関を含む端末共同干渉キャンセラの性能評価
佐伯理英子梅原大祐京都工繊大)・村田英一京大)・田野 哲岡山大
セルラーシステムにおいて,基地局と少数アンテナの移動局で仮想的に大規模なMIMO~(Multiple-Input and... [more] RCS2017-104
pp.67-72
RCS, SR, SRW
(併催)
2017-03-03
09:00
東京 東京工業大学 マルチユーザMIMOにおけるユーザー数および伝搬路の空間相関値を可変した場合の特性評価
宜野座直岐阿部京華若林翔太山口一弘松江英明諏訪東京理科大
第5世代移動通信方式は複数のユーザに対して送受信アンテナを用いて信号を送受信するマルチユーザMIMO技術が注目されている... [more] RCS2016-321
pp.175-180
CAS, CS
(共催)
2017-02-24
09:30
滋賀 彦根勤労福祉会館 端末共同干渉キャンセラのキャパシティ:量子化誤差と空間相関
梅原大祐佐伯理英子京都工繊大)・村田英一京大)・田野 哲岡山大
多数アンテナを有する基地局から複数の少数アンテナ移動端末に向けて空間分割多重(Space Division Multip... [more] CAS2016-125 CS2016-86
pp.63-68
SANE 2016-11-25
10:40
海外 国立台北科技大学 Development of selective DOA estimation algorithm using information of signal correlation
Hirofumi FukushimaNobhiro SuzukiMitsubishiElectric
Many methods for a direction of arrival (DOA) estimation hav... [more] SANE2016-90
pp.203-207
EA, EMM
(共催)
2016-11-18
11:10
大分 コンパルホール (大分) 多チャネル音響信号からのコヒーレント成分の抽出
安藤彰男田中宏樹橋本裕太古屋 紘富山大
三次元音響の録音では、広がりのある音を収音するため、多数のマイクロホンを空間的に離して配置するのが一般的である。しかしな... [more] EA2016-60 EMM2016-66
pp.73-78
 98件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会