電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 54件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CQ, CBE
(併催)
2020-01-17
14:00
東京 NHK放送技術研究所 収録済み多重音に対する音源分離手法の検討
錠前 聡大田健紘吉野秀明日本工大CQ2019-131
収録済み楽曲に含まれる楽器多重音の基本周波数解析や和音解析の精度を向上させるために,多重音を単音に分離することは有用であ... [more] CQ2019-131
pp.137-140
CQ 2019-07-18
13:00
新潟 新潟大学 [ポスター講演]機械学習を用いた非負値行列因子分解に対する音源分離性能向上手法の検討
錠前 聡大田健紘吉野秀明日本工大CQ2019-48
我々はNMFを改良したガンマプロセス非負値行列因子分解(GaP-NMF)にディープニューラルネットワーク(DNN)を組み... [more] CQ2019-48
pp.63-64
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-14
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]マルチチャネルNMFに対する非負独立成分分析を用いた初期値設定法
牛島隆裕浦本昂伸上ノ原進吾古家賢一大分大EA2018-105 SIP2018-111 SP2018-67
近年、音声を取り扱う機器が広く普及しており、背景音の中から目的の音のみを取り出す技術が求められている. 目的の音を取り出... [more] EA2018-105 SIP2018-111 SP2018-67
pp.37-42
EA, ASJ-H, EMM, IPSJ-MUS
(共催) [詳細]
2018-11-21
13:30
石川 ホテルこうしゅうえん(輪島市) 時空間音圧分布画像と機械学習を利用した音源分離に関する検討
塩澤光一朗小澤賢司山梨大)・伊勢友彦アルパインEA2018-67 EMM2018-67
マイクロホンアレイを利用した音源分離は,多チャネル音響システムにおける音源分離など,様々な場面で有効である.また,機械学... [more] EA2018-67 EMM2018-67
pp.25-30
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-19
13:00
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ポスター講演]一次元斜射影を用いた教師付NMFによる音源分離
小松美咲田中 章北大EA2017-124 SIP2017-133 SP2017-107
従来の教師付NMFでは,既知の基底ベクトル同士の関係を有効に利用していないため,例えば音源分離への適用を考えた場合,同属... [more] EA2017-124 SIP2017-133 SP2017-107
pp.133-134
MBE, NC
(併催)
2018-03-13
14:00
東京 機械振興会館 DUETのリアルタイム化におけるヒストグラムの重み付けに関する研究
坂野由季黒柳 奨名工大NC2017-74
本稿では, 音による危険察知システムの前処理として行う音源分離手法について検討した. その条件として, リアルタイムかつ... [more] NC2017-74
pp.39-44
EA 2018-02-16
13:10
広島 県立広島大学 雑音下音声認識におけるマルチチャネルNMFのチャネル数増加の効果
浦本昂伸大分大)・岡登洋平花沢利行三菱電機)・三浦伊織上ノ原進吾古家賢一大分大EA2017-99
非負値行列因子分解(Nonnegative Matrix Factorization: NMF) とは,非負値の行列を2... [more] EA2017-99
pp.33-38
EMM 2018-01-29
14:00
宮城 東北大学 青葉山キャンパス マイクロホンアレイにより得た時空間音圧分布画像の復元に関する考察
小澤賢司伊藤将亮清水源也瀧澤恵里森勢将雅山梨大)・坂本修一東北大EMM2017-66
本研究プロジェクトでは,マイクロホンアレイからの出力を時空間音圧分布画像に変換し,2次元高速フーリエ変換 (2D-FFT... [more] EMM2017-66
pp.1-6
US, EA
(併催)
2018-01-23
13:00
大阪 関西大学 [ポスター講演]凸最適化による信号分離を用いたグリッドレス音場分解の性能向上
瀧田雄太小山翔一植野夏樹猿渡 洋東大EA2017-87
内部に音源を含む領域内の音場を再構成する手法を提案する.従来手法は,対象領域を格子点の集合として離散化し,音源の空間的な... [more] EA2017-87
pp.19-24
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2017-12-22
11:20
東京 早稲田大学グリーン・コンピューティング・システム研究開発センター 距離画像センサから得た話者位置に基づくウェーブレット解析を用いた複数人同時発話音声認識のための音源分離手法
上原信洋池城和夫今村弘樹創価大SP2017-63
近年,駅構内や市役所内で一人でのみの利用を前提とした音声情報案内システムが実運用されている.本研究では,このようなシステ... [more] SP2017-63
pp.79-83
WIT, SP
(共催)
2017-10-19
13:20
福岡 九工大戸畑図書館(北九州) 人狼プレイ録音音声のNMFベース任意話者音声強調
河野秀祐高橋 徹阪産大SP2017-35 WIT2017-31
本報告では, 自由発話による複数話者の対話音声の発話強調について述べる. 自由発話による対話音声を録 音するために, 我... [more] SP2017-35 WIT2017-31
pp.7-12
SP 2017-08-30
11:00
京都 京都大学 [ポスター講演]NMFに基づく特定楽器音抽出における楽器音の特性による性能の違いの調査
梅田紗季坂野秀樹旭 健作名城大SP2017-27
楽曲中には複数の楽器音が混在しているものが多く,特定の楽器音が奏でるメロディを聴覚のみで聞き分けることは困難である.そこ... [more] SP2017-27
pp.37-38
SIP 2017-08-25
13:30
東京 東京電機大学 教室:東京千住キャンパス1号館2階 1206教室 音源分離の後処理のための妨害音成分抑圧手法
篠原尚希陶山健仁東京電機大SIP2017-61
本研究では,音源分離の後処理のための妨害音成分抑圧手法について検討する.音源分離手法はこれまで多数提案されているが,特に... [more] SIP2017-61
pp.73-78
US 2017-04-27
10:55
東京 電気通信大学 低周波パラメトリック超音波画像における空間分解能の実験的評価
野村英之電通大US2017-2
高周波超音波は媒質の粘性によるエネルギー散逸が大きいため,物体表面からの深達度が制限される.そのため,映像化可能深さは浅... [more] US2017-2
pp.5-10
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
15:45
愛知 名城大 エレキベースのスラップ奏法を対象としたスペクトル特徴と演奏制約を利用した採譜支援
山本清高村田晴美中京大)・荻原昭夫近畿大)・目加田慶人中京大BioX2016-44 PRMU2016-207
音楽データから自動で楽譜を作成する自動採譜の研究において,音高の推定は非
常に重要な要素技術である.
エレキベースを... [more]
BioX2016-44 PRMU2016-207
pp.63-66
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-01
12:40
沖縄 沖縄産業支援センター [ポスター講演]シングルチャネルNMFを用いたマルチチャネルNMFの初期値設定法の性能評価
田島 優田中 章北大EA2016-93 SIP2016-148 SP2016-88
近年提案されたマルチチャネルNMF(MNMF) は,シングルチャネルに対応していた従来のNMF(SNMF)における行列の... [more] EA2016-93 SIP2016-148 SP2016-88
pp.67-70
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-01
12:40
沖縄 沖縄産業支援センター [ポスター講演]音楽データベースに基づく音楽と音声の混合音源からの演奏位置推定
乾 聡志高橋 徹阪産大EA2016-105 SIP2016-160 SP2016-100
実環境下に流れる楽曲を検索するシステムについて報告する. 実環境では, 音楽信号と非音楽信号が, 異なる点から同時に発生... [more] EA2016-105 SIP2016-160 SP2016-100
pp.129-134
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-02
15:20
沖縄 沖縄産業支援センター 位相差の分散による同一方向音源の距離判定
内山智靖川村 新阪大)・藤坂洋一昼間信彦リオン)・飯國洋二阪大EA2016-144 SIP2016-199 SP2016-139
会議での議事録作成や,ロボットの聴覚において複数の音源が混在する観測信号から,音源を分離する技術が求められている.さらに... [more] EA2016-144 SIP2016-199 SP2016-139
pp.345-350
EMM 2017-01-31
13:30
宮城 東北大学 電気通信研究所 マイクロ間隔マイクロホンアレイの基本特性に関する考察
清水源也・○小澤賢司伊藤将亮森勢将雅山梨大)・坂本修一東北大EMM2016-85
マイクロホンアレイによる音源分離は,騒音環境下での音声認識率の向上などに有効である。本研究では,画像信号処理を利用するこ... [more] EMM2016-85
pp.67-72
CAS, ICTSSL
(共催)
2017-01-26
09:00
東京 機械振興会館 音源分離結果の後処理による目的音強調
篠原尚希陶山健仁東京電機大CAS2016-77 ICTSSL2016-31
音源分離手法はこれまで多数提案されているが,特に実環境では妨害音声の抑圧が必ずしも高くないことが多い.
そこで,分離音... [more]
CAS2016-77 ICTSSL2016-31
pp.1-6
 54件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会