お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 26件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OME 2019-02-16
10:50
沖縄 沖縄青年会館 紙表面に形成された不連続金属薄膜の脱濡れによるプラズモン発色変化
福田伸子日下靖之産総研)・江前敏晴筑波大OME2018-51
局在表面プラズモン共鳴に起因する金属ナノ構造体からの発色は,金属近傍の誘電率変化によって変化する.本研究では,紙の表面に... [more] OME2018-51
pp.19-22
CPM 2016-07-23
10:25
愛媛 愛媛大学工学部本館3階会議室 原料交互供給法による酸化スズナノワイヤーの成長と形状制御
寺迫智昭愛媛大)・矢木正和香川高専CPM2016-29
スズ(Sn)粉末と水(H2O)を原料,Au 薄膜を触媒とする大気圧 CVD 法において,Sn と H2O を時間的に分離... [more] CPM2016-29
pp.21-26
ED 2015-04-17
11:45
宮城 東北大通研ナノスピン実験施設 生体膜の原子間力顕微鏡による評価
荻野俊郎横浜国大/JST)・横田圭司木村僚佑坂口直駿横浜国大)・松村幸子菅 加奈子芝 清隆がん研)・木村康男東京工科大/JST)・平野愛弓東北大/JSTED2015-15
エクソソームは細胞から放出される直径30-150nmのナノベシクルであり、ホスト細胞に特徴的な物質を含むことから、ガンの... [more] ED2015-15
pp.75-78
MBE 2014-06-13
15:20
北海道 北海道大学 MR画像を用いた大腿骨遠位部における成長軟骨の厚さ分析
田中翔太林 豊彦新潟大)・渡邉 聡新潟医療センター)・古賀良生二王子温泉病院)・大森 豪新潟医療福祉大MBE2014-24
成長軟骨は,骨端部に介在する板形状の軟骨組織で,骨を成長させる機能をもつ.そのため,その損傷は骨成長を阻害することになる... [more] MBE2014-24
pp.57-62
OME, SDM
(共催)
2013-04-25
13:45
鹿児島 屋久島環境文化村センター エバネッセント励起による超高感度蛍光測定と応用
長村利彦北九州高専SDM2013-4 OME2013-4
地球規模での温暖化や環境問題、高齢化社会の進展などに伴い高感度・高速応答・小型軽量など化学およびバイオセンシングデバイス... [more] SDM2013-4 OME2013-4
pp.15-16
EMD 2013-03-01
13:30
埼玉 日本工業大学(宮代キャンパス) WS2/W基複合材料コンタクトの低速しゅう動時の電流依存性・荷重依存性の研究
末永 崇福田優也新井正臣渡辺克忠工学院大EMD2012-111
しゅう動接触部品はしゅう動表面の導電性・潤滑性・耐摩耗性が重要な要素である。そこで、本研究ではWS2/W基複合材料をPi... [more] EMD2012-111
pp.9-12
SDM, ED
(共催)
(ワークショップ)
2012-06-27
14:45
沖縄 沖縄県青年会館 固相反応法によるβ-FeSi2薄膜の作製と整流デバイスへの応用
籾山克章鹿又健作鈴木貴彦久保田 繁廣瀬文彦山形大
 [more]
AP
(第二種研究会)
2012-06-08
11:25
高知 高知県民文化ホール 広帯域固体ファントムを用いた簡易SAR測定法
落山啓太道下尚文山田吉英防衛大)・新井宏之横浜国大)・田中稔泰マイクロウェーブファクトリー
電波吸収体ファントムを用いた簡易SAR測定法が提案されている.実際の電波吸収体は,高周波数帯において液体ファントムと表面... [more]
US 2011-11-24
15:25
静岡 東海大学清水キャンパス 海洋学部1号館2階大会議室 超音波照射下において固体表面の濡れ性が付着マイクロバブルの振動に与える影響
吉田憲司森岡峻一上田優都同志社大)・小山大介中村健太郎東工大)・渡辺好章同志社大US2011-73
高速度ビデオカメラとレーザドップラ振動計を使用した同時観測システムを用いて,超音波駆動される固体表面付着気泡の振動にその... [more] US2011-73
pp.43-47
EMD 2011-11-18
11:10
秋田 秋田大学 手形キャンパス Detection of Second Harmonic Ultrasonic Components for Evaluation of Solids Interface
Takayuki HaradaMakoto FukudaKazuhiko ImanoAkita Univ.EMD2011-94
 [more] EMD2011-94
pp.147-150
OME, IEE-DEI
(連催)
2011-07-08
10:00
新潟 新潟大学 駅南キャンパス「ときめいと」 [招待講演]固液界面に吸着したタンパク質の機能の研究 ~ スラブ光導波路分光法を用いた固液界面における吸収スペクトルのその場観察 ~
松田直樹産総研OME2011-34
我々が開発した固液界面に単分子層以下の量で吸着した物質の紫外可視域の吸収スペクトル測定が可能なスラブ光導波路(SOWG)... [more] OME2011-34
pp.1-5
OME, SDM
(共催)
2011-04-15
11:05
佐賀 産総研九州センター Role of vacancy annihilation in electrical activation of P implanted in Ge
Mohammad AnisuzzamanTaizoh SadohKyushu Univ.SDM2011-4 OME2011-4
Due to the scaling limit faced by Si CMOS technology, much i... [more] SDM2011-4 OME2011-4
pp.13-16
EMD 2010-11-12
11:00
海外 西安交通大学(中国、西安) Surface Analyses of W-Based Composite Materials Containing Solid Lubricants for Sliding Electrical Contacts by AFM and EPMA
Yoshitada Watanabe・○Masaomi AraiKogakuin Univ.EMD2010-106
Sliding tests were performed on three kinds of W-based compo... [more] EMD2010-106
pp.163-166
EMD 2010-11-12
11:15
海外 西安交通大学(中国、西安) Sliding scar analyses of high speed sliding contact characteristics of Cu-Sn based composite materials containing WS2
Yoshitada Watanabe・○Ryohei SaitoKogakuin Univ.EMD2010-107
Three types of composite materials containing lamella solid ... [more] EMD2010-107
pp.167-170
EMCJ, EMD
(共催)
2010-07-16
13:50
東京 機械振興会館 しゅう動電気接点用W系固体潤滑剤含有複合材料の研究
渡辺克忠・○新井正臣工学院大EMCJ2010-35 EMD2010-20
通電しゅう動を目的とした3種類のW系固体潤滑剤含有複合材料のしゅう動試験を行い, しゅう動面をタッピングモードAFMと表... [more] EMCJ2010-35 EMD2010-20
pp.19-24
OME 2010-01-20
15:30
愛知 名城大学 面内膜厚傾斜を利用したLD励起面発光固体色素レーザの波長チューニング
松浦秀高坂田 肇福田将海山崎英志静岡大OME2009-82
青紫色LDで直接励起する垂直共振器構造の固体色素レーザの波長制御と閾値低減について報告する。クマリン540A色素をドープ... [more] OME2009-82
pp.17-20
EMD 2009-10-30
15:15
東京 富士通川崎工場 岡田記念ホール WS2含有のCu‐Sn系複合材料の高速しゅう動特性
渡辺克忠・○齋藤竜平工学院大EMD2009-63
WS2やC等の層状固体潤滑剤をそれぞれ40、50、60[wt%]含有した三種類のCu-Sn系複合材料を高速な条件下で、し... [more] EMD2009-63
pp.27-32
LQE 2009-05-22
13:30
富山 金沢大学角間キャンパス、自然科学研究科棟 G15会議室 プラズモニクスを利用したLEDの高速・高効率化
岡本晃一京大/JST)・川上養一京大LQE2009-10
金属と誘電体の界面に生じる表面プラズモンは,従来にない斬新な光物性・光機能を材料にもたらす.これを制御・利用する技術,す... [more] LQE2009-10
pp.49-54
EMD 2009-03-06
14:50
東京 工学院大学 しゅう動電気接点用W-Fe系複合材料の研究
新井正臣渡辺克忠工学院大EMD2008-140
3種類の新しいW-Fe系複合材料のしゅう動試験を行い, しゅう動面をタッピングモードAFMと表面電位顕微鏡(SPoM)で... [more] EMD2008-140
pp.25-28
ET 2009-01-24
14:10
神奈川 国立特別支援教育研究所 視覚障害児のための幾何学学習用触覚教材の試作
金子 健特総研ET2008-83
視覚障害がある場合でも(ない場合でも)理解しやすいと考えられる,立体を含む幾何学学習用の触覚教材の試作について,比較的簡... [more] ET2008-83
pp.53-58
 26件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会