お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 162件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MW 2022-06-10
10:25
長野 JA長野県ビル 13階A会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]Massive Connect IoTのための時空間同期を用いた同期SS-CDMAのUSRP実装
亀田 卓広島大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
NS, IN
(併催)
2022-03-11
13:00
ONLINE オンライン開催 ローカル5G多数接続のスケールアウトを実現するコア性能向上手法
木村 侑中尾彰宏東大
多数のIoTデバイスを収容する技術としてローカル5Gが注目されている。特に近年ではNFVやSDN等の仮想化技術の進展に伴... [more] NS2021-153
pp.181-186
WPT 2022-03-07
10:30
京都 京都大学 宇治キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
分散協調型マイクロ波WPT送信機制御システムの実機実装による評価
濱政 光田中勇気池田拓磨五閑 学谷 博之佐藤 浩小柳芳雄パナソニック
分散協調型マイクロ波WPTにおいて,給電対象の受信電力を最大化させるためには複数の送信機の周波数を同期させることが重要で... [more] WPT2021-20
pp.5-9
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2022-03-08
10:40
ONLINE オンライン開催 Return-Oriented Programmingを用いる自己破壊的耐タンパーソフトウェアの検討(その2)
大石和臣静岡理工科大
自己破壊的耐タンパーソフトウェアは,その実装に対して不正に改変が行われると本来とは異なる動作をして解析・攻撃からプログラ... [more] ICSS2021-69
pp.61-65
SR 2022-01-24
17:45
ONLINE オンライン開催 UHDによるLO位相同期を適用したUSRP/ドータボード間の位相同期性能評価
中村陽斗山田洋士石川高専)・亀田 卓広島大)・末松憲治東北大SR2021-69
UHD timed commandによるLO(local oscillator)位相同期は,LO を外部から供給できない... [more] SR2021-69
pp.46-53
CQ, MIKA
(併催)
2021-09-09
12:45
ONLINE オンライン開催 [招待講演]Massive Connect IoTのための時空間同期を用いた同期SS-CDMA
亀田 卓広島大CQ2021-43
次世代の情報通信ネットワークは,ネットワークそのもののインテリジェンスが向上し,膨大な数のノードから得られたビックデータ... [more] CQ2021-43
p.35
ICM 2021-07-15
13:25
ONLINE オンライン開催 システム間相互連携を考慮したソフトウェアテスト手法の提案
水越大貴杉本智紀沼田晋作波戸邦夫MFEEDICM2021-10
近年、Webサービス設計手法としてマイクロサービスアーキテクチャが注目を集めている。
多くのWebサービスでは試験戦略... [more]
ICM2021-10
pp.6-10
R 2021-05-28
11:35
ONLINE オンライン開催 機械学習モデルの信頼性を維持するソフトウエアフレームワークの設計
小林美都成小牧大輔日立R2021-3
近年,機械学習等のAIを特徴とする業務ソフトウェア(AI活用ソフトウェア)が普及してきている.AI活用ソフトウェアは学習... [more] R2021-3
pp.13-18
SR 2021-05-21
14:00
ONLINE オンライン開催 [技術展示]Wi-Wiを用いた同期SS-CDMA送信タイミング制御機能のUSRPへの実装
本間優作亀田 卓末松憲治東北大)・安田 哲志賀信泰NICTSR2021-17
IoT (Internet of things) デバイスの急速な普及に伴う上り回線の大容量化や干渉低減のための手法とし... [more] SR2021-17
pp.113-119
PN 2021-03-02
14:55
ONLINE オンライン開催 SD-EONにおけるトラフィック状況を考慮した経路制御手法
吉山大翔馬場健一工学院大PN2020-58
年々増大するインターネットトラフィックを効率よく収容する技術として,エラスティック光ネットワー
クが注目されている.ま... [more]
PN2020-58
pp.92-97
R 2020-10-16
13:00
ONLINE オンライン開催 ビックデータからの外的要因を考慮した大規模OSS開発工数管理のための一般化ジャンプ拡散過程モデル
東久保 駿田村慶信東京都市大)・山田 茂鳥取大R2020-19
ソフトウェアサービスの現状としては,オープンソースソフトウェア(Open Source Software 以下 OSSと... [more] R2020-19
pp.1-6
IA 2020-10-01
15:35
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]Performance Analysis of Proposed Mechanism in an SDN Emulation Environment
Meena MahalingamYi-Wei MaJiann-Liang ChenNTUSTIA2020-8
Abstract - Software-defined networking (SDN) is one of the m... [more] IA2020-8
pp.24-28
SAT, RCS
(併催)
2020-08-21
10:55
ONLINE オンライン開催 [奨励講演]Software Defined Satelliteの実現に向けた要素技術
谷 重紀山下靖貴早馬道也半谷政毅有賀 博三菱電機SAT2020-20
衛星搭載通信ミッション機器のデジタル化によって実現されるSoftware Defined Satellite (SDS)... [more] SAT2020-20
pp.53-57
SR 2019-11-04
11:00
海外 Rutgers University, NJ, USA [ポスター講演]Toward Efficient Wireless Resource Sharing between Multiple Carriers in Dynamic Traffic Environments
Yuta NoyoriFukuoka Univ.)・Yuzo TaenakaNAIST)・Mai OhtaMasayoshi OhashiFukuoka Univ.SR2019-70
With the proliferation of mobile devices, the amount of mobi... [more] SR2019-70
p.19
SR
(第二種研究会)
2019-11-04
- 2019-11-05
海外 Rutgers University, NJ, USA OverEdge: Software Defined Network Assisted Service Migrations in Mobile Edge Computing
Sumit MaheshwariShalini ChoudhuryIvan SeskarDipankar RaychaudhuriRutgers Univ.
Quality of Service (QoS) of a real-time application running ... [more]
PN 2019-08-26
11:05
北海道 かんぽの宿 小樽 Backup Resource Allocation Model against Multiple Controller Failures in Software Defined Network
Fujun HeTakehiro SatoEiji OkiKyoto Univ.PN2019-13
 [more] PN2019-13
pp.17-21
SWIM, KBSE
(共催)
2019-05-24
12:00
東京 機械振興会館 ユーザー活用型ソフトウェア品質管理 ~ 新たなオープンイノベーション的手法の一考察 ~
竹原豊和平塚三好東京理科大KBSE2019-3 SWIM2019-3
スマートフォン向けのアプリケーションソフトウェアの品質管理業務に対して、新たにユーザーが参加するオープンイノベーション的... [more] KBSE2019-3 SWIM2019-3
pp.17-23
EE, IEE-HCA
(連催)
2019-05-16
14:30
東京 機械振興会館 地下三階 B3-1, B3-2 ソフトウェア電源の制御技術の検討
梶原健志岡 俊臣安部征哉松本 聡九工大EE2019-9
シリコン基板上にコンデンサやコイルなどのパッシブ部品、パワーデバイス、それらを駆動・制御する回路などを搭載したPower... [more] EE2019-9
pp.43-48
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(共催)
ASN, MoNA
(併催)
(連催) [詳細]
2019-03-04
11:15
東京 東京大学 駒場キャンパス センサIoTデバイスエミュレーションの抽象化に関する研究
広瀬太志北陸先端大)・湯村 翼NICT)・篠田陽一北陸先端大ASN2018-104
センサを搭載したIoT (Internet of Things)デバイスを使用することで,市街地や圃場など広範囲な環境デ... [more] ASN2018-104
pp.49-54
SANE 2019-01-25
16:05
長崎 長崎県美術館 超小型人工衛星搭載軌道制御ソフトウェアの高信頼性・高効率化のための開発環境の構築
上原陽太木村真一東京理科大SANE2018-109
近年,超小型衛星開発の活発化に伴い超小型衛星に対する要求が多様化し,編隊飛行や他物体への接近などの高度な自律軌道制御を必... [more] SANE2018-109
pp.109-113
 162件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会