電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 182件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
DC 2021-02-05
11:35
ONLINE オンライン開催 A Novel High Performance Scan-Test-Aware Hardened Latch Design
Ruijun MaStefan HolstXiaoqing WenKIT)・Aibin YanAHU)・Hui XuAUSTDC2020-71
 [more] DC2020-71
pp.12-17
EE 2021-01-25
15:45
ONLINE オンライン開催(Zoom) 高調波成分を考慮した電流形スナバレスZCS昇圧DC-DCコンバータの周波数特性解析
宮崎竜成三島智和神戸大EE2020-36
近年,電力供給の安定化・エネルギーの高効率利用の観点からスマートグリッドの構築が積極的に推し進められており,その過程で燃... [more] EE2020-36
pp.69-74
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-21
11:20
ONLINE オンライン開催 LoRa変調における繰り返し信号検出のための対数尤度比に関する一検討
三原拓也衣斐信介同志社大)・高橋拓海阪大)・岩井誠人同志社大IT2020-68 SIP2020-46 RCS2020-159
IoT(Internet of Things)デバイスにおいて,LPWA(Low Power Wide Area)が注目... [more] IT2020-68 SIP2020-46 RCS2020-159
pp.28-33
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2020-11-17
10:55
ONLINE オンライン開催 DET Flip-Flops with SEU Detection Capability Using DICE and C-Element
Xu HaijiaKazuteru NambaChiba Univ.VLD2020-14 ICD2020-34 DC2020-34 RECONF2020-33
Abstract A dual-edge-triggered flip-flop (DET-FF) composed ... [more] VLD2020-14 ICD2020-34 DC2020-34 RECONF2020-33
pp.18-23
DC, CPSY
(連催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2020-10-12
14:10
ONLINE オンライン開催 C-elementを用いた耐ソフトエラー性を有するSRラッチ
中田惟吹難波一輝千葉大CPSY2020-19 DC2020-19
近年のVLSIは微細化,高集積化が進んでいる.それに伴い消費電力,臨海電荷量が低下している.そのため,ソフトエラーの発生... [more] CPSY2020-19 DC2020-19
pp.12-15
KBSE 2020-09-18
10:30
ONLINE オンライン開催 トレース表を用いたプログラミング指導対象者発見手法の提案
尾﨑弘幸橋浦弘明日本工大)・田中昂文玉川大)・櫨山淳雄学芸大KBSE2020-2
プログラミング教育において学習者の状況をSA(Student Assistant)等の教授者が迅速かつ正確に把握すること... [more] KBSE2020-2
pp.7-12
SAT, RCS
(併催)
2020-08-21
10:55
ONLINE オンライン開催 [奨励講演]Software Defined Satelliteの実現に向けた要素技術
谷 重紀山下靖貴早馬道也半谷政毅有賀 博三菱電機SAT2020-20
衛星搭載通信ミッション機器のデジタル化によって実現されるSoftware Defined Satellite (SDS)... [more] SAT2020-20
pp.53-57
RCS 2020-06-26
10:50
ONLINE オンライン開催 LoRa変調における繰り返し信号検出に関する一検討
三原拓也衣斐信介同志社大)・高橋拓海阪大)・岩井誠人同志社大RCS2020-44
本稿では,LoRaWAN (Long Range Wide Area Network)の物理層において,LoRa復調器と... [more] RCS2020-44
pp.127-132
NS, IN
(併催)
2020-03-06
15:10
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
誤り訂正・検出機能を備えた通信機器のソフトエラー試験結果報告
舘野瑞樹渡邊宏介NTTNS2019-251
通信機器の小型化・高性能化により、半導体デバイスの高集積化・微細化が進み、宇宙線由来の中性子が引き起こすソフトエラーへの... [more] NS2019-251
pp.419-423
DC 2020-02-26
16:35
東京 機械振興会館 耐電源ノイズ用ラッチのソフトエラー耐性
木下湧矢三浦幸也首都大東京DC2019-97
近年,VLSI回路の微細化や電源電圧の低下に伴い,ソフトエラーによる信頼性の低下が問題となっている.ソフトエラーの影響は... [more] DC2019-97
pp.67-72
SAT, SANE
(併催)
2020-02-20
13:50
沖縄 大濱信泉記念館(石垣市) CNN DAEによるデジタルペイロードのソフトエラー耐性向上
谷 重紀山下靖貴内田 繁有賀 博三菱電機SAT2019-81
通信衛星や観測衛星の運用柔軟性を向上するため,軌道上でデジタル信号処理によって通信諸元を変更するデジタルペイロード型の衛... [more] SAT2019-81
pp.69-74
MI 2020-01-29
16:30
沖縄 沖縄県青年会館 Microsoft HoloLensを用いたIVR支援ARナビゲーションの知覚誤差に関する研究
藤井柊平早大)・森田 賢鈴木一史遠藤健二東京女子医科大病院)・森下健史早大)・長橋 宏日本女子大)・正宗 賢東京女子医科大)・大谷 淳早大MI2019-95
本研究では画像下治療(IVR)で行われるCT撮影やX線透視に代わり,簡便かつ放射性被爆のない可視情報の提供手段としてMi... [more] MI2019-95
pp.135-139
ET 2020-01-25
13:25
和歌山 和歌山県JAビル 小学校低学年における教科支援教材の開発と実践
清水哲也山崎浩一群馬大ET2019-73
情報技術の発展によって,小学校においてもICT等を用いた情報教育が求められるようになり,ICT等を適切に用いた学習活動の... [more] ET2019-73
pp.21-26
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2019-08-09
11:35
北海道 北海道大学 情報科学院 3F A31 大規模センサアレイ用オペアンプ出力抵抗補正インターフェース
椎木陽介石黒仁揮慶大SDM2019-48 ICD2019-13
この論文では大規模集積抵抗型センサアレイを使用した新規のガスセンシングシステムとそのインタフェースについて述べる.提案す... [more] SDM2019-48 ICD2019-13
pp.73-78
RCS 2019-06-19
16:25
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル CRC連接Polar符号に基づくマルチレベル符号化変調の設計に関する一検討
矢島佑輝落合秀樹横浜国大RCS2019-60
Polar符号は,符号長無限大において漸近的に通信路容量を達成する優れた特性をもち,さらに巡回冗長検査(CRC)符号を連... [more] RCS2019-60
pp.137-142
CQ 2019-05-31
14:25
広島 広島市立大学 厳しい2重選択性伝搬路に有効な無線伝送方式に関する一検討 ~ 移動環境における高信頼水中音響通信の実現に向けて ~
久保博嗣立命館大CQ2019-30
本報告では,時間選択性と周波数選択性がきわめて厳しい2重選択性伝搬環境に有効な無線伝送方式に関して論じる.このような2重... [more] CQ2019-30
pp.95-100
SANE 2019-04-16
13:30
神奈川 防衛大学校 特定電波源識別実験のためのソフトウェア無線システムの構築
名坂純哉杉本 司中村浩司有馬 聖立命館大)・小林正明AOC Japan)・熊木武志立命館大SANE2019-8
近年, 無線通信技術の発展により情報を容易かつ即座に伝達できる社会になってきており, 速度や確実性と共に安全性は重要な要... [more] SANE2019-8
pp.37-41
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-06
10:55
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 大規模SCMAにおけるガウス信念伝搬法のための適応スケールビリーフに関する一検討
稲垣慶亮高橋拓海衣斐信介三瓶政一阪大RCS2018-286
本稿では,大規模SCMA (Sparse Code Multiple Access) において信号検出手法にGaBP (... [more] RCS2018-286
pp.25-30
SS 2019-03-05
15:25
沖縄 沖縄産業支援センター 関数型プログラムの条件式のための反例を用いた自動修正
松井 健佐藤亮介鵜林尚靖亀井靖高九大SS2018-80
ソフトウェア開発において,手動によるバグ修正には多くの手間と時間がかかる.開発者の負担を減らすため自動バグ修正の研究が行... [more] SS2018-80
pp.169-174
DC 2019-02-27
15:10
東京 機械振興会館 耐過渡故障を指向した線形有限状態機械のストカスティック数による状態符号化
前田有希市原英行岩垣 剛井上智生広島市大DC2018-81
確率を用いた計算手法であるストカスティックコンピューティング(SC) は,低面積,低消費電力,耐過渡故障性などの利点から... [more] DC2018-81
pp.61-66
 182件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会