お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 1037件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
TL 2022-03-13
16:00
ONLINE オンライン開催 多言語地域における教育機器・手段としての翻訳
片田 房早大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-ME, ITE-MMS
(共催)
(連催) [詳細]
2022-02-21
16:45
北海道 北大学術交流会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
交通モード階層分離型ラウンドアバウトの1階の利用方法について ~ 自転車と歩行者のシェアードスペース化 ~
趙 康博長谷川孝明埼玉大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-ME, ITE-MMS
(共催)
(連催) [詳細]
2022-02-22
13:30
北海道 北大学術交流会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
What Kind of Images to Post on Instagram? Image Recommendation for Marketing
Yiwei ZhangToshihiko YamasakiUTokyo
 [more]
EMM 2022-01-27
13:50
ONLINE オンライン開催 相互想起モデルを用いたZero-Watermarking法への自己想起モデルの導入
鐘ヶ江諒人川村正樹山口大EMM2021-86
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] EMM2021-86
pp.13-18
EE 2022-01-28
14:45
ONLINE オンライン開催 トランスレスフローティングゲートドライバーICの1チップ化に向けてのシミュレーションによる検討
大串悠介松本 聡九工大EE2021-49
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] EE2021-49
pp.100-105
CQ, CBE
(併催)
2022-01-28
10:45
石川 金沢(石川県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
SNSにおける情報の真偽に着目した拡散抑制に関する一考察
若松篤史宮下正明篠宮紀彦創価大CQ2021-90
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] CQ2021-90
pp.76-81
CQ, CBE
(併催)
2022-01-28
11:20
石川 金沢(石川県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
グラフニューラルネットワークを用いたエゴネットワークからのインフルエンサー推定に関する検討
橋本 祥津川 翔筑波大)・塚本圭一郎猪狩慎太郎KADOKAWA ConnectedCQ2021-91
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] CQ2021-91
pp.82-87
NS, NWS
(併催)
2022-01-28
11:15
ONLINE 完全オンライン開催 モバイルクラウドソーシングにおける優先度付きタスク割り当て手法に関する一考察
竹中克幸酒井和哉都立大NS2021-117
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] NS2021-117
pp.42-45
NS, NWS
(併催)
2022-01-28
11:40
ONLINE 完全オンライン開催 動的モバイルソーシャルネットワークにおけるキャッシングアルゴリズムに関する一考察
北村 威酒井和哉都立大NS2021-118
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] NS2021-118
pp.46-49
RCS, SIP, IT
(共催)
2022-01-20
15:10
ONLINE オンライン開催 [招待講演]Society 5.0現実空間情報を用いた無線通信品質予測技術
工藤理一高橋馨子永田尚志村上友規小川智明NTTIT2021-44 SIP2021-52 RCS2021-212
無線通信技術の発展により、様々なコネクテッドデバイスが普及し、無線通信がより身近になっている。IoT(Internet ... [more] IT2021-44 SIP2021-52 RCS2021-212
pp.93-94
HIP 2021-12-24
11:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]写真を用いてロボットが司会し会話するPICMOR(ピックモア)プログラムの認知的介入効果 ~ どのような社会的相互作用が認知予備力を高めるのか? ~
大武美保子理研HIP2021-58
社会的交流は,認知予備力を高めるとされるが,どのような社会的交流が有効であるか,具体的な条件は明らかではない.社会的交流... [more] HIP2021-58
p.53
RCS, NS
(併催)
2021-12-17
14:30
奈良 奈良県文化会館+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]Energy-Efficient DQN-based User Association for Sub6GHz/mmWave Networks
Megumi KanekoThi Ha Ly DinhNII)・Keisuke WakaoKenichi KawamuraTakatsune MoriyamaYasushi TakatoriNTTNS2021-109 RCS2021-192
This work investigates the design of an energy-efficient Dee... [more] NS2021-109 RCS2021-192
p.65(NS), p.88(RCS)
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2021-12-15
- 2021-12-17
ONLINE オンライン開催 ソーシャルロボットによる眠気抑制効果
原 航基中澤篤志京大)・竹本あゆみラトビア大
本研究では,ソーシャルロボットが眠気を抑制し覚醒状態を維持する効果を検証した.25人の被験者に眠気レベルを自己評価させな... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2021-12-15
- 2021-12-17
ONLINE オンライン開催 投稿文および画像といいね数との関係に基づく流行要因分析
網谷嶺志松本和幸吉田 稔北 研二徳島大
本研究ではソーシャルメディアの動向を調査し,Twitter でのバズ現象を支える要因を探るための分析手法を提案することを... [more]
WBS, RCC, ITS
(共催)
2021-12-13
11:10
ONLINE オンライン開催 マルチモード交通社会におけるラウンドアバウトの階層化
趙 康博長谷川孝明埼玉大WBS2021-43 ITS2021-17 RCC2021-50
本稿では,マルチモード交通社会におけるラウンドアバウトの交通流の処理性能と安全性を向上させるために,交通モードの階層分離... [more] WBS2021-43 ITS2021-17 RCC2021-50
pp.51-58
WBS, RCC, ITS
(共催)
2021-12-13
11:35
ONLINE オンライン開催 道路環境のマルチモーダル化における安全性と効率について
磯前裕紀長谷川孝明埼玉大WBS2021-44 ITS2021-18 RCC2021-51
本稿では,歩行者(P)/超小型低速車両(SV)/自動車(V)の3モード交通社会におけるSVレーンを,①現行法に即した自転... [more] WBS2021-44 ITS2021-18 RCC2021-51
pp.59-64
ET 2021-12-11
14:00
ONLINE オンライン開催 議論事例理解のためのソーシャルメディア中の議論構造と話題分布の視覚化
千葉広汰福島大)・中山祐貴早大)・大沼 亮津田塾大)・神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2021-36
PBLなど主体的学習活動の一環として少人数のグループにおける議論を行う機会が増加している.特に近年は,ソーシャルメディア... [more] ET2021-36
pp.41-46
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2021-12-08
14:05
ONLINE オンライン開催 重度運動機能障害者へのジェスチャインタフェースの導入効果について
伊藤和幸中山 剛木下崇史国リハ研)・依田育士産総研)・水野勝広NCNPWIT2021-32
我々はこれまでに3D距離カメラを利用して筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者や筋ジストロフィー患者等の重度運動機能障害者の動... [more] WIT2021-32
pp.1-6
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2021-12-02
11:35
ONLINE オンライン開催 重力多体問題を例とした高位合成ツールの性能比較 ~ SDSoCとVitisの違いに関して ~
村松耀生成見 哲電通大VLD2021-41 ICD2021-51 DC2021-47 RECONF2021-49
FPGA の設計において開発期間短縮のために高位合成が使われ始めており,ハードウェアで行う処理部分をRTL ではなくC ... [more] VLD2021-41 ICD2021-51 DC2021-47 RECONF2021-49
pp.139-143
QIT
(第二種研究会)
2021-11-30
13:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]RFSoCを用いた精密電子スピン制御実験
河合優太阪大)・庭瀬稜平小池恵介イーツリーズ・ジャパン)・宮西孝一郎香川晃徳阪大)・三好健文イーツリーズ・ジャパン)・北川勝浩阪大)・根来 誠QIQB
電子スピンを量子ビットとする量子コンピュータはKu帯のマイクロ波パルスでゲート操作を行う.高精度なゲート操作には広帯域な... [more]
 1037件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会