お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 75件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EE, IEE-SPC
(併催)
2022-03-10
14:30
ONLINE オンライン開催 DC Bus SignalingにおけるI-VドループベースPV電源の拡張性に関する検討
衛藤 易野下裕市庄山正仁九大
DCマイクログリッドの運用方法の一つとしてDCバスの電圧に応じて接続機器の動作モードを切り替えるDC Bus Signa... [more] EE2021-54
pp.12-17
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2022-03-07
14:10
ONLINE オンライン開催 シグナリングゲームによる内部不正モデルの提案と考察
湯浅潤樹名大)・柏崎礼生NII
内部不正による情報セキュリティインシデントの被害は大きく, それを未然に防ぐことは組織にとって必要である. また, 早期... [more] ICSS2021-62
pp.20-25
RCS, SIP, IT
(共催)
2022-01-20
11:45
ONLINE オンライン開催 A Study on Effectiveness Evaluation of FTN Signaling in the Presence of Nonlinear Distortion under Multipath Fading Channels
Atsuya NakamuraYuta KumagaiShuhei SaitoHirofumi SuganumaWaseda Univ.)・Keita KuriyamaYu OnoHayato FukuzonoMasafumi YoshiokaNTT)・Fumiaki MaeharaWaseda Univ.IT2021-33 SIP2021-41 RCS2021-201
This report investigates the throughput performance of faste... [more] IT2021-33 SIP2021-41 RCS2021-201
pp.30-33
DC 2021-12-10
15:45
香川 国民宿舎小豆島(ふるさと荘交流センター)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
機械学習による踏切遮断かん折損検知に関する考察
志田 洋NESCO)・白石倫之JR四国)・高橋 寛愛媛大DC2021-62
踏切道は鉄道と道路が唯一交差する部分であり,踏切遮断機は列車接近時に鉄道と道路を遮断し,踏切を通行する一般公衆・自動車及... [more] DC2021-62
pp.38-43
EE, OME, CPM
(共催)
2021-11-18
15:15
ONLINE オンライン開催 I-Vドループ制御とMPPT制御のシームレスな切替動作を可能とする直流マイクログリッド用PV電源の制御システム
衛藤 易野下裕市庄山正仁九大EE2021-28 CPM2021-46 OME2021-22
DCマイクログリッドの制御方法の一つとしてDCバスの電圧に基づいて各接続機器の動作モード切り替えを行うDC Bus Si... [more] EE2021-28 CPM2021-46 OME2021-22
pp.57-62
OCS, OPE, LQE
(共催)
2021-11-12
16:05
ONLINE オンライン開催 [特別招待講演]1Tb/s/λ超級長距離伝送システムに向けた超高速光送受信技術
中村政則NTTOCS2021-26 OPE2021-46 LQE2021-25
1-Tb/s/λ超級の長距離伝送システムの実現に向け,デジタルコヒーレントWDM光伝送における超高光信号の利点と課題につ... [more] OCS2021-26 OPE2021-46 LQE2021-25
pp.24-27
AP, RCS
(併催)
2021-11-10
16:20
長崎 NBC別館(長崎)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Maxmin Rate Optimization for MISO-NOMA Systems with Transmit Beamforming and Antenna Selection Based on Improper Gaussian Signaling
Hao-Tse ChiuFumiaki MaeharaWaseda Univ.RCS2021-154
 [more] RCS2021-154
pp.58-62
ITS, WBS, RCC
(共催)
2020-12-14
14:50
ONLINE オンライン開催 自己同期法を用いる光無線ターボ符号システムの誤り率性能
木口朋洋小澤佑介羽渕裕真孫 冉茨城大WBS2020-18 ITS2020-14 RCC2020-21
本稿では、自己同期法を有する光無線ターボ符号化システムが検討されている。特に、ハイブリッドパルス位置変調-オンオフキーイ... [more] WBS2020-18 ITS2020-14 RCC2020-21
pp.57-60
DC 2020-12-11
14:40
兵庫 洲本市文化体育館 (淡路島)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
NS形電気転てつ機の状態基準保全に関する研究
志田 洋JR西日本)・三﨑友樹JR四国)・高橋 寛愛媛大DC2020-64
我が国の鉄道で広く使用されているNS形電気転てつ機について,状態基準保全(CBM)の実現に向けた研究を行っている.本稿で... [more] DC2020-64
pp.27-32
DC 2019-12-20
15:40
和歌山 南紀くろしお商工会 機械学習による鉄道信号設備の状態基準保全に関する研究
志田 洋JR西日本)・田村晃裕二宮 崇高橋 寛愛媛大DC2019-83
公共性の高いシステムはディペンダビリティが求められる.ディペンダビリティを維持するためシステムの構成部品の劣化傾向を把握... [more] DC2019-83
pp.25-30
EMCJ, IEE-EMC, IEE-MAG
(連催)
2018-11-22
14:20
海外 KAIST(韓国大田市) A Novel Eye-Diagram Estimation Method for Pulse Amplitude Modulation with N-level on Stacked Through Silicon Vias
Junyong ParkYoungwoo KimKyungjun ChoSeongsoo LeeJoungho KimKAISTEMCJ2018-64
This paper proposed an eye-diagram estimation method for pul... [more] EMCJ2018-64
p.29
RCS 2018-04-23
13:35
山口 湯田温泉 ホテルニュータナカ 5Gシステムでの端末間通信における移動環境でのシグナリング量削減に関する評価
趙 兵選北川幸一郎藤本 貴堅岡良知柚木克夫新保宏之KDDI総合研究所RCS2018-8
5Gでは,多数の小セルを用いることでシステム容量を拡大する検討が行われている.小セルの利用効率向上のために,小セルに直接... [more] RCS2018-8
pp.43-48
AP, WPT
(併催)
2018-01-18
14:00
奈良 ATR 地下鉄トンネルの電波伝搬におけるトンネル内構造物の影響
西田賢史東工大/京三製作所)・高田潤一東工大)・チン ギルバート シー吉敷由起子構造計画研AP2017-157
地下鉄トンネルにて,トンネル完成直後と営業運転開始後の2回,同一の場所で電波伝搬実験を実施した.地下鉄トンネルには,列車... [more] AP2017-157
pp.37-42
EMCJ 2018-01-18
15:00
岡山 倉敷市芸文館 電磁妨害波注入を想定したCANプロトコルのエラー制御の挙動調査
一色竜之介日下卓也五百旗頭健吾野上保之岡山大EMCJ2017-92
CAN(Controller Area Network)は車載ネットワークとして広く使われている.CANは自動車のような... [more] EMCJ2017-92
pp.25-30
ICSS 2017-11-20
14:15
大分 別府国際コンベンションセンター [招待講演]コネクテッドカーに対するサイバーセキュリティアセスメント事例と今後の展望
神薗雅紀PwCサイバーサービスICSS2017-38
コネクテッドカーの目覚ましい台頭の裏に,様々なサイバーセキュリティの脅威や脆弱性が報告されている.特に大きく取り上げられ... [more] ICSS2017-38
pp.1-4
MSS 2017-03-17
10:10
島根 島根大学総合理工学部1号館情報棟1階情報科学講義室 滞留なしペトリネットにおけるトランジション間の依存性解析
水田淳史葛 崎偉松野浩嗣山口大MSS2016-93
本稿は滞留なしペトリネットを対象に,
発火頻度が互いに依存するトランジションを求めることを目的とする.
まずは,これ... [more]
MSS2016-93
pp.67-72
SSS 2016-12-20
15:50
東京 日大駿河台キャンパス GSN展開評価手法とセーフティクリティカルなシステムの開発への適用
水本圭祐平尾裕司長岡技科大SSS2016-30
本論文では,安全要件に関する議論の不十分さを定量的に識別するためにGSN展開評価手法を提案し,システムの安全を十分に保証... [more] SSS2016-30
pp.17-20
WBS, RCC, ITS
(共催)
2016-12-01
15:30
香川 サンポートホール高松 [ポスター講演]Faster-than-Nyquist Signalingに基づく送信信号の高次モーメントに関する検討
鈴木俊太朗落合秀樹横浜国大WBS2016-65 ITS2016-32 RCC2016-54
Faster-than-Nyquist signaling (FTN) は,シンボル長をナイキスト間隔よりも短くすること... [more] WBS2016-65 ITS2016-32 RCC2016-54
pp.101-106
MBE, BioX, NC
(共催)
2016-10-22
10:30
大阪 大阪電気通信大学 信号伝達の収斂・発散を考慮したマウス網膜一過性Off-α型神経節細胞応答のシミュレーション
山口弘嗣工藤有華木虎秀二山内翔太林田祐樹八木哲也阪大BioX2016-20 MBE2016-34 NC2016-19
過去の生理学実験によって,マウス網膜神経回路の出力細胞の一つである一過性Off-α型網膜神経節細胞が広い受容野を持ち,物... [more] BioX2016-20 MBE2016-34 NC2016-19
pp.19-24
IN, RCS
(併催)
2016-05-19
14:45
東京 機械振興会館 Characterization of LTE network utilization of train passengers
Quentin PlessisMasaki SuzukiTakeshi KitaharaShigehiro AnoKDDI R&D Labs.IN2016-8 RCS2016-30
 [more] IN2016-8 RCS2016-30
pp.43-48(IN), pp.37-42(RCS)
 75件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会