お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, ASN, RCC, RCS, SR
(併催)
2017-07-20
11:05
北海道 北海道大学 [ポスター講演]位置情報を用いた異種無線システムのネットワーク選択手法 ~ 空間補間によるマップ情報生成手法の検討 ~
亀田 卓福留秀基末松憲治東北大RCC2017-31 NS2017-52 RCS2017-123 SR2017-46 ASN2017-40
本論文では,高精度位置情報を用いた異種無線融合システムの最適ネットワーク選択手法であるトラヒックナビゲーションに用いるマ... [more] RCC2017-31 NS2017-52 RCS2017-123 SR2017-46 ASN2017-40
pp.105-112(RCC), pp.119-126(NS), pp.159-166(RCS), pp.117-124(SR), pp.137-144(ASN)
NS, RCS
(併催)
2015-12-18
14:20
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 分散アンテナネットワークにおける下りリンク広帯域MU-MIMO伝送への送受信協調信号処理の適用効果
熊谷慎也安達文幸東北大RCS2015-274
多数のアンテナを無線セル内に分散配置する分散アンテナネットワーク(DAN)とマルチユーザマルチアンテナ送受信(MU-MI... [more] RCS2015-274
pp.181-186
NS, IN
(併催)
2014-03-07
08:50
宮崎 宮崎シーガイア 重回帰分析を用いたIEEE 802.16jリレーネットワークのスループット解析
肥後恒平長谷川 剛谷口義明中野博隆松岡茂登阪大NS2013-216
IEEE 802.16j リレーネットワークにおけるリレーノード間リンクの通信品質は,同時に通信を行うリレーノードからの... [more] NS2013-216
pp.231-236
NS 2012-10-11
12:50
京都 京都大学 IEEE 802.16jリレーネットワークにおける電波干渉による伝送量変動を考慮したタイムスロット割当手法
高木祥一長谷川 剛谷口義明中野博隆阪大NS2012-89
IEEE 802.16j リレーネットワークでは,時分割方式による無線通信が行われる.この時,適応変調符号化を適用するこ... [more] NS2012-89
pp.53-58
RCS, AN, MoNA, SR
(併催)
2010-03-03
16:20
神奈川 YRP LTE-Advancedにおける下りリンクチャネル品質測定用参照信号構成の検討
大渡裕介ベンジャブール アナス武田和晃岸山祥久阿部哲士奥村幸彦NTTドコモRCS2009-279
本稿では,LTE (Long-Term Evolution)-Advanced下りリンクにおいて,最大8レイヤ多重のシン... [more] RCS2009-279
pp.125-130
RCS, IN
(併催)
2009-05-21
09:20
東京 機械振興会館 DS-CDMA周波数領域信号検出に関する一考察
山本哲矢武田一樹安達文幸東北大RCS2009-2
筆者らは最近,受信シングルキャリア(SC)信号の周波数領域表現がマルチ送受信アンテナ(MIMO)多重と同様に表わされるこ... [more] RCS2009-2
pp.7-12
RCS, NS
(併催)
2006-07-19
09:15
北海道 北海道大学 LDPC符号化繰り返しModified QRD-M信号分離法
安達宏一中川正雄慶大RCS2006-61
QR分解とM-アルゴリズムを組み合わせたQRD-Mアルゴリズムが,マルチアンテナ(MIMO)多重伝送における信号分離法の... [more] RCS2006-61
pp.13-18
RCS, NS
(併催)
2006-07-21
15:15
北海道 北海道大学 同一チャネル干渉の存在するTDD/MIMOシステムにおけるチャネル状態通知法
原 嘉孝大島一能三菱電機RCS2006-95
本稿ではTDD/MIMOシステムにおいて,端末が同一チャネル干渉を考慮した新たなチャネル状態通知を行う方法を提案する.提... [more] RCS2006-95
pp.215-220
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会