お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 502件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2021-01-28
13:50
ONLINE オンライン開催 ノイズを考慮したT-FBTS法の最適な波源の入射順に関する研究
吉儀 海田中俊幸森山敏文藤吉和樹長崎大SANE2020-39
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] SANE2020-39
pp.10-15
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-21
10:15
ONLINE オンライン開催 電波暗号化変調におけるロジスティックマップを用いた符号化利得の改善
奥村 守加賀有貴岡本英二名工大)・山本哲矢パナソニックIT2020-72 SIP2020-50 RCS2020-163
近年,世界中で第5世代移動体通信システム(5G)の商用化が進められており,高速・大容量,低遅延,多数接続といった特徴を生... [more] IT2020-72 SIP2020-50 RCS2020-163
pp.52-57
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-22
15:15
ONLINE オンライン開催 受信信号スペクトログラムを用いた深層学習による複数の通信環境情報の推定可能性に関する検討
小島 駿千葉大)・丸田一輝東工大)・安 昌俊千葉大IT2020-97 SIP2020-75 RCS2020-188
次世代移動体無線通信システムでは, 高速・大容量・低遅延通信の実現のための適応変調符号化等の適切な制御を実行するために,... [more] IT2020-97 SIP2020-75 RCS2020-188
pp.188-193
ITS, WBS, RCC
(共催)
2020-12-14
14:25
ONLINE オンライン開催 測位機能と調光機能を有する二種のPN符号を用いたRGB並列伝送
垂石興起小澤佑介羽渕裕真茨城大WBS2020-17 ITS2020-13 RCC2020-20
照明機能を維持し,かつ通信機能と測位機能を実現することが可能な光無線通信の方式として,可変Nコードシフトキーイング(VN... [more] WBS2020-17 ITS2020-13 RCC2020-20
pp.53-56
ITS, WBS, RCC
(共催)
2020-12-14
15:15
ONLINE オンライン開催 時間分割型水中可視光ワイヤレス給電通信システムのためのCSK信号点配置の検討
向後拓磨小澤佑介羽渕裕真茨城大WBS2020-19 ITS2020-15 RCC2020-22
近年、柔軟な海中ネットワーク網を構築するため、水中可視光通信による無線通信及び無線給電を同時に達成す る水中可視光ワイヤ... [more] WBS2020-19 ITS2020-15 RCC2020-22
pp.61-66
ITS, WBS, RCC
(共催)
2020-12-14
15:40
ONLINE オンライン開催 位相変調方式を用いたカメラ通信における同期と多元接続手法
松永宏章圓道知博長岡技科大WBS2020-20 ITS2020-16 RCC2020-23
本稿では高速点滅する位相変調されたLED光で送信したデータを低速カメラで受信する可視光通信技術について,時分割多元接続の... [more] WBS2020-20 ITS2020-16 RCC2020-23
pp.67-72
SAT 2020-12-11
09:00
ONLINE オンライン開催 マルチパス環境下における無人航空機を用いた位置検出システムのドップラーシフト推定手法の検討
毛塚直哉石川博康日大SAT2020-23
無人航空機システム(UAS: Unmanned Aircraft System)は無人航空機(UAV: Unmanned... [more] SAT2020-23
pp.1-6
RCS, AP, UWT
(併催)
2020-11-26
11:20
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]水中音響通信における適応デジタルダウンコンバージョン
出口充康樹田行弘志村拓也海洋研究開発機構AP2020-86 RCS2020-125
水中音響通信では,その伝搬速度の遅さに起因して,空中での電磁波通信に比べてドップラーシフトの影響が大きい.特に,非定常な... [more] AP2020-86 RCS2020-125
pp.72-77(AP), pp.87-92(RCS)
MI 2020-09-03
13:10
ONLINE オンライン開催 [招待講演]画像復元のための高階埋め込み多様体モデルの研究
横田達也名工大MI2020-27
本招待講演では,近年さまざまな画像処理の課題において顕著な成果を上げている畳み込みニューラルネットワークについて議論しよ... [more] MI2020-27
pp.43-44
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2020-09-01
14:40
ONLINE オンライン開催 Complexity of Colored Token Shifting on Graphs
Sai Kwon KhamRyuhei UeharaJAISTCOMP2020-6
 [more] COMP2020-6
pp.1-8
US 2020-08-26
13:50
ONLINE オンライン開催 ドプラーシフトを利用した音速プロファイル取得手法の検討
吉口将人小笠原英子森 和義防衛大US2020-22
海洋中の音波伝搬を計算する上で不可欠な海洋の音速分布を取得するために,コストや手軽さの観点から,現在は水温をExpend... [more] US2020-22
pp.11-15
SAT, RCS
(併催)
2020-08-21
10:30
ONLINE オンライン開催 [奨励講演]深層学習を用いた複数衛星における重畳LEO-MIMO制御信号のドップラーシフト推定
桶間 椋名大)・五藤大介NTT)・山里敬也名大)・山下史洋糸川喜代彦NTTSAT2020-19
低軌道(LEO)衛星通信の大容量化を目的としてLEO衛星にMIMO(Multi-Input Multi-Output)技... [more] SAT2020-19
pp.47-52
IT 2020-07-16
15:10
ONLINE オンライン開催 FTMゲートを用いた量子フーリエ変換の定式化について
中里将輝渡邉 昇東京理科大IT2020-15
本研究では Fredkin と Toffoli によって考案された可逆的かつ保守的な量子論理ゲートであるFT ゲートの光... [more] IT2020-15
pp.25-30
SR, NS, SeMI, RCC, RCS
(併催)
2020-07-08
16:20
ONLINE オンライン開催 LoRaネットワークにおける位相調整制御を用いた動的送信スケジューリング手法
坂東 力中尾彰宏東大NS2020-32
低消費電力かつ広域なIoTネットワークを実現する無線通信技術として、Low Power Wide Area (LPWA)... [more] NS2020-32
pp.7-12
MSS, CAS, SIP, VLD
(共催)
2020-06-18
14:00
ONLINE オンライン開催 チャネル長変調と基板バイアス制御を用いたレベルシフタレス設計の検討
渡辺達也宇佐美公良芝浦工大CAS2020-8 VLD2020-8 SIP2020-24 MSS2020-8
LSIを低消費電力化する手法の一つにマルチVDD設計がある.この手法では複数の異なる電源電圧を用いることで低消費電力化を... [more] CAS2020-8 VLD2020-8 SIP2020-24 MSS2020-8
pp.41-46
MW
(第二種研究会)
2020-05-13
- 2020-05-15
海外 CU(タイ・バンコク)
(開催延期)
CMOS Vector-Sum Phase Shifter With Novel Vector Summer
Takana KahoShonan Inst. of Tech.)・Kotaro TakamiyaRamesh Pokharel KumarKyushu University
A quasi-millimeter CMOS phase shifter which employed a vecto... [more]
RCS 2020-04-23
- 2020-04-24
ONLINE オンライン開催 OFDM既知信号を用いた後方散乱通信における性能解析の一般化
原 郁紀高橋龍平石橋功至電通大RCS2020-9
超低電力通信を実現する有力な手法として,環境に存在する既存システムに含まれる既知信号を利用した後方散乱通信(AmBC: ... [more] RCS2020-9
pp.49-54
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2020-03-04
09:30
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
インデックス生成関数の行シフト分解における分解可能性判定法
常定京一郎永山 忍稲木雅人若林真一広島市大VLD2019-94 HWS2019-67
本稿ではインデックス生成関数が行シフト分解可能かどうかを判定する手法について議論する.
インデックス生成関数は,コンピ... [more]
VLD2019-94 HWS2019-67
pp.1-6
SANE 2020-01-31
11:20
長崎 長崎県美術館 T-FBTS法のノイズ耐性に関する研究
藤吉和樹田中俊幸森山敏文廣重明男長崎大SANE2019-92
電磁波を利用した非破壊あるいは非侵襲診断装置の開発を目指して,電磁波逆散乱問題の解析法の一つであるFBTS法を用いて層状... [more] SANE2019-92
pp.45-50
EMM 2020-01-27
13:50
宮城 東北大学 青葉山キャンパス Cochlear delay based audio information hiding with segment selection optimization
Candy Olivia MawalimMasashi UnokiJAISTEMM2019-96
 [more] EMM2019-96
pp.11-16
 502件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会