お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS 2017-03-10
14:45
沖縄 てんぶす那覇 ソフトウェアセキュリティ知識ベースを活用したセキュリティ要求分析支援システムの評価
櫨山淳雄田中俊一学芸大)・田中昂文東京農工大)・宗藤誠治日本IBM)・大久保隆夫情報セキュリティ大SS2016-83
インターネット上でのサービスの増加に伴い,セキュアなソフトウェア開発に対するニーズが増大している.セキュアなソフトウェア... [more] SS2016-83
pp.139-144
KBSE 2016-03-03
13:10
大分 由布市湯布院公民館 ソフトウェアセキュリティ知識ベースを活用したセキュアなソフトウェア開発のためのモデリングツールの開発
田中俊一田中昂文沓澤 脩学芸大)・橋浦弘明日本工大)・櫨山淳雄学芸大)・宗藤誠治日本IBMKBSE2015-53
近年,インターネット上でのサービスの増加に伴い,セキュアなソフトウェア開発に対するニーズが増大している.その1つのアプロ... [more] KBSE2015-53
pp.31-36
RCC, ITS, WBS
(共催)
2015-12-18
14:50
沖縄 沖縄産業支援センター 歩行者を意識したITS高度化のためのセキュアな歩行者属性メッセージの認証方式
溝口誠一郎KDDI研)・押田大介高木久考ルネサス エレクトロニクス)・川端秀明竹森敬祐窪田 歩KDDI研WBS2015-78 ITS2015-50 RCC2015-80
ITSにおいて,子供・お年寄り・怪我人といった歩行者の属性を基に高度な制御を行うサービスを提供する場合,これらの属性自体... [more] WBS2015-78 ITS2015-50 RCC2015-80
pp.221-226
ITS, IEE-ITS
(連催)
2015-03-09
17:10
京都 京都大学 [招待講演]セキュアエレメントを基点とした車載制御システムの保護 ~ 要素技術の整理と考察 ~
竹森敬祐KDDI研ITS2014-69
車の自動走行に向けた議論が活発になる中で,Controller Area Network (CAN)への偽パケットの送信... [more] ITS2014-69
pp.73-78
NS, IN
(併催)
2015-03-02
09:30
沖縄 沖縄コンベンションセンタ ノード密度が変化するアドホックネットワークへの適用性を考慮したセキュア分散データ転送のための複数経路制御手法
村上哲哉河野英太郎角田良明広島市大NS2014-177
アドホックネットワークでは各端末(以降,ノード)が無線マルチホップ通信機能を利用することで二つ以上のノードが中継ノードを... [more] NS2014-177
pp.7-12
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-03
10:40
北海道 サン・リフレ函館 携帯端末への電子証明書発行方法の提案
梅澤克之日立)・手塚 悟東京工科大ISEC2014-11 SITE2014-6 ICSS2014-15 EMM2014-11
電子署名法が改正され,公的個人認証サービス業務が地方公共団体情報システム機構の業務に変更される.また,電子証明書を搭載す... [more] ISEC2014-11 SITE2014-6 ICSS2014-15 EMM2014-11
pp.9-16
ASN 2014-05-29
14:30
東京 東京大学先端科学技術研究センター An棟2階 コンベンションホール [ポスター講演]セキュア分散データ転送を想定したノード密度が異なるアドホックネットワークへの適応性を向上する複数経路制御手法
村上哲哉河野英太郎角田良明広島市大ASN2014-27
アドホックネットワークにおけるマルチホップ通信では,悪意のある中継ノードにより中継データの窃取という問題がある.それに対... [more] ASN2014-27
pp.91-96
IN 2010-06-03
17:00
秋田 秋田アトリオン [招待講演]ネットビジネスを支える課金決済プラットフォームについて
水谷祥史NTTコミュニケーションズIN2010-16
課金決済は,ネットビジネス(インターネット等)上の商取引の一翼を担っている。1998年より12年に渡り、複数の課金決済シ... [more] IN2010-16
pp.29-34
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会