電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP 2013-03-14
15:40
千葉 千葉大学 西千葉キャンパス A study on periodic rotation of parametric pendulum with second harmonic vibration
Yuichi YokoiTsuyoshi HiguchiNagasaki Univ.
 [more] NLP2012-156
pp.61-66
NLP 2012-05-29
10:55
秋田 秋田市民交流プラザ 2次高調波超音波を利用したボルト締結評価に関する検討
福田 誠米内巨樹今野和彦秋田大
締結状態のボルト-ナットに有限振幅超音波を送波し,ボルトから発生する2次高調波を検出した.トルクと2次高調波検出量との関... [more] NLP2012-36
pp.55-58
EMD 2011-11-18
11:10
秋田 秋田大学 手形キャンパス Detection of Second Harmonic Ultrasonic Components for Evaluation of Solids Interface
Takayuki HaradaMakoto FukudaKazuhiko ImanoAkita Univ.
 [more] EMD2011-94
pp.147-150
US 2011-09-26
16:40
宮城 東北大学 工学部 電子情報システム・応物系 南講義棟103会議室 集束領域における音速不均一性の第2高調波への影響
斎藤繁実東海大
本稿では音速が一方向に線形に変化する媒質層を透過する集束ガウスビームの基本波,第2高調波を解析している.わずかに不均一な... [more] US2011-52
pp.31-36
EA, US
(併催)
2011-01-20
11:30
京都 同志社大学京田辺キャンパス医心館 N-A, N-B 音速不均一層を透過する集束ガウスビームの第2高調波成分
斎藤繁実東海大
水中に形成した集束ガウスビームの集束領域に挿入した生体試料の非線形パラメータB/Aを自動測定して2次元表示する方法を,前... [more] US2010-95
pp.19-24
US 2008-09-25
15:00
宮城 東北大学(南講義棟103室) 二層型圧電振動子を用いたLamb波の発生と非破壊検査への一応用
福田 誠今野和彦秋田大
逆分極に貼り合わせた二層型圧電振動子を用いて,閉じた亀裂を作成したガラス板に有限振幅のLamb波を発生させ,閉じた亀裂で... [more] US2008-35
pp.19-24
US 2008-04-25
15:55
東京 電気通信大学 陥凹部を有する凹面型圧電振動子を用いた第2次高調波の検出
斎木孔明西平守正今野和彦秋田大
音響媒質の非線形効果で生ずる高調波を感度良く受波するための形状を持つ圧電振動子を新たに提案し,その特性を有限要素解析と送... [more] US2008-7
pp.33-38
US 2008-04-25
16:25
東京 電気通信大学 塑性変形した金属棒の内部状態と検出された非線形超音波成分との関係
福田 誠鎌田真一今野和彦秋田大
金属棒の塑性変形部分の切断面を,走査型電子顕微鏡を用いて観測した.引張ひずみ量の増加に伴って開いた亀裂の増加が確認された... [more] US2008-8
pp.39-44
MW 2006-05-18
13:45
滋賀 龍谷大学 FETを用いた第2高調波出力発振器におけるゲートへの入力回路の検討
高橋伸悟佐薙 稔岡山大)・根石修明シャープタカヤ電子工業)・中根貴史富士通テンテクノロジ)・藤森和博野木茂次岡山大
ミリ波のような高い周波数において高出力を得るための第2高調波出力発振器のゲート入力回路の検討を行った.周波数2逓倍器にお... [more] MW2006-12
pp.1-5
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会