お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 26件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCC, WBS, SAT, MICT
(共催)
2022-05-26
15:25
ONLINE オンライン開催 低軌道衛星と準天頂衛星併用MIMO伝送手法による中高緯度地域での伝送特性改善の検討
清水健史奥村 守岡本英二名工大)・三浦 周辻 宏之NICT
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] WBS2022-10 RCC2022-10 SAT2022-10 MICT2022-10
pp.46-51
SANE 2021-08-27
11:05
ONLINE オンライン開催 衛星データフュージョンによる被害評価と重要特徴量の解析
ジョシ グンジャン夏秋 嶺廣瀬 明東大SANE2021-29
近年、 衛星によるリモートセンシング、特に合成開口レーダ(SAR)と光学センサの解像度と検出能力は、地震の被害を正確に検... [more] SANE2021-29
pp.37-42
WPT 2021-03-04
09:35
ONLINE オンライン開催 段階的サブアレー構成素子数変化による電力分布構成法の実証実験
片野将太郎総研大)・牧 謙一郎水野貴秀JAXAWPT2020-33
宇宙太陽光発電システムの無線電力伝送サブシステムには,大規模アレーアンテナで高効率かつ安価で構成できる必要がある.これに... [more] WPT2020-33
pp.1-4
SANE, SAT
(併催)
2021-02-19
14:30
ONLINE オンライン開催 平和と安全の為の宇宙航空システムの検討
市吉 修HNfB21CSAT2020-37
宇宙と航空圏には一般の航空機の事故、軍事用ミサイル引いては巨大隕石など大惨事の可能性が潜在している。数年前のマレーシア航... [more] SAT2020-37
pp.42-47
SANE 2020-08-28
14:00
ONLINE オンライン開催 平和と安全の為の宇宙航空システムの一案 ~ 平和で安全な世界の実現のために ~
市吉 修HNB21CSANE2020-23
平和で安全に見える世界も実は多くの危険に晒されている。過去の地球において何回も生じた生物の大絶滅は小惑星の衝突によって生... [more] SANE2020-23
pp.13-18
WPT
(第二種研究会)
2019-10-31
- 2019-11-02
海外 西安電子科技大学 [招待講演]Retro-reflective Beamforming for Wireless Power Transmission from Satellite to Earth
Xin WangXuemei CaoZhongqiang TangNanjing Univ. Aeronautics & Astronautics)・Mingyu LuWest Virginia Univ. Inst. of Tech.
Wireless power transmission for Space Solar Power Satellites... [more]
SAT 2019-10-10
14:45
福岡 JR博多シティ(福岡) {10F 会議室A+B} 平和と安全のための宇宙システム ~ 人為及び自然災害の防止の為に ~
市吉 修二十一世紀楽生会SAT2019-51
現在宇宙の軍事利用の危険が増している。核弾頭を運搬する大陸間弾道ミサイルやRadarによる検知を免れるためのcruise... [more] SAT2019-51
pp.15-20
SANE 2019-06-14
11:10
神奈川 JAXA相模原キャンパス 安全保障のための宇宙システム ~ 安全な世界の実現のために ~
市吉 修HNB21CSANE2019-14
核兵器はその運搬手段が無力化されれば兵器としての意味を失う。そこで筆者は何時でも何処でも発射されたミサイルを即時検知、追... [more] SANE2019-14
pp.7-12
EE, WPT, IEE-SPC
(連催)
2018-07-03
10:15
北海道 北海道大学 フロンティア応用科学研究棟 次世代通信衛星用電源機器の化合物半導体パワーデバイス適用に向けた試作評価
岩佐 稔近藤大将JAXAEE2018-14
通信放送衛星においては、ミッション機器の搭載率向上のために、これまでの化学推進による軌道制御から電気推進への移行が各国で... [more] EE2018-14
pp.83-86
SANE 2018-01-26
14:50
長崎 長崎県美術館 宇宙技術を駆使したミサイル迎撃システム ~ 世界から核ミサイルの脅威を無くすために ~
市吉 修HNB21CSANE2017-105
核兵器はその運搬手段が無力化されれば兵器としての意味を失う。そこで何時でも何処でも発射されたミサイルを検知、追尾、捕獲、... [more] SANE2017-105
pp.111-116
R 2017-07-28
13:35
北海道 稚内サンホテル 列車保安制御へのGNSS利用と信頼性
浅野 晃京三製作所)・望月 寛・○中村英夫日大R2017-16
GPSをはじめとするGNSSを利用した衛星測位技術の利用が進展している.鉄道分野へのGNSS利用名多くの事例があるものの... [more] R2017-16
pp.13-18
AP, SAT, SANE
(併催)
2016-07-22
14:25
北海道 小樽マリーナ 静止通信衛星の軌道上運用に及ぼす擾乱の影響
久本泰慶後藤賢一越川尚清藤澤達也JAXASAT2016-28
静止通信衛星には衛星形状や重心位置の差異に起因する太陽光輻射圧の非均衡による擾乱がはたらく。本紙では技術試験衛星?型及び... [more] SAT2016-28
pp.93-97
EE 2016-01-29
14:50
福岡 久留米ホテル エスプリ 分散協調制御を適用した宇宙機電源システムの研究
岩佐 稔内藤 均艸分宏昌JAXAEE2015-28
人工衛星のコストパフォーマンス向上のためにバス機器の小型軽量化が期待されている。また、小型軽量化と並行して、新たな付加価... [more] EE2015-28
pp.115-120
ITS 2014-08-01
14:20
東京 東京大学 GPSにおける観測衛星数減少時のための位置推定手法に関する研究
池田泰央羽多野裕之藤井雅弘伊藤 篤渡辺 裕宇都宮大)・木谷友哉青木 徹大西博信静岡大ITS2014-12
GPSを利用した測位は,最低4基の衛星を使用する.しかし,ビルの合間などでは観測可能な衛星の数が減少し,測位精度の劣化や... [more] ITS2014-12
pp.23-28
EE, IEE-SPC
(連催)
2012-07-30
13:55
奈良 奈良工業高等専門学校 宇宙機用協調制御電源の研究
岩佐 稔内藤 均艸分宏昌JAXAEE2012-6
宇宙機は軌道上において、その運用を行うために必要不可欠な機器(バス機器)を搭載する必要がある。電源機器、熱制御機器、姿勢... [more] EE2012-6
pp.5-8
SANE 2012-06-29
14:55
茨城 JAXA 筑波宇宙センター 超小型天文衛星Nano-JASMINEにおける姿勢制御系の開発について
細沼貴之稲守孝哉東大)・酒匂信匡信州大)・清水健介三川祥典滝澤潤一中須賀真一東大SANE2012-37
東京大学航空宇宙工学専攻中須賀研究室は,30kg級の超小型天文衛星Nano-JASMINE (Nano-Japan As... [more] SANE2012-37
pp.93-98
WBS, SAT
(併催)
2011-05-09
15:20
沖縄 NICT沖縄電磁波技術センター (旧名称:沖縄亜熱帯計測技術センター) [特別講演]通信衛星を利用した海洋観測・深海資源探査 ~ 陸上から海洋までのシームレスな通信を目指して ~
吉田 弘百留忠洋石橋正二郎中野善之笠谷貴史海洋研究開発機構WBS2011-5 SAT2011-2
海洋の観測研究は,プレート境界型地震発生の予測や,気候変動の予測の為に非常に重要な研究である.また,海洋資源の開発は,資... [more] WBS2011-5 SAT2011-2
pp.25-28(WBS), pp.7-10(SAT)
SAT 2010-10-29
11:10
海外 慶州(韓国) 超低高度衛星ハヤト(KSAT)の地上管制システムと追跡結果
原田勇治西尾正則鹿児島大)・坂本祐二東北大SAT2010-63
A pico-satellite HAYATO (KSAT) was launched on the piggyback... [more] SAT2010-63
pp.131-134
SANE 2010-06-25
16:30
茨城 JAXA筑波宇宙センター [特別講演]超小型衛星コンソーシアムによる新しい宇宙開発・利用のパラダイムをめざして
中須賀真一東大SANE2010-49
50kg以下のマイクロ・ナノ衛星と呼ばれる超小型衛星は、従来の莫大な衛星コストを大幅に削減し、短期間で開発ができる新しい... [more] SANE2010-49
pp.201-206
SANE 2010-06-25
17:20
茨城 JAXA筑波宇宙センター 小型衛星による薄膜太陽電池の宇宙実験
川北史朗JAXASANE2010-51
次世代の宇宙用太陽電池として,Cu(In,Ga)Se2薄膜太陽電池が有力な候補とされている.この太陽電池の小型衛星を用い... [more] SANE2010-51
pp.213-216
 26件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会