お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 55件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HIP 2021-10-21
13:10
ONLINE オンライン開催 サッカード前後の刺激変化順応がサッカード前の刺激認識に与える影響
野口諒太久方瑠美金子寛彦東工大HIP2021-33
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] HIP2021-33
pp.19-22
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2021-05-24
15:50
ONLINE オンライン開催 認知負荷要因の時間変化の眼球情報による評価可能性
岡野友美中山 実東工大HCS2021-9 HIP2021-9
本論文では,マイクロサッカード,瞳孔径,眼球運動に焦点を当て,それらの指標と認知負荷との関係性 を明らかにした.具体的に... [more] HCS2021-9 HIP2021-9
pp.44-49
MBE, NC
(併催)
2020-12-18
16:40
ONLINE オンライン開催 複雑ネットワークの観点から視覚探索が効率的であることを考察する
前田義信新潟大)・小澤 誠野村泰伸阪大)・塚田 章富山高専MBE2020-23
複数の文字(代替物)の中から特定の文字(ターゲット)を視覚的に探す作業を視覚探索と呼ぶ.代替物の数が増加しても視覚探索に... [more] MBE2020-23
pp.18-23
HIP 2020-10-08
15:35
ONLINE オンライン開催 ボトムアップ注意によって誘発されるマイクロサッカードの方向と注意方向との関係
野口翔悟小濱 剛吉田 久近畿大HIP2020-36
マイクロサッカードの方向と注意の方向が一致するとの研究報告があるが,その一方で,それらの間に相 関が無いとの主張も存在す... [more] HIP2020-36
pp.21-26
HIP 2020-10-09
14:10
ONLINE オンライン開催 周辺視野領域での振動刺激への検出反応が眼球運動に及ぼす影響
上野貴大・○中山 実東工大HIP2020-47
振動運動刺激を検出する周辺視野領域の違いが,注視行動に及ぼす影響を検討した.注視行動の正答率,反応時間,注視点については... [more] HIP2020-47
pp.75-80
NC, MBE
(併催)
2020-03-04
09:30
東京 電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
多重同心円交差特徴量によるサッカード眼球運動のリアルタイム高精度検出法の提案と評価
白井芳宜平田 豊中部大NC2019-75
多重同心円交差特徴量(Multiple Concentric Circle Feature : MCF)によるサッカード... [more] NC2019-75
p.1
NC, MBE
(併催)
2020-03-06
09:55
東京 電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
固視微動の間欠制御モデル
小澤 誠野村泰伸阪大MBE2019-93
固視微動は疑似連続的なDrift-Tremor(DRT)と離散的なMicrosaccade(MS)という二種類の運動から... [more] MBE2019-93
p.69
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 操作課題における主観評価と眼球情報の関係に関する検討
中山 実早川善哉東工大
操作課題における心的負荷が眼球運動や瞳孔に及ぼす影響を検討した.
特にマイクロサッカード(MS)が及ぼす影響について検... [more]

HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 図形探索課題遂行時における心的負荷と眼球特徴量の関係
岡野友美中山 実東工大
本研究では,眼球特徴量の中でもマイクロサッカードと瞳孔径に焦点を当て,呈示時間の異なる図形探索課題を2種類作成し,心的負... [more]
HIP 2019-10-31
14:10
京都 京都テルサ カードゲームにおける報酬期待の眼球情報への影響に関する一検討
中山 実正田孝平東工大HIP2019-60
報酬期待を喚起するカードゲームで報酬期待を計測し,報酬期待による眼球情報への影響を分析した.そ の結果,瞳孔径は報酬期待... [more] HIP2019-60
pp.61-66
HIP 2019-10-31
16:00
京都 京都テルサ サッカード変位抑制におけるブランク効果 ~ ブランクの長さと開始時刻の影響 ~
玉田靖明原 一矢北野 健佐藤雅之北九州市大HIP2019-64
サッカード時には,固視時に比べて,ターゲットの変位検出閾が大きくなる(サッカード変位抑制).一方,ターゲットをサッカード... [more] HIP2019-64
pp.79-82
MBE 2019-05-19
13:10
新潟 新潟大学 視覚探索時に測定された注視点移動長の固視微動とサッカードへの分類
松井瑞季津野将行新潟大)・小澤 誠野村泰伸阪大)・塚田 章富山高専)・前田義信新潟大MBE2019-7
ヒトは,視覚を用いて多くの視覚情報の中から特定のターゲットを探し出す作業を日常的に行っており,その探索時間は選択肢の数の... [more] MBE2019-7
pp.33-38
CAS, ICTSSL
(共催)
2019-01-24
10:25
東京 機械振興会館 眼球運動を利用したラインディスプレイの高速化と基板化
川崎直紀露木直人松本 怜若林恭平三栖貴行安部惠一奥村万規子神奈川工科大CAS2018-116 ICTSSL2018-35
本論文では, 縦一列に並べたフルカラーLED 64個を高速点滅させ,サッカードと呼ばれる人間の眼球運動を利用して,残像に... [more] CAS2018-116 ICTSSL2018-35
pp.1-6
CAS, ICTSSL
(共催)
2019-01-24
15:20
東京 機械振興会館 視覚探索時の固視微動とサッカードの分類について
松井瑞季津野将行小寺龍之介新潟大)・小澤 誠野村泰伸阪大)・塚田 章富山高専)・前田義信新潟大CAS2018-125 ICTSSL2018-44
ヒトは,視覚を用いて多くの視覚情報の中から特定のターゲットを探し出す作業を日常的に行っている.ヒックの法則によれば,探索... [more] CAS2018-125 ICTSSL2018-44
pp.45-48
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 課題遂行時の心的負荷が眼球情報に及ぼす影響の検討
中山 実早川善哉東工大
認知的負荷を評価する指標である眼球運動におけるマイクロ・サッカードの出現
頻度に関連する要因について検討した.
本... [more]

HIP 2018-10-23
11:10
京都 京都テルサ サッカード変位抑制におけるブランクとフリッカーの効果
玉田靖明倉元祐輔佐藤雅之北九州市大HIP2018-65
サッカード時には,固視時に比べて,ターゲットの変位検出閾が大きくなる(サッカード変位抑制).一方,ターゲットをサッカード... [more] HIP2018-65
pp.35-37
CAS, NLP
(共催)
2018-10-18
11:25
宮城 東北大学 視覚探索時の眼球運動のモデリングの試み
前田義信小寺龍之介津野将行新潟大)・小澤 誠野村泰伸阪大)・塚田 章富山高専CAS2018-40 NLP2018-75
モニタ上にN個の文字がランダムに並べられた中から,特定のターゲット文字を発見するまでの時間はNではなくlogNに比例する... [more] CAS2018-40 NLP2018-75
pp.19-24
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2018-05-22
09:55
沖縄 沖縄産業支援センター 課題遂行時の心的負荷とマイクロサッカード出現頻度の関係
早川善哉中山 実東工大HCS2018-19 HIP2018-19
インターフェース評価におけるマイクロサッカードの利用可能性を調べるために, 心的負荷とマイク ロサッカードの頻度との関係... [more] HCS2018-19 HIP2018-19
pp.135-138
MBE, NC
(併催)
2018-05-19
14:55
富山 富山大学 Oculo-feedbackのためのマイクロサッカードと空間的注意の関係解析
惠本序珠亜平田 豊中部大NC2018-2
Oculo-feedbackは注意制御能力の訓練手法として,我々が実現を目指している技術である.Oculo-feedba... [more] NC2018-2
p.7
MBE, NC
(併催)
2018-05-19
16:25
富山 富山大学 文字探索に関する注視点シミュレーションの試み
津野将行小寺龍之介棚橋重仁飯島淳彦新潟大)・塚田 章富山高専)・前田義信新潟大MBE2018-4
人の眼球運動は,どのようなメカニズムを使って,広い探索領域の中から短い時間でターゲットを探索可能にしているのだろうか.本... [more] MBE2018-4
pp.19-22
 55件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会