電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 42件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMM, IT
(共催)
2019-05-23
15:55
北海道 旭川市国際会議場 (256,k)2元拡大原始BCH符号の重み分布 ~ k=71, 187, 191, 199の場合 ~
藤原 融阪大)・日下卓也岡山大IT2019-5 EMM2019-5
重み分布公式が知られていない符号の重み分布を求める問題は, 符号理論において挑戦的な問題である. 本稿では, 2元$(2... [more] IT2019-5 EMM2019-5
pp.23-28
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2018-06-14
13:40
山形 たかみや瑠璃倶楽リゾート(山形市蔵王温泉) パフィアン計算の高速化
今野裕大吉本芳英東大CPSY2018-1 DC2018-1
パフィアンは歪対称行列に対して定義される斉次多項式である。
パフィアンは行列式と類似の性質を持ち、その平方が歪対称行列... [more]
CPSY2018-1 DC2018-1
pp.19-23
PRMU, IE, MI, SIP
(共催)
2017-05-25
13:00
愛知 名古屋工業大学 ベクトル演算に適した画像再配置によるFIRフィルタの高速化
前田慶博山下頌太中村将大福嶋慶繁松尾啓志名工大SIP2017-3 IE2017-3 PRMU2017-3 MI2017-3
SIMDは,複数のデータに対して同時に命令を実行する演算ユニットである.
このSIMDによるベクトル演算では,データの... [more]
SIP2017-3 IE2017-3 PRMU2017-3 MI2017-3
pp.13-18
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2017-02-21
11:30
北海道 北海道大学 小範囲高効率探索機能を備えたSIMDデータパス向き動き検出アルゴリズム
箕浦祐貴近藤利夫深澤祐樹佐々木敬泰三重大ITS2016-50 IE2016-108
高精細動画像の高圧縮符号化の要と期待される符号化復号化規格H.265は,従来比2 倍の圧縮性能を備えているものの,処理量... [more] ITS2016-50 IE2016-108
pp.235-240
IE 2015-06-18
15:20
沖縄 沖縄セルラー電話 小範囲探索用SIMD命令を多用する高効率動き検出アルゴリズム
箕浦祐貴近藤利夫深澤祐樹佐々木敬泰三重大IE2015-38
高精細動画像の高圧縮符号化の要と期待される符号化復号化規格H.265 が、一昨年,標準化された. このH.265 は,従... [more] IE2015-38
pp.35-40
ICD, CPSY
(共催)
2014-12-01
10:00
東京 機械振興会館 SIMD命令拡張による高速化の検討 ~ プロセッサ設計コンテストを題材として ~
平石康祐橋本瑛大大津金光大川 猛横田隆史宇都宮大ICD2014-73 CPSY2014-85
FPGA (Field Programmable Gate Array) 上のソフトコアプロセッサを用いてシステムを開発... [more] ICD2014-73 CPSY2014-85
pp.1-6
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2014-11-26
16:15
大分 ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) 2つの浮動小数点倍精度加算器を用いた仮数部104ビット拡張倍精度加算器
矢高裕之高木直史高木一義京大CPSY2014-75
近年, 高速な高精度計算の必要性が高まっている.
しかし, IEEE754に準拠した4倍精度浮動小数点演算をハードウェ... [more]
CPSY2014-75
pp.19-23
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2014-11-26
16:40
大分 ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) 2つの浮動小数点積和演算器を用いた複素数乗算器
高田雄平高木直史高木一義京大CPSY2014-76
複素数演算は科学技術計算や信号処理などの分野で広く使用される.
浮動小数点複素数乗算は高速フーリエ変換(FFT)におい... [more]
CPSY2014-76
pp.25-29
IE, ICD, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2014-10-03
10:45
宮城 東北大学 さくらホール 高効率動き探索処理のためのSIMDデータパス構成法
渡邊敬太箕浦祐貴深澤祐樹近藤利夫佐々木敬泰三重大VLD2014-71 ICD2014-64 IE2014-50
近年,高精細化の動画像符号化のニーズが高まる中,従来比2倍の圧縮性能を備えた符号化復号化規格H.265が標準化されている... [more] VLD2014-71 ICD2014-64 IE2014-50
pp.63-68
EST 2013-05-10
15:50
神奈川 NTT厚木研究開発センター FPGAによるFDTD法の並列実行における固定小数点演算と浮動小数点演算の比較
高須涼太長谷川天平富岡洋一東京農工大)・柴田随道中西 衛NTT)・北澤仁志東京農工大EST2013-9
FPGAを用いてFDTD法を並列処理するときの,固定小数点演算と浮動小数点演算の得失,必要な精度とbit長の関係,並列処... [more] EST2013-9
pp.45-50
IE, SIP, ICD, VLD, IPSJ-SLDM
(共催) [詳細]
2012-10-19
13:25
岩手 ホテルルイズ(盛岡)【変更】 タイル・ライン変換機能を備えた動き探索用ロードバッファの提案
猪俣 匠立野 篤佐々木敬泰大野和彦近藤利夫三重大VLD2012-52 SIP2012-74 ICD2012-69 IE2012-76
動画像符号化の高速化には,処理量の大半を占める動き探索の高速化が必要不可欠である.SIMD演算器は,その高速化を実現する... [more] VLD2012-52 SIP2012-74 ICD2012-69 IE2012-76
pp.65-70
CPSY 2012-10-12
09:20
広島 広島大学 SIMD型マトリックスプロセッサを用いたHaar特徴ベースオブジェクト検出
大森睦己小出哲士平本寛和広島大CPSY2012-32
我々の研究グループではこれまでに2,048並列処理が可能なSIMD(Single Instruction Multipl... [more] CPSY2012-32
pp.7-12
RECONF 2010-09-17
11:50
静岡 静岡大学(工学部2号館) SIMD/MIMD動的切替え型プロセッサIMAPCAR2の性能評価
京 昭倫野本祥平岡崎信一郎ルネサス エレクトロニクスRECONF2010-36
画像認識用ASSP(Application Specific Standard Product)とは、多様な画像認識処理... [more] RECONF2010-36
pp.109-114
ICD 2009-12-14
13:30
静岡 静岡大学(浜松) [ポスター講演]超並列SIMD型プロセッサMX-1のための改良顔検出手法
平本寛和熊木武志今井雄太小出哲士マタウシュ ハンス ユルゲン広島大ICD2009-92
近年,侵入者の監視や入出管理などのセキュリティシステムを中心とした多くの分野で顔検出処理のニーズが高まっている.上記の用... [more] ICD2009-92
pp.83-88
CAS, NLP
(共催)
2009-09-24
16:00
広島 広島大学東千田キャンパス [招待講演]超並列メモリエンベディッドSIMD型プロセッサアーキテクチャ
小出哲士熊木武志マタウシュ ハンス・ユルゲン広島大CAS2009-34 NLP2009-70
マルチメディア環境の発展により,モバイル機器搭載用LSIには,ユーザニーズを満たすための高速処理,
仕様の変化に柔軟に... [more]
CAS2009-34 NLP2009-70
pp.59-64
CPSY, DC
(併催)
2009-08-04
- 2009-08-05
宮城 フォレスト仙台 ClearSpeed製SIMDプロセッサの通信性能評価
西川由理慶大)・鯉渕道紘NII)・吉見真聡同志社大)・設樂明宏慶大)・三浦謙一NII)・天野英晴慶大CPSY2009-25
ClearSpeed 社の SIMD 型 CSX600 プロセッサは,96 個の演算コア (PE) を一次元アレイ型の接... [more] CPSY2009-25
pp.91-96
DC, CPSY, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(共催)
2009-03-06
13:30
新潟 佐渡島開発総合センター MXコアにおける部分積剰余を用いたRSA暗号の実装
黒木 渉飯田全広末吉敏則熊本大CPSY2008-102 DC2008-93
MXコアは細粒度の演算器(PE:Prpcessing Element)を複数搭載した超並列SIMD(Single Ins... [more] CPSY2008-102 DC2008-93
pp.85-90
VLD, CPSY, RECONF, IPSJ-SLDM
(共催)
2009-01-29
15:10
神奈川 慶応義塾大学(日吉) MXコアにおけるPE粒度変更による実行効率の改善
溝上雄太中野光臣飯田全広末吉敏則熊本大VLD2008-103 CPSY2008-65 RECONF2008-67
MX コアは細粒度の演算器(Prpcessing Element:PE)を複数搭載した超並列SIMD(Single In... [more] VLD2008-103 CPSY2008-65 RECONF2008-67
pp.69-74
VLD, CPSY, RECONF, IPSJ-SLDM
(共催)
2009-01-29
17:25
神奈川 慶応義塾大学(日吉) アプリケーションプロセッサのための高速かつ最適なパイプライン構成を持つSIMD演算ユニット合成手法
渡辺隆行戸川 望柳澤政生大附辰夫早大VLD2008-108 CPSY2008-70 RECONF2008-72
組み込みシステム向けのプロセッサに採用されるアプリケーションプロセッサには,低面積,高性能に加え,高い設計生産性が要求さ... [more] VLD2008-108 CPSY2008-70 RECONF2008-72
pp.99-104
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2008-11-18
13:25
福岡 北九州学術研究都市 MXコアにおけるMIMD型PE間データ通信の一最適化手法
兒玉章宏溝上雄太中野光臣飯田全広末吉敏則熊本大CPSY2008-42
株式会社ルネサステクノロジが開発したMXコアは,細粒度のPE(Processing Element)を複数搭載した超並列... [more] CPSY2008-42
pp.31-36
 42件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会