電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 56件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-04
10:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]圧縮センシングを用いたDOA推定のSAGEアルゴリズムによる性能改善
稲見将宏菊間信良榊原久二男名工大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
RCS, SAT
(併催)
2019-08-22
09:50
愛知 名古屋大学 上り回線グラントフリー非直交多元接続のための一般化ブースト近似メッセージ伝播法
原 郁紀石橋功至電通大
本稿では,グラントフリー非直交多元接続(GF-NOMA: Grant-Free Non-Orthogonal Multi... [more] RCS2019-148
pp.13-18
AP 2019-03-14
14:55
福島 旅館 湯乃家(福島・飯坂温泉) [チュートリアル講演]アレー信号処理によるMIMOチャネル伝搬パラメータ推定
齋藤健太郎高田潤一東工大
スマートフォン等の普及に伴い,移動通信分野におけるユーザ通信トラフィックの増加が顕著となっている.
そのため,第4世代... [more]
AP2018-190
pp.23-28
RCS, SIP, IT
(共催)
2019-01-31
12:30
大阪 大阪大学 中之島センター Trainable ISTA ~ 深層学習を利用した疎信号復元反復アルゴリズム ~
高邉賢史和田山 正名工大
本稿では,データ駆動アルゴリズム設計の概念を用いた圧縮センシングに対する新たな学習可能反復アルゴリズムとしてTraina... [more] IT2018-45 SIP2018-75 RCS2018-252
pp.61-66
WPT, AP
(併催)
2019-01-18
11:10
愛知 トヨタ博物館 サイクリック相関を導入した電波ホログラフィ法を用いるDOA推定法のSAGEアルゴリズムによる性能改善
中島祐翔菊間信良榊原久二男名工大
近年,簡易的な装置で到来方向(DOA) 推定を実現できる手法が望まれ,その一つとして電波ホログラフィ法が期待されている.... [more] AP2018-161
pp.57-62
SIP, IT, RCS
(共催)
2018-01-23
13:10
香川 サンポートホール高松 [招待講演]メッセージ伝播復調法の新展開:期待値伝播法
竹内啓悟豊橋技科大
大規模MIMOシステムにおけるメッセージ伝播に基づく復調法の新しい方式として,期待値伝播法(EP)を紹介する.本稿でEP... [more] IT2017-97 SIP2017-105 RCS2017-311
pp.249-254
IA 2017-11-16
15:40
海外 KMITL, タイ・バンコク Approximate Analysis of Message Delivery Delay in Large-Scale Geographic DTN Routing
Sumika NishikawaDaiki MatsuiYasuhiro YamasakiHiroyuki OhsakiKwansei Gakuin Univ.
In this paper, we approximately derive the average message d... [more] IA2017-52
pp.105-108
SRW 2017-11-13
14:15
東京 NICT(小金井) [ポスター講演]チャネルモデリングにおける到来波パス抽出に関する一検討
小原宏貴沢田浩和大堂雅之児島史秀NICT
高速・広帯域な無線通信実現の課題点として,様々な方向から反射・散乱して到来する遅延波が伝送品質に大きな影響を与えることが... [more] SRW2017-48
pp.23-24
CPSY, DC, IPSJ-ARC
(連催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-05-24
10:35
北海道 登別温泉第一滝本館 On Implementation of the Light-Weight MPAR protocol in NS2
Yusuke SugiuraKazuya SakaiSatoshi FukumotoTokyo Metropolitan Univ.
 [more] CPSY2017-13 DC2017-13
pp.75-77
IA 2016-11-03
15:05
海外 台北(台湾) Deriving the Average Message Delivery Delay in Geographic DTN Routing
Daiki MatsuiRyo HagiharaYasuhiro YamasakiHiroyuki OhsakiKwansei Gakuin Univ.
In this paper, we derive the average message delivery delay ... [more] IA2016-31
pp.27-32
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2016-03-04
09:45
佐賀 虹の松原ホテル (佐賀県唐津市) エピデミックブロードキャストにおけるメッセージ拡散ダイナミクス推定法
橋本佑太大崎博之関西学院大
本稿では、エピデミックブロードキャストにおける情報拡散特性を推定する手法 DIFER (Diffusiveness In... [more] SITE2015-70 IA2015-102
pp.185-190
NS, IN
(併催)
2016-03-03
11:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) UAVを利用したメッセージフェリーに対するユーザ数を考慮した巡回路決定方式
近藤友弘橘 拓至福井大
UAVをメッセージフェリーとして利用した遅延耐性ネットワーク(Delay Tolerant Networks, DTN)... [more] NS2015-185
pp.99-104
RCS, IT, SIP
(共催)
2016-01-18
11:00
大阪 関西学院大学(大阪梅田) メッセージ伝搬にもとづく疎な2部グラフ上のショートサイクル数え上げ法に関する研究
中原悠太齋藤翔太松嶋敏泰早大
本研究では,疎な2部グラフ上のショートサイクルをメッセージ伝搬によって数え上げるアルゴリズムの改良を提案する.従来研究で... [more] IT2015-50 SIP2015-64 RCS2015-282
pp.13-18
MW 2015-12-18
09:00
東京 東京理科大 葛飾キャンパス Application of Non-Linear Conjugate Gradient Algorithm in Expectation Maximization Algorithm for the Performance Improvement of Radio Channel Parameter Estimation
Yunyi YaoKentaro SaitoJun-ichi TakadaTi-Tech
 [more] MW2015-146
pp.75-80
MW 2015-12-18
09:25
東京 東京理科大 葛飾キャンパス EM/SAGE法による伝搬パラメータ推定における初期値設定手法
三宅時生齋藤健太朗高田潤一東工大
近年増大する無線データ通信量への対応をするために,第五世代移動通信システムの研究が盛んに成されている.第五世代移動通信シ... [more] MW2015-147
pp.81-86
IBISML 2015-11-27
14:00
茨城 つくば国際会議場 [ポスター講演]Performance degradation of AMP for Ising perceptron when the system size is small
Arise KuriyaToshiyuki TanakaKyoto Univ.
Donohoらの提案した近似メッセージ伝搬法(AMP)は、確率伝搬法に大システム極限でのガウス近似とメッセージ数を削減す... [more] IBISML2015-85
pp.241-247
AP 2014-12-11
12:50
東京 機械振興会館 複数サイクリック相関の同相合成を用いた所望波の到来方向推定とSAGEアルゴリズムによる性能改善
広瀬直紀菊間信良平山 裕榊原久二男名工大
ディジタル変調信号の周期定常性に基づくサイクリック相関を用いた到来方向(DOA)推定法は,干渉波が同時にアレーアンテナに... [more] AP2014-153
pp.13-18
IBISML 2014-11-17
17:00
愛知 名古屋大学 [ポスター講演]部分並列干渉除去法の疎信号復元問題への応用
竹田晃人茨城大)・田中利幸京大
CDMA復調問題で提案された部分並列干渉除去法を圧縮センシングにおける疎信号復元問題に応用し, 収束性が良くかつ計算量が... [more] IBISML2014-35
pp.1-7
IBISML 2014-11-17
17:00
愛知 名古屋大学 [ポスター講演]確率伝搬法の効率的な計算法とCDMAマルチユーザ検出への適用
栗谷亜理世田中利幸京大
Pearlが提案した確率伝搬法 (BP) はグラフィカルモデルに対する確率推論を行うためのアルゴリズムである。BPは一般... [more] IBISML2014-54
pp.149-153
IBISML 2014-11-18
15:00
愛知 名古屋大学 [ポスター講演]非線形コンバイナ型乱数生成器に対するSum-Product Algorithmを用いる攻撃に関する一考察
久保航汰齋藤翔太鎌塚 明松嶋敏泰早大
学習理論の問題で,変数同士に制約があるとき,既知の変数から未知の変数を推定する研究が行われている.変数を推定する1つの方... [more] IBISML2014-83
pp.357-364
 56件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会