お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 337件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MSS, CAS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2021-11-18
10:55
ONLINE オンライン開催 Shortest cycles on a WRSN model provided by a WSN routing
Yoshihiro KanekoKeisuke MuraseGifu Univ.CAS2021-41 MSS2021-21
 [more] CAS2021-41 MSS2021-21
pp.24-27
ICTSSL 2021-05-28
13:55
ONLINE オンライン開催 端末のバッテリ残量を考慮した災害救助通信用MANETプロトコルAODV-SOSの性能評価
山田竜宇行田弘一芝浦工大ICTSSL2021-3
モバイルアドホックネットワーク(MANET)を用いた通信においては一般的に宛先端末の IP アドレス が既知であることを... [more] ICTSSL2021-3
pp.11-15
NS 2021-05-14
11:20
ONLINE オンライン開催 無線メッシュSDNにおけるネットワークトポロジ情報取得方式の検討
前迫敬介熊倉 顕張 亮ソフトバンクNS2021-24
無線通信機を搭載した複数の飛行体で無線メッシュネットワークを構築し,地上のSDNコントローラにて集中経路制御をする.この... [more] NS2021-24
pp.56-61
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(共催)
SeMI
(連催) [詳細]
2021-03-02
10:50
ONLINE オンライン開催 リンク品質を考慮した位置予測型V2Vルーティングの提案
西岡正裕原山美知子岐阜大SeMI2020-64
自動車IoTのベースとなるVANETは事故軽減や車の利便性向上のために現在注目を集めている分野でありVANET用ルーティ... [more] SeMI2020-64
pp.35-40
CAS, ICTSSL
(共催)
2021-01-28
15:50
ONLINE オンライン開催 ドローン間協調制御を考慮したDANET用経路制御プロトコルの評価
渡部訓久行田弘一芝浦工大CAS2020-50 ICTSSL2020-35
ドローンに代表される無人航空機は,様々な用途で利用されている.現在,ドローンと運用端末は1対1で直接通信を行う場合が多く... [more] CAS2020-50 ICTSSL2020-35
pp.63-67
CAS, ICTSSL
(共催)
2021-01-28
16:15
ONLINE オンライン開催 無線アドホックネットワークにおける隣接端末数に応じた制御トラフィック削減手法の検討
綿貫博志行田弘一芝浦工大CAS2020-51 ICTSSL2020-36
無線アドホックネットワークの代表的なルーティングプロトコルであるAODVでは,経路構築時に制御パケットRREQの再ブロー... [more] CAS2020-51 ICTSSL2020-36
pp.68-72
KBSE, SC
(共催)
2020-11-13
15:18
ONLINE オンライン+機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
[ポスター講演]静的ルーティングにおける実ネットワーク構成のモデリング手法の検討
新井 凪鈴木彦文小形真平岡野浩三信州大KBSE2020-20 SC2020-24
ネットワークを運用するためには,実ネットワークの構成情報を文書化し,適切に管理する必要がある.
管理すべき構成情報とし... [more]
KBSE2020-20 SC2020-24
p.38
NS 2020-10-08
11:10
ONLINE オンライン開催 高密度広範囲アドホックネットワークに適したAODVの拡張
吉田慎吾吉田政望ガジェゴス ラモネト アルベルト野口 拓立命館大NS2020-65
無線通信技術の発展に伴い,基地局などの既存の通信インフラを使用せずに,無線端末間の直接通信によりネットワークを構築する,... [more] NS2020-65
pp.54-58
CS, IN, NS, NV
(併催)
2020-09-11
15:10
ONLINE オンライン開催 無線マルチホップネットワークにおける機械学習を用いたルーティング手法
田中優希鈴木裕幸小山明夫山形大NS2020-50
無線ネットワークの利用エリアを拡張する試みとして,無線マルチホップネットワークの研究が以前より盛んに行われている.無線マ... [more] NS2020-50
pp.51-56
SRW 2020-08-24
10:25
ONLINE オンライン開催 A Routing Protocol toward Seamless Handover for Mobile Nodes in Wi-SUN FAN
Robby WayongRyota OkumuraKeiichi MizutaniHiroshi HaradaKyoto Univ.SRW2020-10
 [more] SRW2020-10
pp.7-12
NS, IN
(併催)
2020-03-06
11:20
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
ネットワーク内の遅延時間を高精度に測定する遅延測定システムの提案
森 弘樹平澤崇佳妹尾龍馬中務諭士高橋 賢NTTNS2019-231
ハードウェア処理のタイムスタンプをベースにネットワーク内の遅延時間を高精度に測定するための遅延測定システムを提案する.5... [more] NS2019-231
pp.301-306
NS, IN
(併催)
2020-03-06
13:40
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
IoTネットワークにおける通信規格混在型Opportunistic Routing
岡村也寸志山本 嶺大坐畠 智加藤聰彦電通大NS2019-243
近年,センサなどのノードによって収集されたデータをIoTゲートウェイ経由で,
IoTクラウドに送信するIoTネットワー... [more]
NS2019-243
pp.371-376
CQ, CBE
(併催)
2020-01-17
10:00
東京 NHK放送技術研究所 UWSNs全体への負荷分散を目的とした噴水符号を利用するルーティングプロトコル
遠藤航太木村成伴筑波大CQ2019-123
UWSNs (Underwater Wireless Sensor Networks) では,音波による通信を行うが,パ... [more] CQ2019-123
pp.89-94
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2019-11-22
11:15
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス 遅延耐性ネットワークにおけるドローンを用いたルーティングプロトコルの一考察
竹中克幸酒井和哉首都大東京NS2019-132
遅延耐性ネットワークにおいて,確率的な振る舞いを行うノードだけを中継するルーティングが多く提案 されているが,メッセージ... [more] NS2019-132
pp.67-70
NS 2019-10-11
10:45
愛知 名古屋工業大学 スモールワールドネットワークを用いたアドホックネットワークにおけるルーティングプロトコル
河端太幹河野隆二横浜国大NS2019-117
近年,既存のインフラストラクチャに依存せず,端末間で相互通信を可能にするアドホックネットワーク技 術が注目されている.災... [more] NS2019-117
pp.77-81
IA 2019-10-04
17:15
東京 東京大学 本郷キャンパス 武田先端知ビル(武田ホール) ShowNet 2019におけるSRv6 Service Chainingの試行
中村 遼東大)・上野幸杜NTTコミュニケーションズ)・○鎌田徹平シスコシステムズ)・清水一貴ジュニパーネットワークス)・遠峰隆史レピダム)・渡邊貴之ジュニパーネットワークスIA2019-23
本稿では、2019年6月に開催されたInterop Tokyo 2019において、ShwoNetで構築、運用されたSRv... [more] IA2019-23
pp.23-28
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
10:40
大阪 I-Siteなんば(大阪) [ポスター講演]大規模モバイルアドホックネットワークにおけるAODVに基づく効率的かつセキュアなルーティングプロトコルの提案
柴﨑祐磨佐藤光哉岩村惠市東京理科大RCC2019-31 NS2019-67 RCS2019-124 SR2019-43 SeMI2019-40
本稿では,AODV(Ad Hoc On-demand Distance Vector)に基づくセキュアかつ通信効率的なル... [more] RCC2019-31 NS2019-67 RCS2019-124 SR2019-43 SeMI2019-40
pp.101-106(RCC), pp.127-132(NS), pp.123-128(RCS), pp.133-138(SR), pp.115-120(SeMI)
CS, CQ
(併催)
2019-04-18
14:35
大阪 大阪大学理工学 図書館 Revealing Benefits of Quality-based Routing
Aomi JokojiUVic)・Takuto KimuraArifumi MatsumotoJun OkamotoNTTCQ2019-4
Current Internet backbone routing is topology-based, which s... [more] CQ2019-4
pp.19-24
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-06
15:00
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク IEEE 802.15.10準拠L2Rプロトコルを用いた無線メッシュネットワークにおけるルーティングメトリック計算法
鮫島 渓奥村亮太水谷圭一原田博司京大SRW2018-58
多数のセンサやメータ端末を収容するために,Wireless smart utility network (Wi-SUN)... [more] SRW2018-58
pp.19-24
IN, NS
(併催)
2019-03-05
09:40
沖縄 沖縄コンベンションセンター ソースルーティングマルチキャスト転送プロトコルの大規模網への適用性向上に関する一検討
妹尾龍馬熊川成正高橋 賢吉岡弘高NTTNS2018-235
ソースルーティングプロトコルは,柔軟なトラヒック制御を実現しつつ,そのスケール性により注目を集める転送プロトコルであり,... [more] NS2018-235
pp.249-254
 337件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会