電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2021-03-25
11:00
ONLINE オンライン開催 模型自動車を用いた遠隔型実車運転システム
髙橋尚太郎野村隼人明石高専CPSY2020-52 DC2020-82
自動車を遠隔運転すれば,操縦者が実車に搭乗しなくても,人や荷物等を遠方へ運ぶことができる.近年,自動運転の実用化に伴い,... [more] CPSY2020-52 DC2020-82
pp.13-18
SR, NS, SeMI, RCC, RCS
(併催)
2020-07-10
14:20
ONLINE オンライン開催 遠隔運転の遅延時間が操作性に与える影響に関する検討
佐藤雄大樫原俊太郎大岸智彦KDDI総合研究所RCS2020-76
自動運転を活用したモビリティサービス実現における自動運転車の緊急時対応手段として,遠隔地からオペレータが車両を操作する,... [more] RCS2020-76
pp.105-110
RCS 2019-04-18
14:40
北海道 登別グランドホテル [依頼講演]セルラ網の通信品質を考慮した自動運転車向け遠隔制御技術
眞下大輔柚木祥慈日立RCS2019-9
近年,自動車の自動運転技術は急激に進展している.自動運転における重要な課題の1つは,工事現場や緊急車両等,想定外の状況の... [more] RCS2019-9
p.43
CQ, CBE
(併催)
2019-01-18
09:55
東京 首都大学東京 無線LAN遠隔制御走行車の走行特性に対する遅延変動吸収バッファの効果
永井勇希奥田和也中村僚兵葉玉寿弥防衛大CQ2018-82
無線LANを利用した遠隔制御走行車システムの実現性について検討している.共用型の無線LANを利用する場合,電波環境の変動... [more] CQ2018-82
pp.35-40
CS 2018-07-13
10:55
沖縄 イーフ情報プラザ(久米島) 屋内遠隔制御車いすのための無線LANハンドオーバー技術の提案
奥田和也永井勇希中村僚兵葉玉寿弥防衛大CS2018-38
自律走行を行う車いすの研究開発が進められている.車いすの自動制御技術は,介護のための労力の低減や高齢者の活動サポートに貢... [more] CS2018-38
pp.127-132
CAS, CS
(共催)
2017-02-24
15:35
滋賀 彦根勤労福祉会館 通信網経由遠隔リアルタイム制御に対する伝送品質の影響度の実験的評価
葉玉寿弥後藤和正皆川昌樹長崎兼大中村僚兵防衛大CAS2016-134 CS2016-95
自動車の自動運転技術は実用化が近い.小型無人機についても,自動操縦を低コストで実現できれば,様々な分野への応用が期待でき... [more] CAS2016-134 CS2016-95
pp.111-116
EMD 2012-03-02
15:15
東京 玉川大学 PLCおよびタッチパネルを用いた大形模型電気機関車への空転再粘着制御の導入と地上監視システムの開発
小野寺 陽斉藤直大上野貴博森田 登日本工大EMD2011-136
本研究は,PLCおよびタッチパネルをセットで扱い,牽引力向上の研究を支援する空転再粘着制御の導入およびオープンキャンパス... [more] EMD2011-136
pp.41-44
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会