お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 65件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
R 2019-12-13
15:25
東京 機械振興会館 Lindleyタイプ分布とソフトウェア信頼性評価
肖 淇・○土肥 正岡村寛之広島大R2019-53
Dennis Victor Lindley はベイズ統計の枠組みにおいて Lindley 分布と呼ばれる興味深い 1パラ... [more] R2019-53
pp.19-24
R 2019-11-28
14:10
大阪 中央電気倶楽部 ソフトウェア信頼評価のための非定常マルコフ過程モデル
李 思橋土肥 正岡村寛之広島大R2019-44
本稿では,非定常ポアソン過程を一般化した非定常マルコフ過程に着目し, 一般化二項過程 (GBP) と一般化ポリア過程 (... [more] R2019-44
pp.7-12
R 2019-11-28
14:35
大阪 中央電気倶楽部 デバッギング難易度を考慮したプロセス指向型ソフトウェア信頼性モデリング
井上真二関西大)・山田 茂鳥取大R2019-45
ソフトウェア故障発生の観測からその原因解析およびフォールトの修正に至るまでのデバッギングプロセスとテスト実施に伴い観測さ... [more] R2019-45
pp.13-18
R 2019-10-25
14:00
長崎 福江文化会館 ソフトウェア信頼性評価のためのマルチブルチェンジポイントモデル
井上真二関西大)・山田 茂鳥取大R2019-38
複数回のチェンジポイントを考慮したマルコフ型不完全デバッグモデルについて議論する.チェンジポイントとは,ソフトウェア信頼... [more] R2019-38
pp.1-6
SSS 2019-04-23
13:35
東京 機械振興会館 ヒューマンファクターに基づいた事故解析手法に関する研究
三友信夫日大)・橋本淳史JR東日本SSS2019-2
本研究では、ヒューマファクターを要因とする事故解析手法の提案を目的とし、PRAの手順を取り入れた事故解析手法について検討... [more] SSS2019-2
pp.5-8
R 2018-05-25
15:30
愛知 愛知工業大学 本山キャンパス 離散化NHPPモデルに基づくベイズ理論を用いたソフトウェアの最適リリース時刻の区間推定
井上真二関西大)・山田 茂鳥取大R2018-4
実際のソフトウェア開発工程でのテスト工程における離散的なフォールト発見数データの収集方法と整合性を保ち,高精度なソフトウ... [more] R2018-4
pp.19-24
R 2018-05-25
15:55
愛知 愛知工業大学 本山キャンパス Bootstrap信頼性評価法の車載ソフトウェアへの適用
佐野圭太アイシン精機)・藤原隆次SRATECH Lab)・木村光宏法政大R2018-5
車載ソフトウェアは,製品の特性上高い信頼性が求められるが,進む大規模化および複雑化により限られたコストの中での信頼性の確... [more] R2018-5
pp.25-30
R 2017-07-28
15:00
北海道 稚内サンホテル The Software Failure and Reliability Assessment Tool (SFRAT) -- A Platform to Foster Collaboration --
Vidhyashree Nagaraju・○Venkateswaran ShekarUniv. of Massachusetts Dartmouth)・Thierry WandjiNAVAIR)・Lance FiondellaUniv. of Massachusetts DartmouthR2017-19
This paper presents the application architecture of SFRAT, a... [more] R2017-19
pp.31-36
R 2017-07-28
16:50
北海道 稚内サンホテル ベイズ理論による離散化モデルに基づいたソフトウェア信頼性評価
井上真二関西大)・山田 茂鳥取大R2017-23
実際のソフトウェア開発工程でのテスト工程における離散的なフォールト発見数データの収集方法と整合性を保ち,高精度なソフトウ... [more] R2017-23
pp.55-60
R 2017-05-26
12:30
岡山 ピュアリティまきび チェンジポイントを考慮したソフトウェア信頼性評価のためのマルコフ型モデル
井上真二関西大)・山田 茂鳥取大R2017-1
ソフトウェアのテスト期間中に観測されるチェンジポイントと,より現実的な不完全デバッギング環境を同時に考慮したマルコフ型ソ... [more] R2017-1
pp.1-6
R 2017-05-26
16:20
岡山 ピュアリティまきび [招待講演]ソフトウェア信頼性モデルの基礎
山田 茂鳥取大R2017-9
「信頼性」はソフトウェア品質の中でも最も重要な品質特性である.また,ソフトウェアライフサイクルにおける信頼性の計測および... [more] R2017-9
pp.49-56
R 2015-12-18
13:30
東京 機械振興会館 ウェーブレット縮小推定における閾値法の有効性に関する考察
肖 霄首都大東京R2015-61
近年,確率過程のノンパラメトリック推定を行うウェーブレット推定法が急速に整備されてきた.著者らによる先行研究では,ウェー... [more] R2015-61
pp.1-6
R 2015-06-19
14:25
東京 機械振興会館 非定常べき乗則過程に基づいたソフトウェア信頼性評価
齋藤靖洋土肥 正広島大R2015-12
本稿では,Lindqvist ら(2003) の提案したトレンド再生過程(TRP) を応用したソフトウェア信頼性モデルに... [more] R2015-12
pp.13-18
R 2015-05-22
13:40
島根 隠岐島文化会館 非同次ガンマ過程に基づいたソフトウェア信頼性におけるノンパラメトリック推定
齋藤靖洋土肥 正広島大R2015-3
本稿では,Ishii and Dohi (2008) の非同次ガンマ過程(NHGP) に基づくソフトウェア信頼性モデルを... [more] R2015-3
pp.13-18
NLP 2015-01-26
17:35
大分 コンパルホール エネルギーシステムの信頼性解析へのRRTアルゴリズムの適用
薄 良彦京大/JST)・T. John KooASTRINLP2014-128
エネルギーシステムのダイナミクスに関わる信頼性解析は,ダイナミクスを表す数理モデルである入力変数を有する動的システムの可... [more] NLP2014-128
pp.89-94
R 2014-10-17
13:55
鹿児島 第一工業大学 ドーブシウェーブレットに基づいたソフトウェア信頼性予測
肖 霄首都大東京R2014-56
ウェーブレット解析は画像処理や信号処理等の分野で頻繁に用いられており,近年,高速演算と高精度が要求される時系列解析におい... [more] R2014-56
pp.7-12
R 2014-08-01
13:30
北海道 スマイルホテル函館 複数回のチェンジポイントを考慮したソフトウェア信頼性評価のためのハザードレートモデル
井上真二山田 茂鳥取大R2014-14
本研究では,ソフトウェアテスト工程における複数回の環境の変化を考慮したソフトウェア信頼性評価のためのハザードレートモデル... [more] R2014-14
pp.1-6
R 2014-05-23
16:20
愛知 金城学院大学 ソフトウェア信頼性評価のための初期潜在フォールト数の切断分布に基づいたチェンジポイントモデルに関する一考察
井上真二山田 茂鳥取大R2014-7
本研究では,ソフトウェアテスト期間中における環境の変化を考慮したソフトウェア信頼度成長モデル(チェンジポイントモデル)に... [more] R2014-7
pp.35-40
R 2014-05-23
16:45
愛知 金城学院大学 Burr XII 分布に基づいたソフトウェア信頼性モデル
今中隆裕・○土肥 正広島大R2014-8
Irving W. Burr (1942) によって導入された一連の確率分布は, 数多くの確率分布の形状を含む広いクラス... [more] R2014-8
pp.41-46
CQ 2014-01-24
15:05
東京 東京都市大学 [ポスター講演]コンピュータネットワーク時代のネットワーク信頼性評価・設計法の一検討 ~ 一対多信頼度の適用 ~
吉村優太林 正博山本尚生東京都市大CQ2013-84
現在,通信の信頼性評価尺度として各対地間を対象とした信頼度,即ち,End-to-Endの信頼性評価尺度が主流とされている... [more] CQ2013-84
pp.93-98
 65件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会