お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SWIM 2020-11-28
14:35
ONLINE オンライン開催 長期的な大型産学共同研究の成功要因に関する研究 ~ 大阪大学の事例研究より ~
西尾好司文教大SWIM2020-9
本研究は、長期的な大型の産学共同研究がどのように機能させていったのか、マネジメントの成功要因を考察することを目的とする。... [more] SWIM2020-9
pp.18-25
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2020-03-05
11:35
福岡 九州工業大学 戸畑キャンパス
(開催中止,技報発行あり)
周辺人物の動きの一貫性を考慮した歩行者経路の予測
堀内 慧前田慶博東京理科大)・杉村大輔津田塾大)・浜本隆之東京理科大IMQ2019-18 IE2019-100 MVE2019-39
本稿では,歩行者経路の一貫性を考慮した歩行者経路の予測手法を提案する.
歩行者経路予測の従来手法では,周辺人物による影... [more]
IMQ2019-18 IE2019-100 MVE2019-39
pp.23-26
NS, IN
(併催)
2020-03-06
15:50
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
関連人気度に基づくコンテンツキャッシング手法
平井和樹北口善明山岡克式東工大IN2019-148
コンテンツ配信ネットワークにおいて,関連性の高いコンテンツ群への連続したアクセスが増加しており,それらのコンテンツを近隣... [more] IN2019-148
pp.417-422
ET 2018-03-03
10:10
高知 高知工科大学(永国寺キャンパス) 拡張・絞込み方針の意識促進を考慮したローカル領域とWeb空間を跨いだページ間関係視覚化システム
荒川大祐福島大)・中山裕貴早大)・大沼 亮神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2017-118
Web環境の隆盛とそこでの活動の高度化に伴い,必要な情報を如何に上手く見つけ出すかが重要さを増し,その能力育成が求められ... [more] ET2017-118
pp.171-176
ASN, IPSJ-UBI
(連催)
2013-05-16
16:40
熊本 熊本大学 [ポスター講演]対人関係におけるつながり感予測モデルの検証
山口 啓豊橋技科大)・吉田 学今田美幸金 順暎松尾真人NTT)・上原秀幸豊橋技科大ASN2013-25
我々は,対人関係におけるコミュニケーション支援に向けて,対人感情や対人認知からなる心理因子(つながり感と呼ぶ)の定量化を... [more] ASN2013-25
pp.129-134
KBSE 2012-11-22
14:05
石川 金沢大学 (角間キャンパス) 要求変動に対する進化社会心理学的考察
妻木俊彦NIIKBSE2012-44
ソフトウェア要求は様々な原因によって変化し,その変化はソフトウェアの構造的劣化をきたす.コンピュータシステムの目的の1つ... [more] KBSE2012-44
pp.37-42
USN, IPSJ-UBI
(連催)
AN
(併催) [詳細]
2012-05-17
16:00
愛知 豊橋技術科学大学 [ポスター講演]人間関係におけるつながり感の定量化に向けた一検討
吉田 学今田美幸NTT)・廣瀬 慧阪大)・金 順暎松尾真人NTTUSN2012-7
我々は, 人と人との心理的距離をつながり感と呼び,コミュニケーション支援への適用を目指している. 本稿では, トップダウ... [more] USN2012-7
pp.53-56
LOIS 2012-03-08
14:30
沖縄 名桜大学 ユーザの興味と情報発信者からの影響度を融合した情報パーソナライズ方法の提案
佐藤 妙伊藤浩二藤田将成小林 稔NTTLOIS2011-85
本研究では,ユーザの興味とユーザが情報発信者から受ける影響(影響度と呼ぶ)とを推定し,両者を融合したモデルを用いて情報を... [more] LOIS2011-85
pp.73-78
HCS 2011-08-26
10:50
京都 京都大学学術情報メディアセンター 関係開始スキルがパーティ場面におけるコミュニケーション行動に及ぼす影響
前田奈穗大坊郁夫藤田和之阪大HCS2011-28
本研究の目的は,関係開始スキルが,多人数パーティ場面におけるコミュニケーション行動に及ぼす影響を探索的に検討することであ... [more] HCS2011-28
pp.5-10
HIP, HCS
(共催)
2010-05-14
11:20
沖縄 沖縄産業支援センター 社会的スキル・トレーニングにおける対人関係解読 ~ DESIREJの作成に向けて ~
大坊郁夫横山ひとみ阪大)・磯 友輝子東京未来大)・谷口淳一帝塚山大HCS2010-16 HIP2010-16
円滑な対人関係,組織の活性化を図るために,コミュニケーション力の向上を目指すことが必要となる.メッセージを適切に記号化し... [more] HCS2010-16 HIP2010-16
pp.85-90
HCS 2010-03-08
- 2010-03-09
静岡 ウェルシーズン浜名湖 2人会話における非言語手がかりと関係開始スキルについての研究(2)
前田奈穂大坊郁夫前田貴司岸野文郎北村喜文高嶋和毅横山ひとみ藤原 健林 良彦阪大HCS2009-82
本研究の目的は,非言語手がかりと関係開始スキルの関連について,話者,会話相手,第3者のそれぞれの観点から検討することであ... [more] HCS2009-82
pp.49-54
AI 2009-09-25
10:30
京都 京大百周年時計台記念館 電子商取引における関係性を考慮したユーザの信頼性評価
小林真雄伊藤孝行名工大AI2009-9
昨今,インターネットにおける商取引が盛んに行われている.特にインターネットオークションは大きな市場の一つである.現在多く... [more] AI2009-9
pp.1-6
ITS, IEE-ITS
(共催)
2009-03-09
16:15
京都 京都大学 交差点の複雑さを考慮した経路案内タイミングに関する研究
高梨郁子三菱電機/和歌山大)・神田準史郎藤本仁志田中 敦三菱電機ITS2008-90
本稿では,経路案内を行う際の交差点間の関係に着目し,交差点複雑さ,経路複雑さに関する仮説を立て,この仮説をもとに,歩行者... [more] ITS2008-90
pp.41-46
ET 2009-03-07
11:30
香川 香川大 論文構成要素に着目した論文間関係把握支援システムの開発
白井宏和春原将寿中村勝一横山節雄宮寺庸造学芸大ET2008-97
効率的なサーベイ方法の1つとして,「目的」,「手法」,「対象」など論文中の
何らかの論文構成要素に着目し,論文間関係を... [more]
ET2008-97
pp.23-28
IA, SITE
(共催)
2009-03-06
10:10
熊本 阿蘇山(熊本県) 固有値解析を用いたAS間接続関係の数値評価手法の提案
浅井大史江崎 浩東大SITE2008-90 IA2008-113
インターネットは,インターネットサービスプロバイダ(ISP)や企業,大学等の異なる管理ドメインによって運用されている数万... [more] SITE2008-90 IA2008-113
pp.271-275
ET 2008-11-21
14:35
石川 北陸先端大 論文構成要素に着目した論文間関係把握支援手法の提案
白井宏和学芸大)・中村勝一福島大)・横山節雄宮寺庸造学芸大ET2008-55
本研究では,サーベイ支援を目的とした論文間関係の抽出・視覚化手法を提案する.効率的な論文探索方法の一つとして,「目的」,... [more] ET2008-55
pp.27-32
DE 2007-07-03
08:50
宮城 秋保温泉(仙台) 比率規則マイニングシステムの開発と評価
濱本雅史北川博之筑波大DE2007-51
比率規則は数値データ中における線形関係を表したものである.われわれはこれまでの研究において,比率規則を線分とその周辺領域... [more] DE2007-51
pp.177-182
HIP, HCS
(共催)
2007-05-24
- 2007-05-25
沖縄 OIST Seaside House(沖縄県) ヒューマンコンピュータインタラクションのためのかすかな関係を創発するアプリケーションの試作
明神聖子仲谷美江阪大)・加藤博一奈良先端大)・西田正吾阪大
 [more]
SS, KBSE
(共催)
2007-04-20
10:35
福島 会津大学 UML図の変更波及解析ツール
小谷正行菅井拓海落水浩一郎北陸先端大SS2007-7 KBSE2007-7
本稿は、UML 図面間の依存関係を自動生成し、変更波及解析を行うツールを報告する。ソフトウェア開発において作成される中間... [more] SS2007-7 KBSE2007-7
pp.35-39
DE 2006-07-14
08:30
新潟 ホテル泉慶 局所性を考慮した比率規則マイニング
濱本雅史北川博之筑波大
本論文ではサポートと確信度を用いて比率規則を抽出する問題を考える.比率規則とは数値属性間で成り立つ線形関係であり,データ... [more] DE2006-96
pp.25-30
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会