お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 64件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MBE, NC
(併催)
2020-12-18
17:05
ONLINE オンライン開催 ブレインコンピュータインターフェースのための上肢仮想現実システムの開発
鈴木愛之田中郁哉ミロセビッチ マティヤ野村泰伸阪大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
NLP, CAS
(共催)
MBE, NC
(併催) [詳細]
2020-10-29
09:25
ONLINE オンライン開催 下肢手術患者の足関節運動実態調査と支援システム提案
眞坂美江子石井桂輔帝京大MBE2020-12
本研究は,下肢手術患者を対象とした足関節底背屈運動の支援システム構築を最終目的とし,より効果的な支援を実現するために支援... [more] MBE2020-12
pp.1-4
MBE 2019-01-31
16:30
佐賀 佐賀大学 三次元手指トレースシステムによるリハ支援環境の構築について
金田純也高橋 敏松田鶴夫北九州市大MBE2018-69
日常生活における脳血管障害および脊髄損傷による患者の自立的リハビリテーションは非常に重要である。自己 管理とリハヒ... [more] MBE2018-69
pp.57-61
MBE 2019-01-31
16:55
佐賀 佐賀大学 歩行解析システムの構築と応用
金田純也松田鶴夫北九州市大MBE2018-70
近年の医療介護現場の現状として、被介護者に対して介護者の人数が不足している。本研究ではこれの解決策として、リハを患者の自... [more] MBE2018-70
pp.63-68
WIT 2018-06-09
16:00
神奈川 鶴見大学(横浜) 汎用コミュニケーション支援WebシステムVCANの利用状況分析
杉山陽菜子林 豊彦入山満恵子新潟大)・藤川成康川辺 諭後藤 崇銀座堂WIT2018-5
音声出力コミュニケーションエイド(VOCA)は,言語発達障がい児のコミュニケーション支援機器のひとつである.我々の研究チ... [more] WIT2018-5
pp.21-26
RCC, MICT
(共催)
2018-05-24
13:00
東京 東京ビッグサイト [ポスター講演]ボディエリアネットワークを用いた加速度情報の取得と伝送による車椅子利用者の活動量解析
小林 匠横浜国大)・中村 健横浜市大)・横山 修村田知之神奈川リハビリテーション病院)・河野隆二横浜国大RCC2018-5 MICT2018-5
近年重要度を増すリハビリテーション医学において,下肢麻痺患者の活動量の低下が全身症状へつながる可能性が指摘されている.
... [more]
RCC2018-5 MICT2018-5
pp.21-24
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2018-03-10
14:15
茨城 筑波技術大学 高次脳機能障害者のための生活行動ナビゲーション支援システムとその効果検証
佐野睦夫北野みのり横田和亮兒島宏樹大井 翔阪工大WIT2017-86
高次脳機能障害者のための社会復帰に向けた認知リハビリテーション支援システムを開発している. 本報告では,認知リハビリテー... [more] WIT2017-86
pp.169-174
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2018-03-09
09:30
沖縄 沖縄産業支援センター モチベーションを向上させるVR生活行動トレーニング構成法とリハビリテーションへの可能性
佐野睦夫田中耀介阪工大)・阿部能成中前 貴成本 迅京都府立医科大)・田渕 肇斎藤文恵梅田 聡慶大IMQ2017-46 IE2017-138 MVE2017-88
リハビリテーションを円滑に進めていくためには,成功体験に対する「褒める」などの報酬に基づく外発的動機付けが重要であり,我... [more] IMQ2017-46 IE2017-138 MVE2017-88
pp.117-121
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2017-12-07
16:15
東京 産総研臨海副都心センター(東京) タブレット端末を用いた遠隔リハビリ支援装置 ~ UIの改善と対話機能の実現 ~
梅田優樹磯西優太佐々木 豊西森健太郎前田義信牧野秀夫新潟大WIT2017-64
近年,本邦では高齢化と過疎化を背景に,遠隔医療の必要性が増大している.とりわけ,遠隔医療におけるリハビリテーション(以下... [more] WIT2017-64
pp.137-142
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2017-12-07
16:40
東京 産総研臨海副都心センター(東京) Web-GISを用いたリハビリ患者居住地の標高表示とメッセージ登録機能
磯西優太梅田優樹西森健太郎前田義信牧野秀夫新潟大WIT2017-65
リハビリを必要とする疾患では,定期的な患者データ収集や医師からのフィードバックが必要となる.また,効果的なリハビリを行う... [more] WIT2017-65
pp.143-148
WIT, SP
(共催)
2017-10-20
11:50
福岡 九工大戸畑図書館(北九州) 半側空間無視症状の評価支援システムの一検討
藤村 誠・○井上一暉藤井秋希良東 登志夫長崎大SP2017-53 WIT2017-49
半側空間無視は脳卒中後の後遺症の一つであり,患者が視界の半分を認識できずに無視してしまうという症状である.従来,この症状... [more] SP2017-53 WIT2017-49
pp.107-111
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2017-09-16
16:15
東京 東京大学 本郷キャンパス [ショートペーパー]日常生活行動認識のためのロバストな生活用具識別手法の検討
兒島宏樹大井 翔佐野睦夫阪工大PRMU2017-62 IBISML2017-34
我々は,障害者や高齢者の自立に向けて,生活行動に着目した認知リハビリテーション支援システムの研究を推進している.生活行動... [more] PRMU2017-62 IBISML2017-34
pp.203-204
WIT, ASJ-H
(共催)
2017-02-11
12:15
愛媛 愛媛大学城北地区キャンパス メディアホール(総合情報メディアセンター内) kinectと立体視による上肢リハビリテーション支援システムの試作
藤村 誠古賀惇宏東 登志夫長崎大WIT2016-75
脳卒中などの後遺症である上肢の運動機能麻痺の回復のためのリハビリテーション支援システムを試作した.試作システムはパーソナ... [more] WIT2016-75
pp.67-70
MI, MICT
(共催)
2016-09-16
11:10
東京 東京農工大学 小金井キャンパス 科学博物館3F 講堂 [招待講演]Depthセンサを用いた喉頭トラッキングによる簡易嚥下機能評価
杉本千佳増山裕斗横浜国大MICT2016-38 MI2016-52
高齢化に伴い嚥下障害を持つ患者の増加が懸念される中,嚥下機能の診断と維持・回復に効果的な日常的な訓練や嚥下リハビリテーシ... [more] MICT2016-38 MI2016-52
pp.19-20
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2015-12-08
18:10
東京 産総研臨海副都心センター(東京) 部分面型ロコモーションインタフェースにおける歩幅変更意図の検出
古家和樹矢野博明澁谷長史岩田洋夫筑波大WIT2015-72
部分面型ロコモーションインタフェースを用いた歩行リハビリテーションシステムにおいて,歩行者の意図を反映した歩行リハビリシ... [more] WIT2015-72
pp.47-52
NC, MBE
(共催)
2015-03-17
10:20
東京 玉川大学 片麻痺患者でのFESを用いた足こぎ車いすリハビリテーションの効果に関する基礎的検討
柄澤勇太塩谷真帆只野卓巳渡邉高志半田康延東北大MBE2014-131 NC2014-82
我々の研究グループでは,市販の足こぎ車いすと機能的電気刺激(FES)を組み合わせたリハビリテーションシステムの開発を行っ... [more] MBE2014-131 NC2014-82
pp.85-88
WIT 2015-03-14
10:30
茨城 筑波技術大学 春日キャンパス 認知障がい者の気づきや意欲を誘発する振り返り支援システム構成のための基礎的検討
佐野睦夫大井 翔渋谷咲月水野翔太池ヶ谷 剛阪工大)・中山佳代大出道子阪府障がい者自立センター)・田渕 肇仲地良子斎藤文恵加藤元一郎慶大WIT2014-107
我々は,認知症や高次脳機能障がい者に代表される認知障がい者の日常生活の自立を目指し,調理行動を始めとする日常行動をリハビ... [more] WIT2014-107
pp.125-130
MICT 2015-03-06
09:45
神奈川 横浜三井ビル 未来情報通信医療社会基盤センターサテライト KINECTを使用した立ち上がり/関節モーメント/座り込みデータの取得
安達宏幸北里大)・菅生 誠水澤純一テレビジネス)・安達栄治郎北里大MICT2014-79
DOCTOR’S EYEとは、体に装置を装着することなく人の動作測定を行える装置である。その感知装置は、KINECT v... [more] MICT2014-79
pp.35-40
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2014-12-17
- 2014-12-19
山口 海峡メッセ下関 社会的インタラクションを利用した小児筋電義手訓練促進システム
秋道奈々緒下柿元智也筑波大)・鈴木健嗣筑波大/JST
本研究では,先天的前腕欠損の乳幼児による筋電義手使用訓練に着目し,義手を使用するための支援機器の開発について述べる.先天... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2014-12-17
- 2014-12-19
山口 海峡メッセ下関 靴型歩行計測装置のための遊脚期の足位置推定
枝吉 拓ウィドド ロミ ブディ和田親宗九工大
臨床現場での歩行リハビリに,モーションキャプチャなどの大がかりな装置から得られる歩容情報が活用される場合がある.しかし,... [more]
 64件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会