お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT 2020-12-03
16:40
ONLINE オンライン開催 ノイズを含む盗聴通信路符号化の実装と安全性評価
髙﨑幸太郎小川朋宏電通大IT2020-62
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] IT2020-62
pp.206-211
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-05
15:10
東京 東京工業大学
(開催中止,技報発行あり)
Optical On-Off Keying衛星通信へのReed-Solomon積符号適用の検討 ~ 6Gネットワークの宇宙リンク手段 ~
岡本英二名工大)・山添弘晃太田伸二ソニーコンピュータサイエンス研RCS2019-370
衛星通信の標準化技術を策定している宇宙データ諮問委員会(CCSDS)において現在,Ethernetフレーム伝送も可能とす... [more] RCS2019-370
pp.257-262
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
15:15
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス リード・ソロモン符号化複数経路マルチキャストによる一対多ファイル転送時間の最小化
倉田真之平良憲司柴田将拡鶴 正人九工大CQ2018-116
分散配置されたデータセンタやサーバ間での大規模なデータやソフトウェアの共有, 複製, または移動によるトラヒック量の急激... [more] CQ2018-116
pp.129-134
RCS 2018-06-21
13:50
長崎 長崎大学 リード・ソロモン符号を用いた差動OFDMの特性
堀田浩太郎佐野隆貴久保博嗣立命館大RCS2018-60
本報告では,時間選択性と周波数選択性がきわめて厳しい2重選択性伝送路において,差動orthogonal frequenc... [more] RCS2018-60
pp.149-154
IT 2017-07-13
10:40
千葉 千葉大学(西千葉キャンパス) 分散ストレージシステムにおける秘密分散を用いた情報保護方式の研究
芝 優志宮崎真一郎大村光徳松嶋智子山嵜彰一郎職能開発大IT2017-18
秘密情報の管理において,秘密情報のコピーを複数の場所に保管することで秘密情報の紛失・破壊を抑制することができるが,この方... [more] IT2017-18
pp.11-14
IT 2017-07-14
13:45
千葉 千葉大学(西千葉キャンパス) リード-ソロモン符号を基礎に構成される不均一誤り訂正符号
西島利尚法政大IT2017-32
本報告では,第$1$段・第$2$段のそれぞれの符号に,$GF(2^{m})$上のリード-ソロモン符号を適用した積符号に対... [more] IT2017-32
pp.91-95
SAT, RCS
(併催)
2016-08-18
13:40
宮城 東北学院大学 [依頼講演]空間光衛星通信におけるReed-Solomon-Spinal連接符号適用の検討
佐伯尚哉岡本英二名工大)・竹中秀樹國森裕生Kolev Dimitar遠藤寛之小林優輔豊嶋守生藤原幹生佐々木雅英NICT)・青木隆朗早大)・行田弘一芝浦工大SAT2016-40 RCS2016-133
近年高速通信の需要が高まっており,これを実現する重要なインフラの一つとして光衛星通信が注目を集めている.空間光通信は深宇... [more] SAT2016-40 RCS2016-133
pp.43-48(SAT), pp.25-30(RCS)
IT 2014-07-18
09:30
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス GMD復号法を利用した難読QRコードの認識精度向上
古本啓祐草薙祥広森井昌克神戸大IT2014-27
QRコードに代表される二次元コードは在庫管理や連絡先の伝達といった従来の用途に加えて,近年は空港における搭乗の際や診療時... [more] IT2014-27
pp.89-94
ISEC, IT, WBS
(共催)
2014-03-11
14:35
愛知 名古屋大学 東山キャンパス 組織Reed-Solomon符号を用いた秘密分散法とその応用について
山嵜彰一郎松嶋智子大野成義職能開発大IT2013-88 ISEC2013-117 WBS2013-77
秘密分散法は,ある秘密情報をn個のシェアと呼ばれる情報に分散させ,このとき,k個のシェアを集めなければ,元の秘密情報を復... [more] IT2013-88 ISEC2013-117 WBS2013-77
pp.215-220
SIS 2013-12-13
13:10
鳥取 とりぎん文化会館(鳥取) 秘密分散とプリコーディングを用いたパケット無線通信の情報保護方式
山嵜彰一郎松嶋智子大野成義職能開発大SIS2013-51
秘密分散法は,ある秘密情報をn個のシェアと呼ばれる情報に分散させ,このとき,k個のシェアを集めなければ,元の秘密情報を復... [more] SIS2013-51
pp.131-136
IT 2013-07-26
10:10
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス インバーティブル誤り訂正符号を利用した3D DWTビデオ伝送の誤り耐性強化
大村光徳山嵜彰一郎松嶋智子職能開発大)・田中宏和東芝)・長谷山美紀北大IT2013-21
本稿では,3次元離散ウェーブレット変換(three-dimensional discrete wavelet trans... [more] IT2013-21
pp.49-53
PRMU, HIP
(共催)
2012-12-14
10:00
山形 山形大学 バーコードの互換性を維持した大容量化と秘匿化及び誤り訂正の導入
寺浦信之テララコード研)・櫻井幸一九大PRMU2012-77 HIP2012-66
現在普及しているバーコード(NW-7,CODE39)は、帳票などに印刷され、物流、産業用途等に活用されている。これらのバ... [more] PRMU2012-77 HIP2012-66
pp.43-48
ICSS 2011-11-18
15:00
徳島 鳴門教育大学 安全性と信頼性を両立した分散ストレージシステムの提案
蓑輪 正NICTICSS2011-35
ネットワークで繋がったスマートフォン等の情報機器が扱うデータが大容量化するに伴い、長期的かつ安定的に大量データをセキュア... [more] ICSS2011-35
pp.19-24
ICM, LOIS
(共催)
2011-01-20
16:15
長崎 長崎歴史文化博物館 QRコードへの画像埋め込みに関する検討と提案
藤田和謙栗林 稔森井昌克神戸大ICM2010-40 LOIS2010-51
近年,QRコードと呼ばれる2次元コードが広告冊子やWebページに多数掲載されURL等,情報サイトへの誘導に利用されている... [more] ICM2010-40 LOIS2010-51
pp.39-44
RCS, AN, MoNA, SR
(併催)
2009-03-06
09:20
神奈川 YRP Soft-Decision Decoding of Block Codes -- A Factor-Graph Approach --
Yongmei Wei・○Kambiz HomayounfarPHYBITRCS2008-270
Linear block codes capable of correcting a burst of bit erro... [more] RCS2008-270
pp.343-348
IT 2008-07-24
11:20
千葉 東京大学(柏キャンパス) ネットワーク符号化におけるリード・ソロモン型符号の距離分布について
富永昌文阪大)・安永憲司関西学院大)・藤原 融阪大IT2008-9
ネットワーク上での通信において,送信ノードから受信ノードへの経路上の中間ノードで符号化処理を行う手法をネットワーク符号化... [more] IT2008-9
pp.7-10
ISEC 2007-09-07
09:50
東京 機械振興会館 多重符号化を利用した階層的な秘密分散法の検討
川島千種職能開発大)・吉田隆弘早大)・松嶋智子職能開発大ISEC2007-76
本論文ではRS符号の多重符号化を利用した階層的なアクセス構造を持つ秘密分散法について検討を行う.同じサイズのガロア体上の... [more] ISEC2007-76
pp.17-23
IT 2007-05-18
15:15
山形 伝国の杜(米沢) リードソロモン符号化Code Selection法の非線形アンプを用いたマルチキャリアシステムへの適用に関する検討
蒋 慶雲田中宏和東芝)・山嵜彰一郎職能開発大IT2007-4
最大瞬時電力対平均電力(PAPR)が小さくなるように提案されているコード選択(Code Selection)法のBER特... [more] IT2007-4
pp.19-24
IT, ISEC, WBS
(共催)
2007-03-16
11:10
群馬 群馬大学(桐生キャンパス) On a soft-input and output iterative decoding algorithm for Reed-Solomon codes
Hitoshi TokushigeKenichi ArimotoMasami MohriYasutada OohamaUniv. of Tokushima
Reed-Solomon(RS)積符号に対する逐次型復号法が提案されている. その逐次型復号法の内部では, 最小距離d_... [more] IT2006-112 ISEC2006-167 WBS2006-109
pp.161-166
SAT 2006-02-17
14:50
石川 金沢工業大学 スポッティバイト誤り制御符号評価回路の開発
笹田武志金子晴彦JAXA)・今城英樹日立インフォメーションテクノロジー
衛星搭載用半導体メモリ装置(SSR)に記録したデータは,宇宙放射線の影響によりソフトエラー(ビット反転)が発生するため,... [more] SAT2005-57
pp.43-48
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会