お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 55件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, IN
(併催)
2020-03-06
14:00
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬 帯域保証サービスのための回帰型深層学習モデルを用いた経路設計法
伊藤 真見越大樹大山勝徳西園敏弘日大NS2019-240
帯域保証サービスの経路設計に深層ニューラルネットワークを用いる方法を提案する.提案方式は,経路計算成功率の向上とトラヒッ... [more] NS2019-240
pp.353-358
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2020-03-05
14:55
沖縄 沖縄県青年会館 [記念講演]A Tuning-Free Hardware Reservoir Based on MOSFET Crossbar Array for Practical Echo State Network Implementation
Yuki KumeSong BianTakashi SatoKyoto Univ.VLD2019-118 HWS2019-91
エコーステートネットワーク(ESN)はリカレントニューラルネットワークの一種である. 入力・中間層で構成されるランダムか... [more] VLD2019-118 HWS2019-91
pp.139-144
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2020-03-06
16:50
沖縄 沖縄県青年会館 2つのMOSFETリザバー用いたエコーステートネットワークの性能評価
久米祐貴辺 松名倉健太佐藤高史京大VLD2019-136 HWS2019-109
エコーステートネットワーク(ESN)は,ランダムかつ固定的な重みを持つリザバーを用いることが特 徴のリカレントニューラル... [more] VLD2019-136 HWS2019-109
pp.245-250
NC, MBE
(併催)
2020-03-06
14:55
東京 電気通信大学 SOMと階層型クラスタリングの組み合わせに基づく気象条件の効率的なクラスタマッピング
大沢和暉亀井圭史西日本工大)・石川眞澄九工大NC2019-113
近年,深層学習(AI)による社会実装が試みられているがAIが下した判断根拠を示すことが困難であるために,社会実装が困難な... [more] NC2019-113
pp.213-218
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2020-03-03
11:00
沖縄 沖縄県青年会館 様相μ計算によるRNNのモデル検査
青島達大碓井利宣NTTICSS2019-88
機械学習モデルは,自動運転やロボティクス,工場の作業自動化など,様々なサイバーフィジカルシステムへ適用されている.しかし... [more] ICSS2019-88
pp.119-124
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
10:30
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [依頼講演]AIを用いたSFC基盤自動制御技術の研究開発
平山孝弘NICT
サービス機能チェイニング(SFC)技術により、IoTやモバイルアプリケーションなどの多様なサービスを柔軟に提供することが... [more]
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
14:10
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]ネットワーク運用管理における時系列データ予測による異常予兆検知手法
正木健太阿多信吾阪市大
近年,ネットワーク運用管理の中で何らかの異常がネットワークに発生した際,迅速に障害復旧を行うための異常を検知するシステム... [more]
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2019-11-21
10:45
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス 深層学習を用いたネットワークトラヒック予測における属性情報の有用性の検討
徳山雄丈福島行信樽谷優弥横平徳美岡山大NS2019-122
ネットワーク事業者が設備投資やトラヒックエンジニアリングを適切に実施するためには,将来のトラヒック量を極力正確に予測する... [more] NS2019-122
pp.13-18
AI 2019-09-14
09:30
鹿児島 霧島自然ふれあいセンター リカレントニューラルネットワークを用いた鬼怒川の洪水時水位予測
伊藤毅彦金子 凌片岡智哉小野村史穂二瓶泰雄東京理科大AI2019-26
気候変動に伴う深刻な豪雨災害への対策として,河川洪水予測の精度向上は急務である.本研究では,急・緩勾配区間を有する鬼怒川... [more] AI2019-26
pp.43-44
CCS, NLP
(共催)
2019-06-07
14:45
新潟 まちな かキャンパス長岡 「カオスの縁」の前に ~ Echo State Networkの短期記憶について ~
春名太一東京女子大)・中嶋浩平東大NLP2019-23 CCS2019-6
小さな入力に駆動された離散時間の非線形なリカレントニューラルネットワークの短期記憶能力について調べた。平均場理論を入力が... [more] NLP2019-23 CCS2019-6
pp.25-29
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-15
10:25
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) 条件付き階層再帰型エンコーダデコーダに基づく複数人会話音声認識向け言語モデル
増村 亮田中智大安藤厚志大庭隆伸青野裕司NTTEA2018-131 SIP2018-137 SP2018-93
本稿では,会話に登場する各話者の役割が明確な複数人会話(ロールプレイ会話) 向けの新たな言語モデルを提案する.提案手法の... [more] EA2018-131 SIP2018-137 SP2018-93
pp.191-196
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-15
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]てんかん性脳波異常区間のディープニューラルネットワークを用いた検出法
庄司拓句東京農工大)・吉田 登順天堂大医学部附属練馬病院)・福森航輔田中聡久東京農工大EA2018-136 SIP2018-142 SP2018-98
てんかんは,世界で5000万人以上の患者がいるとされる慢性の脳疾患である.その診断において頭皮脳波は重要な診断材料であり... [more] EA2018-136 SIP2018-142 SP2018-98
pp.217-222
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-15
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]RNNを用いた発作間欠時脳波からのてんかん発作起始領域の推定
ニャムラダナー ビャムバドルジ福森航輔田中聡久東京農工大)・飯村康司三橋 匠菅野秀宣順天堂大EA2018-138 SIP2018-144 SP2018-100
てんかんは発作を伴う脳神経疾患である. てんかんの原因部位である発作起始領域(てんかん焦点)は, 患者の頭蓋内脳波を測定... [more] EA2018-138 SIP2018-144 SP2018-100
pp.229-231
IN, NS
(併催)
2019-03-05
14:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター エンコーダ・デコーダRNNを用いたサービスファンクション移行スケジューリング手法の検討
平山孝弘宮澤高也地引昌弘ベド カフレNICTIN2018-142
サービス機能チェイニング(SFC)技術により、IoTやモバイルアプリケーションなどの多様なサービスを柔軟に提供することが... [more] IN2018-142
pp.349-354
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-02-20
16:15
北海道 北海道大学 [招待講演]Automatic Gaze Correction based on Deep Learning and Image Warping【ICCE2019 報告】
瀬尾昌孝山本敬彦立命館大)・北島利浩サムスン)・陳 延偉立命館大
When people take a selfie photo or talk through a video chat... [more]
NC, MBE
(併催)
2018-12-15
15:15
愛知 名古屋工業大学 再帰的ニューラルネットワークを用いた文カテゴリ分類の精度向上
小室光広佐藤裕二法政大NC2018-36
昨今様々な対話アシスタント製品が登場している.一方,その多くはユーザの発話に対して文のニュアンスを十分理解するほどの柔軟... [more] NC2018-36
pp.47-50
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2018-09-21
11:10
福岡 福岡工業大学 [招待講演]Reservoir Computingの展開
中嶋浩平東大PRMU2018-60 IBISML2018-37
本論文では、Reservoir Computingにおける代表的なモデルシステムであるEcho State Networ... [more] PRMU2018-60 IBISML2018-37
pp.149-154
CQ 2018-07-20
13:50
宮城 東北大学 Traffic Matrix Prediction based on Bidirectional Recurrent Neural Network and Long Short-Term Memory
Van An LePhi Le NguyenSokendai(The Graduate University for Advanced Studies))・Yusheng JiNIICQ2018-40
Accurate prediction of the future network traffic plays an i... [more] CQ2018-40
pp.51-56
NLP, CCS
(共催)
2018-06-10
10:45
京都 京都テルサ 再帰型相互情報量最大化によって最適化した再帰型ニューラルネットワークの情報処理能力
岩出 尚京大)・中嶋浩平東大/JSTさきがけ)・田中琢真滋賀大)・青柳富誌生京大NLP2018-42 CCS2018-15
再帰型リカレントニューラルネットワーク(Recurrent Neural Network,以下RNN)が持つ固有のダイナ... [more] NLP2018-42 CCS2018-15
pp.79-84
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-02-15
11:15
北海道 北海道大学 再帰型ニューラルネットワークを用いたサッカー映像における基本戦術の推定に関する検討
鈴木元樹高橋 翔小川貴弘長谷山美紀北大
本稿では,再帰型ニューラルネットワークに基づいてサッカー映像における戦術を推定する手法を提案する.
一般に,サッカー競... [more]

 55件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会