お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 75件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2021-12-01
10:35
ONLINE オンライン開催 不揮発性FFを用いたマルチコンテキストCGRA
亀井愛佳小島拓也天野英晴慶大)・横山大輝宮内陽里宇佐美公良芝浦工大)・平賀啓三鈴木健太ソニーセミコンダクタソリューションズVLD2021-20 ICD2021-30 DC2021-26 RECONF2021-28
近年,バッテリー駆動のエッジデバイスでは計算性能と並びアイドル時の省電力性能が重要視される.またIoT 端末に高頻度の間... [more] VLD2021-20 ICD2021-30 DC2021-26 RECONF2021-28
pp.19-24
RECONF 2020-05-29
10:50
ONLINE オンライン開催 SA法のコスト関数として配置品質判定ニューラルネットワークを用いた再構成可能デバイスの配置アルゴリズムの提案
夏目優一鎌田時生窪田昌史谷川一哉弘中哲夫広島市大RECONF2020-13
再構成可能デバイスでは,配置配線結果によってその回路性能が大きく異なるため,できるだけ最適な配置配線を行う必要がある.
... [more]
RECONF2020-13
pp.71-76
PN 2019-11-14
17:20
神奈川 慶應義塾大学 再構成可能通信処理プロセッサを用いたネットワークベースのDDoS防御手法
住田直人村上正樹西尾 優岡本 聡山中直明慶大PN2019-26
トラフィックの増加とサービスの多様性に対処するために,フォトニックネットワークプロセッサ(PNP)が提案されている.PN... [more] PN2019-26
pp.15-22
HWS, VLD
(共催)
2019-02-27
13:05
沖縄 沖縄県青年会館 ビアスイッチFPGAの消費電力評価のための配線容量モデル
夏原明日香今川隆司越智裕之立命館大VLD2018-97 HWS2018-60
本稿では,ビアスイッチと呼ばれる新しいナノデバイスを用いたFPGA上に実装するアプリケーション回路の消費電力を配置配線前... [more] VLD2018-97 HWS2018-60
pp.25-30
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2018-12-06
09:00
広島 サテライトキャンパスひろしま Resources Utilization of Fine-grained Overlay Architecture
Theingi MyintKumamoto)・Qian ZhaoKyutech)・Motoki AmagasakiMasahiro IidaToshinori SueyoshiKumamotoRECONF2018-37
 [more] RECONF2018-37
pp.15-20
DC 2018-02-20
16:10
東京 機械振興会館 メモリベース再構成デバイスMRLDにおけるブリッジ接続故障のテスト方法
王 森レイ小川達也樋上喜信高橋 寛愛媛大)・佐藤正幸勝 満徳TRL)・関口象一太陽誘電DC2017-87
MRLD とは、メモリ機能も備える新しい再構成可能論理デバイスである。MRLD の基本要素となるMLUT(Multipl... [more] DC2017-87
pp.61-66
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
(連催) [詳細]
2018-01-19
11:05
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 ビアスイッチ向けプログラマブルロジック0-1-A-~A LUTの電力効率について
夏原明日香今川隆司越智裕之立命館大VLD2017-80 CPSY2017-124 RECONF2017-68
本稿では,ビアスイッチと呼ばれるナノデバイスを用いたプログラマブルロジックである0-1-$A$-$overline{A}... [more] VLD2017-80 CPSY2017-124 RECONF2017-68
pp.107-112
MW 2017-11-10
12:35
沖縄 宮古島マリンターミナルビル 直接並列接続によるSHF帯デュアルバンドリコンフィギャラブルバンドパスフィルタの設計および解析
加田ゆうき山尾 泰電通大MW2017-134
近年,ワイヤレス通信の高速化・大容量化の要求がますます高まっている.このため逼迫する周波数資源を有効に活用する技術として... [more] MW2017-134
pp.121-126
VLD, DC
(共催)
CPM, ICD, IE
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2016-11-29
10:30
大阪 立命館大学大阪いばらきキャンパス 原子移動型スイッチを用いた小面積なプログラマブルロジックとそのための遅延最適なテクノロジマッピング手法
東 俊輝越智裕之立命館大RECONF2016-45
本稿では、0-1-$A$-$overline{A}$ LUTの遅延モデルと、それを用いたマッピング手法を提案する。0-1... [more] RECONF2016-45
pp.29-34
VLD, DC
(共催)
CPM, ICD, IE
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2016-11-29
09:25
大阪 立命館大学大阪いばらきキャンパス 超低消費電力再構成可能アクセラレータCC-SOTB2の実装と評価
増山滉一朗安藤尚輝松下悠亮奥原 颯天野英晴慶大VLD2016-54 DC2016-48
Cool mega array(CMA)は,近年のウェアラブル機器やIoTに搭載するためのチップとしてsilicon o... [more] VLD2016-54 DC2016-48
pp.61-66
MSS 2016-03-04
11:00
山口 海峡メッセ下関 CAME: A Novel Fast Connectivity-Aware MER Enumeration Algorithm for the Online Task Placement on Partially Reconfigurable Device
Tieyuan PanLian ZengWaseda Univ.)・Yasuhiro TakashimaUniv. of Kitakyushu)・Takahiro WatanabeWaseda Univ.MSS2015-82
 [more] MSS2015-82
pp.79-84
RECONF 2015-06-20
15:50
京都 京都大学 極大未使用矩形領域列挙による動的再構成デバイスでのオンラインタスク配置アルゴリズム
潘 鉄源朱 力曾 濂渡邊孝博早大)・高島康裕北九州市大RECONF2015-26
近年,製造技術の進歩に伴ない,組み込みシステムの複雑度が高まっている.その結果として,システムを実装したチップの性能だけ... [more] RECONF2015-26
pp.141-146
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2014-11-26
09:40
大分 ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) タイミングエラー予測回路による再構成可能デバイス上でのデータ依存最適化回路設計
川村一志阿部晋矢史 又華柳澤政生戸川 望早大VLD2014-80 DC2014-34
LSI内部の各パス遅延は入力データに応じて様々に変動する.
この性質を利用することで,計算精度をわずかに落としながらも... [more]
VLD2014-80 DC2014-34
pp.51-56
RECONF 2014-06-12
11:40
宮城 片平さくらホール 低電力リコンフィギャラブルアクセラレータCMA-SOTBのボディバイアス制御
藤田 悠蘇 洪亮天野英晴慶大RECONF2014-8
バッテリー駆動の低消費電力高効率処理のデバイスとしてシリコンの Thin... [more] RECONF2014-8
pp.37-42
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2014-01-29
10:25
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 動的再構成プロセッサMuCCRA-4 の実装
片桐 徹天野英晴慶大VLD2013-122 CPSY2013-93 RECONF2013-76
動的再構成プロセッサ(DRPA:Dynamically Reconfigurable Processor Array)
... [more]
VLD2013-122 CPSY2013-93 RECONF2013-76
pp.119-124
RECONF 2013-05-21
10:35
高知 高知県民文化ホール 低消費電力アクセラレータCMAの演算終了時間における投機的データ収集機構の実装
宇野理恵小崎信明伊澤麻衣津坂章人宮島敬明天野英晴慶大RECONF2013-11
Cool Mega Array(CMA)は,バッテリー駆動のモバイル機器向けに提案された低消費電力なアクセラレータである... [more] RECONF2013-11
pp.55-60
ICD 2013-04-12
08:30
茨城 産業技術総合研究所 つくばセンター [招待講演]相補型原子スイッチを用いたプログラマブルロジックでのRTL記述からの回路マッピング
宮村 信多田宗弘阪本利司伴野直樹岡本浩一郎井口憲幸波田博光超低電圧デバイス技研組合ICD2013-12
低電圧プログラミングが可能な相補型原子スイッチを用いた不揮発プログラマブルセルを開発し、3x3セルアレイ規模での回路のマ... [more] ICD2013-12
pp.55-59
RECONF 2012-05-29
11:25
沖縄 沖縄県男女共同参画センター 超低電力アクセラレータCMAにおける構成情報削減を目指したPEアレイ接続網の最適化
宇野理恵小崎信明天野英晴慶大RECONF2012-6
Cool Mega Array(CMA)は,バッテリー駆動のモバイル機器向けに提案された低電
力なアクセラレータである... [more]
RECONF2012-6
pp.31-36
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2012-01-25
16:20
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス リコンフィギャラブルプロセッサSTPを用いた省電力ネットワークトポロジの高速近似解法
平尾明子竹下秀俊米津 遥岡本 聡山中直明慶大VLD2011-102 CPSY2011-65 RECONF2011-61
近年,インターネットは非常に人々の生活に身近なものとなり,利用者も急激に増加している.それに伴いトラヒック量及びネットワ... [more] VLD2011-102 CPSY2011-65 RECONF2011-61
pp.67-72
SAT 2011-12-13
13:55
愛知 名古屋大学 Acquisition and tracking in inter-satellite communication with dynamically reconfigurable optical device
Kaori NishimakiAtsushi OkamotoYuta WakayamaAkihisa TomitaHokkaido Univ.)・Yoshihisa TakayamaNICTSAT2011-62
We propose an innovative acquisition and tracking system usi... [more] SAT2011-62
pp.137-140
 75件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会