お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS 2021-06-25
14:00
ONLINE オンライン開催 有相関レイリーフェージングチャネルにおける準最適ジョイント送受信ダイバーシチの理論検討
安達文幸高橋 領東北大RCS2021-73
最適ジョイント送受信ダイバーシチ(JTRD)では,複合チャネル利得を最大化するように送信側と受信側が協調してダイバーシチ... [more] RCS2021-73
pp.255-260
IT 2020-12-03
14:20
ONLINE オンライン開催 レイリーフェージング環境下3ノード双方向協調通信における最大比合成を用いた有限長伝送システムの性能解析
神原征弥木村共孝程 俊同志社大IT2020-56
本稿では,レイリーフェージング環境下における3ノード協調通信システムの有限長伝送の性能を解析する.ユーザ1,2が中継を介... [more] IT2020-56
pp.171-176
SR 2018-10-30
10:30
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [ポスター講演]上り回線非直交多元接続(NOMA)における周波数領域等化を適用したシングルキャリア伝送
真山健大秋元浩平亀田 卓末松憲治東北大SR2018-63
本稿では,周波数領域等化を用いるシングルキャリア伝送 (SC-FDE: single-carrier frequency... [more] SR2018-63
pp.11-12
RCS 2014-06-17
09:40
沖縄 沖縄県青年会館(那覇) QZSSショートメッセージSS-CDMA通信のレイリーフェージング環境における基本特性
秋元浩平三宅裕士亀田 卓平 明徳末松憲治高木 直坪内和夫東北大RCS2014-37
日本の天頂付近に8時間程度留まることが可能な準天頂衛星(QZS)を活用し,高精度な位置情報とポケベル程度の簡単なデータ/... [more] RCS2014-37
pp.31-36
NS, IN
(併催)
2013-03-08
15:50
沖縄 残波岬ロイヤルホテル 干渉推定方式がIEEE 802.16jリレーネットワークの性能に与える影響
三根量輔長谷川 剛谷口義明中野博隆阪大NS2012-224
IEEE 802.16j マルチホップリレーネットワークにおけるタイムスロット割り当てでは,リンク間の干渉関係を推定する... [more] NS2012-224
pp.343-348
RCS, SR, SRW
(併催)
2013-02-27
13:40
東京 早稲田大学 空間相関シャドウイングを考慮した分散MIMOシステムのチャネル容量評価
趙 欧村田英一吉田 進京大RCS2012-294
分散アンテナシステム(DAS)におけるMIMO伝送のチャネル容量改善効果を明確にするために,特にシャドウイングの空間相関... [more] RCS2012-294
pp.61-66
SR, AN, USN, RCS
(併催)
2012-10-18
09:50
福岡 福岡大学 分散MIMOシステムにおけるシャドウイングの空間相関を考慮したチャネル容量に関する一検討
趙 欧村田英一吉田 進京大RCS2012-137 SR2012-57 AN2012-31 USN2012-34
分散アンテナシステム(DAS)におけるMIMO伝送のチャネル容量改善効果を明確にするために,特にシャドウイングの空間相関... [more] RCS2012-137 SR2012-57 AN2012-31 USN2012-34
pp.75-80(RCS), pp.133-138(SR), pp.45-50(AN), pp.39-44(USN)
IT 2012-09-28
14:00
群馬 草津セミナーハウス LLR Calculation for Iterative Decoding on Rayleigh Fading Channels using Pade Approximation
Gou HosoyaMikio HasegawaHiroyuki YashimaTokyo Univ. of ScienceIT2012-43
 [more] IT2012-43
pp.69-74
SIS 2010-03-05
14:10
神奈川 神奈川工科大学 情報棟3F 305室 伝送シンボルにパイロット系列を挿入したOFDM方式に関する検討
山野寛之山嵜彰一郎職能開発大SIS2009-73
OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)の送信機において,$N$... [more] SIS2009-73
pp.135-140
IT 2010-01-08
09:40
海外 ハワイ大学 Theoretical Analysis of Collaborative Multi-Hop Transmission over Block Rayleigh Fading Channels
Naoki NishimuraKoji IshibashiTadahiro WadaShizuoka Univ.IT2009-60
If sensor nodes cannot support multiple antennas due to size... [more] IT2009-60
pp.47-52
SR 2009-07-30
11:45
東京 東工大 Transmission Schemes of Cognitive Radio System with Power Control over Rayleigh Fading
Chen SunYohannes D. AlemsegedHa Nguyen TranHiroshi HaradaNICTSR2009-43
This paper addresses the transmission schemes of cognitive r... [more] SR2009-43
pp.131-138
NS, RCS
(併催)
2009-07-16
11:00
北海道 北海道大学 Cooperative Diversity Can Mitigate Keyhole Effects in Wireless MIMO Systems
Oussama SouihliTomoaki OhtsukiKeio Univ.RCS2009-53
 [more] RCS2009-53
pp.1-6
RCS 2009-06-26
15:35
愛知 名大 A novel QoS-Aware Joint Feedback and Scheduling Scheme for Multiuser MIMO Systems
Oussama SouihliTomoaki OhtsukiKeio Univ.RCS2009-52
 [more] RCS2009-52
pp.137-142
RCS, AN, MoNA, SR
(併催)
2009-03-06
11:35
神奈川 YRP ブロックレイリーフェーディング環境における協力マルチホップ伝送のエンドツーエンドフレーム誤り率の理論解析
西村直記石橋功至和田忠浩静岡大RCS2008-259
本稿では,3種類のマルチホップ伝送方式の送信元-宛先間のフレーム誤り率(End-to-End FER)を解析する.具体的... [more] RCS2008-259
pp.277-282
RCS, AN, MoNA, SR
(併催)
2009-03-06
10:35
神奈川 YRP The Two-Way MIMO Wire-Tap Channel
Oussama SouihliTomoaki OhtsukiKeio Univ.RCS2008-273
We consider the popular security problem of ensuring the com... [more] RCS2008-273
pp.361-366
AP 2008-05-15
15:15
長崎 佐世保高専 見通し環境を含むダブルフェージングMIMOチャネルの統計解析
谷口哲樹唐沢好男鶴田 誠電通大AP2008-16
本報告では見通し環境を含む独立 (ただし中心成分)かつ同一分布を持つMIMOダブルフェージング (ここではこれをダブル仲... [more] AP2008-16
pp.29-34
RCS, AN
(併催)
2007-08-23
13:50
新潟 新潟大 アドホックネットワークにおける高信頼伝送のための環境認識型経路バイパス法
長尾研一山尾 泰電通大RCS2007-56
アドホックネットワークでは複数のリンクからなる経路によりマルチホップ通信を行うため,リンクの通信信頼度が経路全体の通信信... [more] RCS2007-56
pp.19-23
AP 2006-10-19
13:00
京都 京大(桂) On the distribution densities of capacity fade and inter-fade time intervals over SISO Rayleigh mobile fading channels
Neji YoussefTsutomu KawabataUniv. of Electro-commun.AP2006-81
The distribution densities of capacity fade and inter-fade d... [more] AP2006-81
pp.29-33
RCS 2006-09-01
11:30
宮城 東北大学 Outage Performance of Frame Splitting Cooperative Communications in MIMO-based Multiuser Wireless Networks
Chen SunMakoto TaromaruATR)・Jun ChengATR/Doshisha Univ.RCS2006-123
協調動作を行う複数の送信局から同一受信局へ伝送する時,協調的ダイバーシティ効果が得られるフレーム分割法を提案する.各送受... [more] RCS2006-123
pp.109-114
RCS, SIP
(併催)
2006-01-27
14:50
福岡 九州大学 Performance Evaluation of Cyclic Wiener Filtering Based Interference Rejection under Various Channel Conditions
Anass BenjebbourTakahiro AsaiHitoshi YoshinoNTT DoCoMo
 [more] RCS2005-174
pp.113-118
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会