電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 33件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SR 2019-05-31
10:00
東京 東京ビッグサイト [技術展示]車車間通信向け高精度電波環境推定手法の検討
片桐啓太藤井威生電通大
高信頼な車車間(V2V: Vehicle-to-Vehicle)通信の実現には,電波伝搬の場所依存性を考慮した高精度な伝... [more] SR2019-18
pp.107-112
SR 2019-01-24
16:35
福島 コラッセふくしま(福島県福島市) モデル分類器を用いた高精度電波環境推定手法の検討
片桐啓太小野瀬圭太電通大)・佐藤光哉東京理科大)・稲毛 契都立産技高専)・藤井威生電通大
高精度な電波環境推定手法として,実観測型スペクトラムデータベース(Measurement-based Spectrum ... [more] SR2018-108
pp.79-84
SR 2019-01-25
14:50
福島 コラッセふくしま(福島県福島市) 実観測型スペクトラムデータベースを用いたマイクロオペレータ間の高密度周波数共用手法の検討
中條宏郁青木祐也片桐啓太藤井威生電通大
第5世代移動通信システム(5G)において,複数のスモールセルを柔軟かつ拡張的に配置するマイクロオペレータやローカル5Gと... [more] SR2018-115
pp.117-122
SR 2019-01-25
15:15
福島 コラッセふくしま(福島県福島市) セルラシステム帯域における電波環境マップの周波数補間法に関する検討
小野瀬圭太片桐啓太電通大)・佐藤光哉東京理科大)・稲毛 契都立産技高専)・藤井威生電通大
高精度な電波環境推定手法として,移動端末が取得した周囲の無線環境情報に基づいて周波数の利用状況を推定する実観測型スペクト... [more] SR2018-116
pp.123-128
SR 2018-10-31
10:25
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [ポスター講演]Power Control exploiting Spectrum Database for V2V Communication Systems
Keita KatagiriUEC)・Koya SatoTUS)・Takeo FujiiUEC
 [more] SR2018-76
pp.39-40
SRW 2018-08-20
16:25
岡山 岡山大学 [招待講演]Localization of Unknown Radios in Urban Environments -- On-campus Experiment Results --
Azril HanizGia Khanh TranKei SakaguchiJun-ichi TakadaTokyo Tech.)・Toshihiro YamaguchiTsutomu MitsuiShintaro ArataKoden
 [more] SRW2018-20
pp.63-68
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-12
09:30
北海道 函館アリーナ 協調センシングにHMMを用いた時空間電波環境データベース構築法
青木祐也藤井威生電通大
近年,コグニティブ無線を用いた周波数共用の実現のために,電波環境データベース(RED:Radio Environment... [more] SR2018-30
pp.57-64
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-12
10:20
北海道 函館アリーナ 無線環境認識の効率化に向けた電波伝搬特性の周波数相関性の実験的検証
小野瀬圭太電通大)・佐藤光哉東京理科大)・稲毛 契都立産技高専)・藤井威生電通大
コグニティブ無線による周波数共用の効率化に向け,移動端末が取得した周囲の無線環境情報に基づいて周波数の利用状況を推定する... [more] SR2018-32
pp.73-78
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-03-02
09:00
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク [依頼講演]Machine Learning Based Regression of Fingerprint Database for Unknown Radio Localization
Azril HanizGia Khanh TranKei SakaguchiJun-ichi TakadaTokyo Tech)・Toshihiro YamaguchiTsutomu MitsuiShintaro ArataKoden Electronics
 [more] SR2017-129
pp.81-88
SR 2018-01-26
10:55
福岡 福岡大学 クラウドセンシングによる無線環境データベース精度向上のためのキャリブレーション手法
伊藤海峰小野瀬圭太佐藤光哉電通大)・稲毛 契都立産技高専)・藤井威生電通大
コグニティブ無線(CR: Cognitive Radio)による周波数共用において,既存ユーザ(PU: Primary ... [more] SR2017-103
pp.57-62
SIP, IT, RCS
(共催)
2018-01-23
16:00
香川 サンポートホール高松 高密度無線アクセス環境における端末分布に応じたデータベース参照型無線リソース制御法
若尾佳佑アベセカラ ヒランタ河村憲一鷹取泰司NTT
無線アクセスシステムの大容量化に向けた無線基地局の高密度化に伴い, セル間干渉による周波数利用効率の劣化が深刻となる. ... [more] IT2017-101 SIP2017-109 RCS2017-315
pp.267-272
SR, SRW
(併催)
2017-10-23
14:00
海外 Grand Hotel Palatino, Rome, Italy [ポスター講演]Experimental Verification of Frequency-Correlation for Radio Environment Recognition Using Crowd Sensing
Keita OnoseKoya SatoUEC)・Kei InageTMCIT)・Takeo FujiiUEC
 [more] SR2017-74 SRW2017-26
pp.27-28(SR), pp.31-32(SRW)
SR 2017-05-26
10:00
東京 東京ビッグサイト(ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2017 会場内) [技術展示]協調型自動運転の通信信頼度向上のための電波環境マップの構築
片桐啓太佐藤光哉藤井威生電通大
高信頼な車車間(Vehicle-to-Vehicle : V2V)通信の実現には,周辺環境を認識し通信信頼度を向上させる... [more] SR2017-13
pp.75-80
RCS, CCS, SR, SRW
(併催)
2016-03-03
10:15
東京 東京工業大学 フェージング環境におけるプライマリユーザ信号の時間的変化を考慮したデータベース精度向上法の検討
王 昊佐藤光哉藤井威生電通大
周波数枯渇問題の解決に向け,コグニティブ無線を用いた周波数共用による実用的な電波環境推定技術として電波環境データベースが... [more] SR2015-99
pp.65-70
SR, SRW
(併催)
2015-10-27
09:30
東京 構造計画研究所(本所新館) [ポスター講演]Active Period Detection Method of Primary Signal for Radio Environment Database
Hao WangTakeo FujiiUEC
As a solution to the spectrum shortage problem, a Radio Envi... [more] SR2015-50 SRW2015-31
pp.21-22
SR 2015-05-28
13:00
兵庫 明石市立産業交流センター 重み付け協調センシングおよび電波環境データベースを用いたプライマリユーザの状態遷移検出法の一検討法
王 昊藤井威生電通大
%和文あらまし
コグニティブ無線を用いた周波数共用において,周波数の二次利用者(SU: Secondary User... [more]
SR2015-1
pp.1-6
SR 2015-05-28
13:25
兵庫 明石市立産業交流センター 市街地環境における電波環境データベース連携による高さ方向の信号電力推定
市川浩次王 昊佐藤光哉藤井威生電通大
コグニティブ無線による周波数共用が注目されている.周波数共用では,周波数の二次利用ユーザは既存の周波数割り当て済みユーザ... [more] SR2015-2
pp.7-12
SR 2015-01-30
10:05
北海道 KKR はこだて 方位角特性を考慮した伝搬損失推定に関する実環境データを用いた評価
堀端研志菅野一生長谷川晃朗ATR)・前山利幸ATR/拓殖大)・武内良男ATR
筆者らは,少ない受信点で測定した受信電力データを有効に利用して既存システムの波源到達範囲を推定することで,ホワイトスペー... [more] SR2014-104
pp.63-68
SR 2014-10-31
13:00
海外 I2R, シンガポール [ポスター講演]Statistical Propagation Channel Interpolation for Detecting Illegal Radio Emitters in Urban Environments
Azril HanizGia Khanh TranRyosuke IwataTokyo Inst. of Tech.)・Kei SakaguchiOsaka Univ.)・Jun-ichi TakadaTokyo Inst. of Tech.)・Daisuke HayashiToshihiro YamaguchiShintaro ArataKoden Electronics
 [more] SR2014-83
pp.143-150
SR 2014-10-31
13:00
海外 I2R, シンガポール [技術展示]Field Tests of Measurement-based Spectrum Database over TV Bands
Koya Sato・○Takashi KosugiMasayuki KitamuraYuya OhueTakeo FujiiUniv. of Electro-Comm.
In order to achieve highly efficient spectrum sharing, we ha... [more] SR2014-91
pp.181-182
 33件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会