お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMCJ 2017-11-22
10:25
東京 機械振興会館 Evaluation of the Influence of Reflection from Wave Absorber to Body Area Measurement in Anechoic Chamber Using RMS Time Delay
Kosorl ThournTakahiro AoyagiJun-ichi TakadaTokyoTechEMCJ2017-66
In this paper, several conditions such as absorber structure... [more] EMCJ2017-66
pp.13-16
MW
(ワークショップ)
2011-08-10
- 2011-08-12
海外 KMITL, Ladkrabang, Thailand Indoor Propagation Channel Model with Ray Tracing for Wireless Communications
Myo Myint MawSathaporn PromwongKMITL)・Jun-ichi TakadaTIT
In this paper, indoor propagation channel is modeled for wir... [more]
AP 2007-02-08
13:50
東京 機械振興会館(東京開催に変更) Wideband Double-Directional Channel Measurements in a Small-Urban Macrocell at 4.5 GHz
Lawrence MaterumKriangsak SivasondhivatJun-ichi TakadaTokyo Inst. of Tech.)・Ichirou IdaYasuyuki OishiFujitsu Limited.AP2006-138
 [more] AP2006-138
pp.13-17
RCS, CS
(共催)
2005-01-28
13:00
沖縄 琉球大学 Adaptive Sub-carrier Block Modulation with Differentially Modulated Pilot Symbol Assistance for Down-link OFDM Using Up-link Delay Spread
Chang-Jun AhnSatoshi TakahashiHiroshi HaradaNICT
ダウンリンクOFDMにおいて、アップリンク遅延スプレッドを利用して、差動変調されたパイロットシンボルの助けにより適応的に... [more] CS2004-191 RCS2004-298
pp.49-54
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会