お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WPT, AP
(併催)
2021-01-22
13:50
ONLINE オンライン開催 マイクロ波帯RF-DC変換回路が高効率動作する整合回路インピーダンスの検討
小林健輔藤森和博岡山大WPT2020-32
マイクロ波帯での送電やエナジーハーベスティングでは,高効率なレクテナ,RF-DC変換回路が求められる.RF-DC変換回路... [more] WPT2020-32
pp.12-14
MW 2020-11-19
13:30
ONLINE オンライン開催 複数の共振モードを用いる高感度・広帯域ダイオード整流器の検討
大野 桂田中愼一芝浦工大MW2020-66
RFエネルギーハーベスティングへの応用に向け、これまでダイオード寄生容量と直列共振するコイルを用いる高感度ダイオード整流... [more] MW2020-66
pp.6-11
MW 2019-11-14
13:40
沖縄 南大東村多目的交流センター 外部インダクタと共振するダイオードを用いるRFエネルギーハーベスティング整流器
大野 桂田中愼一芝浦工大MW2019-102
RFエネルギーハーベスティングへの応用に向け、微弱電波に対してダイオード整流器の入力感度を改善する手法を提案した。この整... [more] MW2019-102
pp.13-18
WPT 2019-06-11
11:05
北海道 北海道大学 百年記念会館 遺伝的アルゴリズムを用いた自動設計手法によるRF-DC変換回路の高効率動作条件の探索
赤田拓磨藤森和博岡山大WPT2019-18
本研究では,遺伝的アルゴリズムを用いてRF-DC変換回路の設計を行い,生成された高効率な変換回路の動作を把握するべく,整... [more] WPT2019-18
pp.41-46
WPT, AP
(併催)
2019-01-17
13:55
愛知 トヨタ博物館 RF-DC変換回路の入力インピーダンスとインピーダンス整合に関する基礎検討
山本綱之久保 洋山口大WPT2018-56
非線形に変化するRF-DC変換回路の入力インピーダンスを正確に同定することが可能ならば,試行錯誤的な調整を必要としないイ... [more] WPT2018-56
pp.13-17
WPT, AP
(併催)
2019-01-18
14:00
愛知 トヨタ博物館 整流回路の直列並列分配合成による大電力化
阿部晋士西岡正悟坂井尚貴大平 孝豊橋技科大WPT2018-60
整流回路の大電力化に向けて複数の整流回路で高周波電力の整流を分担する整流回路の分配合成について報告する.
入力側の分... [more]
WPT2018-60
pp.31-36
AP 2018-10-19
09:55
岡山 岡山大学 重なる単位構造の論理和で平面回路パターンを生成する遺伝的アルゴリズムに適した突然変異に関する検討
中川賢人藤森和博岡山大AP2018-93
近年マイクロ波を用いた無線電力伝送技術が注目されている.RF-DC変換回路は,本技術にとって最も重要なキーデバイスの1つ... [more] AP2018-93
pp.25-30
WPT, EE
(併催)
2018-10-04
09:00
京都 京都大学宇治キャンパス 共鳴ブリッジT整流回路の試作
阿部晋士坂井尚貴大平 孝豊橋技科大WPT2018-36
著者らはモータや二次電池など動作状態によって抵抗値が変動するDC負荷に対しても安定に高効率な無線電力伝送を行うために,
... [more]
WPT2018-36
pp.39-43
ED, MW
(共催)
2018-01-26
09:30
東京 機械振興会館地下3階研修2号室 直列インダクタを装荷した高RF入力感度ダイオード整流器
田中克幸田中愼一芝浦工大ED2017-97 MW2017-166
整流器のダイオードに直列インダクタを装荷するとRF入力感度が飛躍的に向上することが見出され、その動作解析とそれに基づく最... [more] ED2017-97 MW2017-166
pp.19-24
WPT
(第二種研究会)
2017-12-09
- 2017-12-11
海外 シンガポール国立大学 A Study on Influences of an Internal Resistance of a Power Supply on a Self-Biased RF-DC Conversion Circuit
Tsunayuki YamamotoHiroshi KuboYamaguchi Univ.
 [more]
MW 2016-12-16
16:00
神奈川 防衛大学校 λ/4線路挿入型負荷変動圧縮整流回路のトポロジ提案 ~ 並列-並列型トポロジと直列-直列型トポロジ ~
阿部晋士山田恭平坂井尚貴大平 孝豊橋技科大MW2016-169
モータや電池など動作状態によって変動するDC負荷抵抗に対しても安定に高効率な無線電力伝送を行うために, 負荷変動しても... [more] MW2016-169
pp.211-214
EE, WPT
(併催)
2016-10-07
13:00
京都 龍谷大学 セミナーハウス ともいき荘 (京都市) K4整流回路の提案とシミュレーション検証
阿部晋士坂井尚貴大平 孝豊橋技科大WPT2016-33
モータや電池など動作状態によって変動するDC負荷抵抗値に対しても安定に高効率な無線電力伝送を行うために, 負荷変動に強い... [more] WPT2016-33
pp.79-84
ED 2016-01-20
13:55
東京 機械振興会館 [依頼講演]等価回路モデルを利用したレクテナRF-DC変換効率計算 ~ 大電力RFデバイスに適した半導体材料の検討 ~
大石敏之嘉数 誠佐賀大ED2015-116
Ga2O3やダイヤモンドなどのワイドバンドギャップ半導体が,レクテナ回路のRF-DC変換効率に与える影響を等価回路モデル... [more] ED2015-116
pp.25-29
WPT 2015-03-25
10:35
京都 京都大学宇治キャンパス 負荷特性が変動するDCモータを駆動するためのマイクロ波受電ディバイスの開発
黄 勇石川峻樹三谷友彦篠原真毅京大WPT2014-103
DCモータの負荷特性は動作状態により変動する.レクテナのRF-DC変換効率は,出力端に接続した負荷に依存する.そのため,... [more] WPT2014-103
pp.49-54
MW 2013-12-20
11:45
埼玉 埼玉大学 DC-DCコンバータを用いて弱電レクテナの効率-負荷特性の改善
黄 勇篠原真毅三谷友彦京大MW2013-170
本報告では、mW級低電力のレクテナの効率-負荷特性を改善するためにRF-DC-DC回路を提案した。レクテナのRF-DC変... [more] MW2013-170
pp.103-108
WPT
(第二種研究会)
2013-11-22
16:50
神奈川 横須賀リサーチパーク YRP1番館 [招待講演]放送、通信に用いる3周波数帯からの電磁波エネルギーの回収
北沢祥一鴨田浩和伴 弘司久々津直哉小林 聖ATR
我々は,生活空間に存在している放送や通信用の電磁波を対象としたエネルギーハーベスティングの研究開発を行っている.本報告で... [more]
MW 2013-11-22
13:30
鹿児島 鹿児島県文化センター 高効率検波器設計法の提案
祝 翔平嶋村 仁榊 裕翔西川健二郎鹿児島大MW2013-146
本論文は、低入力電力時における高効率整流回路の提案、実証を行った。整流回路は倍電圧型検波回路を提案する。入力整合回路は直... [more] MW2013-146
pp.85-90
AP 2013-04-18
14:25
兵庫 関西学院大 西宮上ケ原キャンパス 高いRF-DC変換効率を実現するレクテナアレーの不等間隔配置法
山口 聡高橋 徹本間幸洋佐々木拓郎小西善彦三菱電機AP2013-8
長距離の無線電力伝送が可能な技術として,SPS(Solar Power Satellite)に代表されるマイクロ波電力伝... [more] AP2013-8
pp.43-47
MW, ED
(共催)
2013-01-17
14:55
東京 機械振興会館 放送、通信用の電波を対象とした電磁波エネルギー回収の回路検討
北沢祥一鴨田浩和花澤理宏阿野 進伴 弘司小林 聖ATRED2012-113 MW2012-143
本稿では、放送や携帯電話などの通信用の電磁波から電力を回収するエネルギーハーベスティングについて報告する.筆者らはこれま... [more] ED2012-113 MW2012-143
pp.5-10
EE, WPT
(併催)
2012-11-09
14:15
東京 機械振興会館 ZigBee端末への間欠マイクロ波電力伝送のための受電装置の改良
市原卓哉三谷友彦篠原真毅京大
ワイヤレスセンサネットワークでは各センサ端末のバッテリを定期的に交換する必要があり,コスト上の問題となっている.そこで本... [more]
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会