電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, IN, CS, NV
(併催)
2019-09-05
13:55
宮城 東北大学 電気通信研究所 [依頼講演]光アクセス装置の高度化と高速波長切替による省電力化と遅延に関する一検討
中平佳裕斉藤洋之更科昌弘鹿嶋正幸OKI)・末廣 雄名倉健一小崎成治三菱電機)・山本 周中尾彰宏東大CS2019-52
光アクセスシステムを仮想化し,資源割当を最適化する検討が各所で行われている.本稿では,物理資源の一部を稼働・休止可能なT... [more] CS2019-52
pp.27-32
NS, IN, CS, NV
(併催)
2019-09-06
09:50
宮城 東北大学 電気通信研究所 一般通話の待時を考慮した非常時回線留保制御による閾値設定手法
川合健太工学院大)・山岡克式東工大)・馬場健一工学院大IN2019-26
地震や火災などの非常時では,被災地もしくは現場周辺への安否確認の通話,被災地からの安否報告や,警察や消防などへの緊急通報... [more] IN2019-26
pp.17-22
IN, NS
(併催)
2019-03-05
10:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター 緊急呼及び被災地呼を優先しつつ被災地外呼を最大限収容する受付制御の提案
川瀬達也宮田純子芝浦工大IN2018-115
災害発生時には安否確認や救急要請により,呼が大量に発生することから輻輳状態に陥り,電話が繋がりにくくなってしまう.現在,... [more] IN2018-115
pp.187-192
IN, NS
(併催)
2019-03-05
15:40
沖縄 沖縄コンベンションセンター 待ち行列理論によるバッファ占有量とセグメントロス率を考慮したMPEG-DASH画質選択法
糟谷大祐宮田純子芝浦工大IN2018-144
近年では,ビデオデータによるトラヒックの増加が問題点として挙げられている.そこでビデオストリーミングサービスにおいてユー... [more] IN2018-144
pp.361-366
MoNA 2018-12-25
15:50
東京 芝浦工大豊洲キャンパス 待ち行列理論を用いたMPEG-DASHのバッファ占有量が画質変化に及ぼす影響
糟谷大祐宮田純子芝浦工大MoNA2018-52
近年では,ビデオデータによるトラヒックの増加が問題点として挙げられている.そこでビデオストリーミングサービスにおいてユー... [more] MoNA2018-52
pp.79-84
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2018-03-08
15:00
島根 隠岐の島文化会館 CANの応答時間解析に関する一考察
佐藤諒平酒井和哉福本 聡大原 衛首都大東京)・新井雅之日大CPSY2017-148 DC2017-104
車載ネットワークプロトコルの業界標準であるCANの応答時間解析については,これまでにも数多くの手法が提案されている.
... [more]
CPSY2017-148 DC2017-104
pp.269-274
NS 2018-01-19
15:40
沖縄 石垣市商工会館 部分競合発生下のダイナミックチャネルボンディングの性能解析 ~ 2×20MHzの場合 ~
佐藤憲治九工大)・田村 瞳福岡工大)・野林大起塚本和也川原憲治九工大NS2017-163
チャネルボンディングは,連続した複数のチャネルを束ねて利用することで,伝送レート向上を図る技術であるが,無線LAN利用機... [more] NS2017-163
pp.111-116
ICM 2017-07-07
09:25
北海道 函館商工会議所 [奨励講演]vEPCサーバのリソース粒度と最適リソース割当の関係性
田辺和輝東工大)・中山裕貴林 經正BOSCO)・山岡克式東工大ICM2017-11
筆者らはこれまでに,M2M 端末およびスマートフォン等その他端末が混在するモバイルコアネットワークを対象とし,vEPC ... [more] ICM2017-11
pp.39-44
PN, NS, OCS
(併催)
2017-06-16
11:15
秋田 秋田大学 部分競合発生下のダイナミックチャネルボンディングの性能評価 ~ 待ち行列理論によるアプローチ ~
佐藤憲治九工大)・田村 瞳福岡工大)・塚本和也九工大NS2017-25
無線LANの高速化技術の一つであるチャネルボンディングは,連続した複数のチャネルを利用し,伝送レートの向上を図る技術であ... [more] NS2017-25
pp.17-22
CS, CQ
(併催)
2017-04-21
13:50
北海道 千歳科学技術大学 [特別招待講演]通信トラヒック工学におけるモデル化と解析事例
吉野秀明日本工大CS2017-11 CQ2017-10
コペンハーゲンの電話会社に勤務していたA.K.アーランが即時式無限呼源システムにおける電話回線数を算出するための計算式、... [more] CS2017-11 CQ2017-10
pp.55-60(CS), pp.47-52(CQ)
NS, IN
(併催)
2017-03-03
13:20
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 許容発信試行回数の導入による非常時通信網の通信収容効率向上効果
加田 匠岡本卓也田辺和輝山岡克式東工大IN2016-147
非常時には,一般電話の多くが呼損となる.このとき,未接続状態の新規呼を優先的に接続するべきである一方,各ユーザの通話希望... [more] IN2016-147
pp.299-304
NS, IN
(併催)
2017-03-03
14:50
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル モバイルトラヒックがvEPC最適リソース割当に与える影響
田辺和輝東工大)・中山裕貴林 經正BOSCO)・山岡克式東工大IN2016-151
本研究では,M2M端末およびスマートフォン等その他端末が混在するモバイルコアネットワークを対象とし,単一のvEPCサーバ... [more] IN2016-151
pp.323-328
NS 2017-01-27
13:50
鹿児島 鹿児島市町村自治会館 分散処理における振分制御の効果の一評価
岩井隆典入野仁志吉岡広高NTTNS2016-152
NFV/SDNの進展により,従来の高機能装置に代えて,汎用ハードウェアを用いた汎用装置の大規模ネットワークへの適用の検討... [more] NS2016-152
pp.65-70
NS, CQ, ICM, NV
(併催)
2016-11-25
12:10
山口 下関商工会議所 vEPCのC/D-plane仮想化における最適リソース割当に関する検討
田辺和輝東工大)・中山裕貴林 經正BOSCO)・山岡克式東工大ICM2016-34
本研究では,M2M 端末およびスマートフォン等その他端末が混在するモバイルコアネットワークを対象とし,単一のvEPC サ... [more] ICM2016-34
pp.55-60
ICM, CQ, NS, NV
(併催)
2014-11-14
14:35
高知 高知市文化プラザかるぽーと 緊急時の回線留保制御における到着呼量に基づく閾値設定法
田辺和輝東工大)・宮田純子神奈川大)・馬場健一工学院大)・山岡克式東工大CQ2014-85
緊急時における輻輳対策として,回線交換機の一部を優先電話のために留保する回線留保制御が存在するが,余剰な回線の留保は一般... [more] CQ2014-85
pp.83-88
MoNA, CQ
(併催)
2014-09-11
11:40
宮城 石巻市河北総合センタービッグバン(石巻市) 緊急時の一般電話収容数向上を目的とした閾値緩和方式
田辺和輝東工大)・宮田純子神奈川大)・馬場健一工学院大)・山岡克式東工大MoNA2014-33
緊急時における輻輳対策として,回線交換機の一部を優先電話のために留保する回線留保制御が存在するが,余剰な回線の留保は一般... [more] MoNA2014-33
pp.13-18
CQ 2014-07-10
13:05
大阪 大阪大学基礎工学国際棟セミナー室(大阪大学) [ポスター講演]Modeling of Fair Resource Sharing between MVNOs
Hu RuiWei LiuRyoichi ShinkumaTatsuro TakahashiKyoto Univ.CQ2014-22
 [more] CQ2014-22
pp.39-44
ISEC, IT, WBS
(共催)
2014-03-10
16:40
愛知 名古屋大学 東山キャンパス [招待講演]無線メッシュネットワークのトラヒック理論的アプローチ
岡田 啓名大IT2013-75 ISEC2013-104 WBS2013-64
本発表では,無線メッシュネットワークのトラヒック理論的アプローチとして,シングルユーザ/マルチユーザMIMOを用いた無線... [more] IT2013-75 ISEC2013-104 WBS2013-64
pp.129-134
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2014-02-27
14:30
石川 山代温泉 瑠璃光(石川県) QoEを指標としたネットワーク資源動的割り当て手法の提案と性能評価
橋口裕太奥田隆史井手口哲夫田 学軍愛知県立大SITE2013-60 IA2013-85
現在ネットワークの評価指標として利用されているQuality of Service(以下QoS)は,ネットワークにおける... [more] SITE2013-60 IA2013-85
pp.37-42
CQ 2014-01-24
09:25
東京 東京都市大学 Modeling of Resource Sharing among MVNOs
Rui HuWei LiuRyoichi ShinkumaTatsuro TakahashiKyoto Univ.CQ2013-68
Mobile Virtual Network operators (MVNOs) are characterized a... [more] CQ2013-68
pp.7-10
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会