お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2021-11-12
15:10
ONLINE オンライン開催 Development of a new low frequency GPR system for scanning huge structures
Anwer SayedMotoyuki SatoCNEASSANE2021-60
This paper presents a new low frequency (20MHz) radar system... [more] SANE2021-60
pp.149-154
ITE-HI, ITE-MMS, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
IE, ITS
(共催)
(連催) [詳細]
2020-02-27
14:15
北海道 北海道大学
(開催中止,技報発行あり)
A note on detection of distress regions in subway tunnels by using U-net based network
An WangRen TogoTakahiro OgawaMiki HaseyamaHokkaido Univ
 [more]
PRMU 2019-10-18
14:50
東京 東京大学 DCNNによる自動運転のための学習データ生成法
平岡宏喜井宮 淳千葉大PRMU2019-38
U-net による車両前方環境認識を実現するための学習データの自動生成法を検討し、生成した学習データによる認識結果を評価... [more] PRMU2019-38
pp.35-40
IPSJ-AVM, ITE-3DIT
(共催)
SIS
(連催) [詳細]
2019-06-13
13:55
長崎 福江文化会館 単一画像からの深度推定への Feature Pyramid Network の導入による精度向上
福田裕大大木琢郎宮本龍介明大SIS2019-5
単眼カメラによって撮影された画像からの深度推定は,近年のディープラーニングの発展により飛躍的に
精度が向上した.既存手... [more]
SIS2019-5
pp.23-28
ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
IE
(連催) [詳細]
2017-10-05
17:55
長崎 長崎総合科学大学 ダイナミックレンジ拡張とラプラシアンピラミッドを用いた画像の拡大手法
川邊 彪吉田大海飯國洋二阪大IE2017-58
近年、ディスプレイ技術などの向上により画質を向上させる技術が注目されている。画質を決める重要な要素に解像度やダイナミック... [more] IE2017-58
pp.65-69
NLC 2017-09-07
10:10
東京 成蹊大学 ピンポイントフォーカス型テキストマイニング手法の研究
菰田文男埼玉学園大)・中山厚穂首都大東京NLC2017-13
テキストマイニングには出現頻度の多い語に着目しテキスト全体の捉える鳥瞰図描画型と,出現頻度は少ないが特定の文脈で重要な意... [more] NLC2017-13
pp.1-6
MW
(第二種研究会)
2017-06-14
- 2017-06-16
海外 KMUTT(タイ・バンコク) High Efficiency and Small Antenna for 77 GHz Long Range Radar
Akira KuriyamaHideyuki NagaishiHitachi)・Hiroshi KurodaAkira KitayamaSatoshi SasakiHiAMS
 [more]
MW
(第二種研究会)
2016-06-09
- 2016-06-11
海外 KMUTNB(タイ・バンコク) [ショートペーパー]X-band H-Plane Sectoral Horn Antenna Designed with Two Balanced Screws for Tunable Bandwidth
Ekasit NugoolcharoenalapJanenarong KwunchuiTerasak ParnthepinRMUTR
An X-band H-plane sectoral horn antenna with tunable bandwid... [more]
NC, NLP
(併催)
2016-01-29
14:50
福岡 九州工業大学 若松キャンパス ラット海馬スライスにおけるカルバコール誘導β振動中の神経細胞・アストロサイトダイナミクス
蔭山逸行立野勝巳夏目季代久九工大NC2015-64
ラット海馬スライスにカルバコールを投与するとβ周波数帯の神経発火がバースト的に 10 秒程発生する。このバーストは数10... [more] NC2015-64
pp.39-44
RCS, IT, SIP
(共催)
2016-01-19
10:35
大阪 関西学院大学(大阪梅田) 動的グラフ信号に対する多重スケール変換
内園陽平崎山亮恵田中雄一東京農工大IT2015-90 SIP2015-104 RCS2015-322
本報告では,時間的に信号値が変化するグラフ信号(動的グラフ信号)の多重スケール変換手法を提案する.提案手法では,動的グラ... [more] IT2015-90 SIP2015-104 RCS2015-322
pp.231-236
AI 2015-12-04
11:15
福岡 九州工業大学サテライト福岡天神 フレームワークによる思考プロセス ~ QFDの定量化と求められるスキルの探究 ~
中村 潤金沢工大)・寺本正彦ボルボAI2015-15
商品開発におけるコンセプトデザイン(概念設計)のフェーズにおいては、顧客からの要求表現と開発者にとっての品質や機能に関す... [more] AI2015-15
pp.19-22
EMCJ 2015-11-13
11:00
神奈川 三菱電機(情報技術総合研究所) Numerical Simulation of EM Wave Propagation on Human Body with Consideration of the Effect of Wave Absorbers Using FDTD Method
Kosorl ThournTakahiro AoyagiJun-ichi TakadaTokyo TechEMCJ2015-82
In this paper, the influence of wave absorbers to the charac... [more] EMCJ2015-82
pp.7-12
AP, SANE
(併催)
2014-08-28
09:30
新潟 新潟大学(ときめいと) 3Dプリンターによるホーンアンテナの試作とその評価
小林弘一川村龍一阪工大)・山田寛喜新潟大AP2014-72
近年、急速に注目を集めている3Dプリンターを用いて、角錐ホーン、リッジ付角錐ホーン、コルゲート円錐ホーンなどの小型の開口... [more] AP2014-72
pp.1-6
PRMU 2014-03-13
10:00
東京 早稲田大学 イベント検出のための速度ピラミッド
梁 卓琳井上中順篠田浩一東工大PRMU2013-170
 [more] PRMU2013-170
pp.13-18
NC, IPSJ-BIO
(連催)
2013-06-28
10:30
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 自己想起型連想記憶に最適な結合関数とSTDP窓関数の組合せ探索
宮田龍太佐藤圭太青西 亨東工大NC2013-6
Lengyelら(2005)は計算理論の観点から,スパイク位相パターンの記銘・想起を行う自己想起型連想記憶アルゴリズムを... [more] NC2013-6
pp.101-106
PRMU 2013-02-21
11:00
大阪 大阪府立大 距離空間ピラミッドを用いたLLCによる3次元物体認識
堀 貴博滝口哲也有木康雄神戸大PRMU2012-137
近年,高精度なRGB-Dカメラの登場により,高品質な3次元情報(色,奥行き情報)が容易に測定可能となった.これを用いた従... [more] PRMU2012-137
pp.43-48
PRMU, HIP
(共催)
2012-12-13
14:45
山形 山形大学 見えに基づくパターン識別における次元削減の影響
伊東隼人千葉大)・酒井智弥長崎大)・井宮 淳千葉大PRMU2012-74 HIP2012-63
本稿では画像認識における次元削減の妥当性について評価した.画像パターン認識では画像の識別にパターン認識の手法を用いる.画... [more] PRMU2012-74 HIP2012-63
pp.25-30
AP, MW
(併催)
2012-09-27
10:35
埼玉 KDDI研究所(上福岡) ピラミッド型アレーアンテナを用いた2次元DOA推定に関する検討
堀 裕介土居勇輝守屋裕樹市毛弘一新井宏之横浜国大)・松野宏己林 高弘中野雅之KDDI研AP2012-82
近年,無線通信の高速・高品質化に向け,マイクロセルやフェムトセル構造への移行が検討されている.このような半径の小さいセル... [more] AP2012-82
pp.1-6
EMCJ 2012-09-07
16:30
北海道 北海道大学 マイクロ波ピラミッド形電波吸収体の電磁波照射による発熱に関する検討
鳥井政志斎藤寿文柳川太成滝沢幸治栗原 弘TDKEMCJ2012-62
マイクロ波電波暗室の壁面を構成するピラミッド形電波吸収体は,電波暗室内部における電磁波照射試験等で,その電磁波を吸収して... [more] EMCJ2012-62
pp.57-62
NC 2012-07-31
13:40
滋賀 立命館大学 情報理工学部 クリエーションコア1階教授会会議室 相互情報量最大化による海馬CA1ネットワークのシナプス可塑性様式の予測 ~ 変速再生と逆再生の場合 ~
宮田龍太東工大/学振)・太田桂輔理研)・青西 亨東工大NC2012-30
ラット海馬CA1領域では,覚醒· 睡眠期間中に直前の行動経験に関連したスパイク時空間パターンの逆再生や変速再生... [more] NC2012-30
pp.89-94
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会