お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, SAT
(併催)
2021-08-27
16:20
ONLINE オンライン開催 高層ビル群環境下での受信電力と疑似距離に基づく反射回数と入射角推定を用いたGPS測位誤差改善効果
斎藤晃一杉山隆利工学院大SAT2021-37
GPS測位ではGPS衛星とGPS受信機間の電波伝搬時間により計算される疑似距離からGPS測位演算を行っているが,特に反射... [more] SAT2021-37
pp.49-54
RCS 2021-06-24
13:00
ONLINE オンライン開催 リカレントニューラルネットワークを用いたGNSSによる位置推定に関する一検討
西岡航平衣斐信介同志社大)・高橋拓海阪大)・岩井誠人同志社大RCS2021-53
GNSS (Global Navigation Satellite System) による位置推定法の一つに非線形連立方... [more] RCS2021-53
pp.145-150
MW, AP
(併催)
2019-09-19
13:35
神奈川 JAXA (相模原) 疑似スケールモデルを利用した模擬海中における微小ダイポールアンテナ間の位相分布測定
石井 望新潟大)・高橋応明加藤涼介千葉大)・陳 強東北大)・吉田 弘海洋研究開発機構AP2019-72
著者らは,海洋における電磁波応用の一つとして,電磁波を利用した海中における位置推定問題について取り上げている.海中では,... [more] AP2019-72
pp.13-18
EA, US
(併催)
2019-01-23
10:00
京都 同志社大学 EMSレオメータを用いた空中生成マイクロゲル分散体の流動特性測定
平野太一美谷周二朗酒井啓司東大US2018-101
電磁スピニング(EMS)法は,印加トルクの遠隔制御を行いながら計測用プローブの回転挙動を非接触検出し粘性を測定するという... [more] US2018-101
pp.107-110
DE, IPSJ-DBS
(連催)
2018-12-22
14:55
東京 国立情報学研究所(NII) Linear processing type optimum future prediction of signals applying Kida's optimum signal-approximation to multi-dimensional signals that are made by arranging known region restriction data in a row
Takuro KidaTokyo Inst. Tech.)・Yuichi KidaOHU Univ.DE2018-29
 [more] DE2018-29
pp.65-70
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-02-15
14:00
北海道 北海道大学 地図情報と擬似衛星を利用したGNSS測位手法に関する一検討
村上佑輝羽多野裕之宇都宮大ITS2017-71 IE2017-103
屋外における自位置推定では,GNSS (Global Navigation Satellite Systems) が多く... [more] ITS2017-71 IE2017-103
pp.59-64
US 2017-07-27
11:35
岡山 岡山大学 5CB等方相における分子会合に対する混合物の効果 ~ 疑似臨界温度と誘電緩和強度の観点から ~
松岡辰郎岡田 賢伊藤良平山口 毅名大US2017-35
シアノビフェニル系液晶は等方相においても分子会合があることが報告されている.本研究ではシアノビフェニル系液晶のとして4-... [more] US2017-35
pp.25-29
COMP 2016-09-06
15:50
富山 富山県立大学 ランク4有向マトロイド多面体の2次元トポロジー的表現定理
宮田洋行群馬大COMP2016-21
有向マトロイドは点配置や多面体、超平面配置などさまざまな対象の組合せ的振る舞いを抽象化して得られる組合せ構造であり、広く... [more] COMP2016-21
pp.45-52
SAT, RCS
(併催)
2016-08-18
09:55
宮城 東北学院大学 マルチパス環境下におけるGPS測位データの特性評価
大貫紘季石川博康日大SAT2016-37
GPS(Global Positioning System)を用いた測位では,最低3機以上の衛星からの電波を受信すること... [more] SAT2016-37
pp.25-30
EMCJ 2015-07-09
13:25
東京 機械振興会館 擬似筋電信号発生器の構築と筋電義手へのESD試験評価
佐藤啓介安在大祐王 建青藤原 修名工大EMCJ2015-36
本研究では,筋電義手の電磁雑音に対するイミュニティ試験法の確立を目指し,擬似筋電信号発生器を開発した.筋電義手を制御する... [more] EMCJ2015-36
pp.31-35
WBS, SAT
(併催)
2015-05-28
13:50
東京 東京都市大学世田谷キャンパス GPS実測データを用いたマルチパス環境モデルのシミュレーション評価
石川博康小松卓也日大SAT2015-3
GPS測位システムにおいて,高層建築物の多い都市環境では受信機から衛星を直視できず,良好な衛星配置を得ることが困難となる... [more] SAT2015-3
pp.13-18
US 2014-10-22
13:00
静岡 静岡大学 浜松キャンパス 超音波領域における外耳道内の音圧特性 ~ 実測とシミュレーションによる検討 ~
和田なつみ大隅 歩伊藤洋一日大US2014-49
超音波暴露の基礎検討として、擬似外耳道を取りつけたマネキンに周波数20 kHzの空中超音波を照射し,暴露させた場合の外耳... [more] US2014-49
pp.1-6
ED 2014-04-18
09:00
山形 山形大学工学部百周年記念会館 インクジェット法を用いた全塗布型有機トランジスタの作製と集積回路応用
竹田泰典小林 悠山形大)・Faiz Adi Ezarudin Bin Adibサトーホールディングス)・福田憲二郎熊木大介時任静士山形大ED2014-11
溶液プロセスで作製可能な有機薄膜トランジスタ(Organic Thin-Film Transistor : OTFT)は... [more] ED2014-11
pp.41-45
CS, CAS, SIP
(共催)
2014-03-07
13:00
大阪 大阪市立大学 学術情報総合センター 複数配置した送信電力制御シュードライトの干渉特性
高橋 賢広島市大CAS2013-116 SIP2013-162 CS2013-129
擬似衛星(シュードライト)はGPS衛星が放送する同一の周波数と同一のフォーマットを用いる地上送信機である.シュードライト... [more] CAS2013-116 SIP2013-162 CS2013-129
pp.151-156
SANE 2014-01-23
13:25
長崎 長崎県美術館 等価時間サンプリング符号変調CW方式における目標検出性能改善法
新田大輔渡辺優人秋田 学稲葉敬之電通大SANE2013-114
PN符号を用いた符号変調CW方式による距離分解能と低サンプリングレートの両立の解決手段として,等価時間サンプリングを適用... [more] SANE2013-114
pp.7-12
CS, IE
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(連催) [詳細]
2013-12-05
15:05
京都 京都工芸繊維大学 60周年記念館 複数配置したパルス電力制御シュードライトのカバレッジ
高橋 賢広島市大CS2013-70 IE2013-81
シュードライトは,衛星測位において衛星群が送信する電波と同等の電波を送信する地上送信機であり,天空の一部が遮られる場所で... [more] CS2013-70 IE2013-81
pp.75-80
US 2012-02-23
16:15
東京 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 日野本社5階会議室 超音波チョッパ・レーダーの提案
橋爪宏達NII)・杉本雅則東大US2011-114
パルス圧縮はレーダーで遠方探索の感度を向上させる手法として広く用いられている.車両のバックセンサーなど,空中超音波のレー... [more] US2011-114
pp.57-61
SANE 2011-11-24
13:00
奈良 (独)奈良文化財研究所 デジタル符号を用いた地中レーダ
土井恭二三井造船)・木村憲明阪大)・弓井孝佳三井造船SANE2011-113
近年,地中レーダの工学的な適用範囲は従来の土木分野だけではなく,建築分野等への広がりを見せている.地中レーダを建築分野へ... [more] SANE2011-113
pp.1-5
SANE 2010-10-29
09:20
海外 Ramada Hotel, 済州島(韓国) High-resolution UWB Doppler radar interferometoric imaging algorithm for multiple moving targets with smoothed pseudo Wigner distribution
Kenshi SahoTakuya SakamotoToru SatoKyoto Univ.)・Kenichi InoueTakeshi FukudaPanasonicSANE2010-114
This study proposes a high-resolution UWB (Ultra Wide-Band) ... [more] SANE2010-114
pp.261-266
ISEC 2009-12-16
13:00
東京 機械振興会館 全単射関数の帰還周期長について
伊東 徹ネットコムセックISEC2009-71
擬似乱数系列を利用しようとする場合において,その系列の周期長について明らかになっていない場合があった.そこで,自然数を原... [more] ISEC2009-71
pp.1-6
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会