お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 69件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA, ICSS
(共催)
2021-06-22
09:50
ONLINE オンライン開催 Etherpot:イーサリアムのクライアントへのサイバー攻撃を観測するためのハニーポット
王 佳佐々木貴之横浜国大)・面 和成筑波大)・吉岡克成松本 勉横浜国大IA2021-11 ICSS2021-11
近年, Ethereum は暗号通貨の取引に加え, 任意のプログラム可能な計算を実行するスマートコントラク ト機能で大き... [more] IA2021-11 ICSS2021-11
pp.56-61
NS, NWS
(併催)
2021-01-21
13:55
ONLINE オンライン開催 社内システムを想定したゼロトラストネットワークの試作とセキュリティポリシーの検討
河合将隆妙中雄三門林雄基奈良先端大NS2020-111
ゼロトラストネットワーク(ZTN)は,企業においてスパイによる情報窃取や,攻撃者による内部ネ ットワークの横断的侵害とい... [more] NS2020-111
pp.9-15
ICM 2019-03-08
09:00
沖縄 久米島イーフ情報プラザ クラウド時代におけるVDI Proxyを用いた分散VDIシステムの提案
小口直樹高野陽介富士通研)・阿部俊二NIIICM2018-56
近年,PCの盗難,紛失やマルウェアなどによる情報漏洩が社会問題となっており,シンクライアントを携行しネットワークを介して... [more] ICM2018-56
pp.37-42
IA, IN
(併催)
2018-12-14
11:35
広島 広島大学 東千田未来創生センター グローバルなコンテンツ配信に向けたICN通信高速化プロキシの検討
植田一暁田上敦士KDDI総合研究所IN2018-68
本稿では, Information Centric Networking (ICN)で一般的に用いられているConsum... [more] IN2018-68
pp.55-60
ET 2018-11-10
15:25
東京 東京工芸大学 (中野キャンパス) e-Testingにおける時系列画像推定による顔認証の検討
川又泰介赤倉貴子東京理科大ET2018-62
Web上で試験を行うe-Testingは時空間の制約なく受験が可能という利点がある一方で,試験中の不正行為が容易に発生し... [more] ET2018-62
pp.47-50
ICM 2018-03-09
14:30
沖縄 沖縄青年会館 VDI Proxyを用いたVDIシステムにおけるレイテンシ改善方式の提案
小口直樹高野陽介富士通研)・阿部俊二NIIICM2017-77
近年,PCの盗難や紛失による情報漏洩が社会問題となっている.こうした問題に対し,シンクライアントを携行し,ネットワークを... [more] ICM2017-77
pp.127-132
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2018-03-05
14:30
栃木 鬼怒川温泉ホテル モジュラー型エッジコンピューティング基盤のためのセキュリティモジュールの実装および評価
柳 宏之木村隼人東海大)・近堂 徹渡邉英伸広島大)・大東俊博東海大SITE2017-65 IA2017-76
エッジコンピューティングでは,必要な機能を必要な箇所に適切かつ迅速に展開できることが求められる.筆者らはCOMPSAC2... [more] SITE2017-65 IA2017-76
pp.91-96
IA 2017-11-10
11:55
熊本 グリーンピア南阿蘇 HTTP/2に対する未知の攻撃手法を知るための低対話型ハニーポットの構築
小岩克輝小谷大祐岡部寿男京大IA2017-26
未知の脆弱性に対するサイバー攻撃の手法を知るための手段としてハニーポットがある.ハニーポットとは,攻撃者をあえてシステム... [more] IA2017-26
pp.19-23
ISEC 2017-05-12
10:00
東京 機械振興会館 鍵更新可能な検索可能暗号の一提案 ~ 検索可能代理人再暗号化の適用について ~
松崎なつめ穴田啓晃長崎県立大)・渡邉洋平電通大ISEC2017-1
検索可能暗号は,高機能暗号の中でも最も実用化に近い技術として盛んに研究されている.我々は,検索可能暗号におけるクライアン... [more] ISEC2017-1
pp.1-6
CNR 2015-12-18
14:00
神奈川 慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎 ロボットサービスのためのRSNPによる気象庁防災情報の中継サーバの開発
鈴木昭二公立はこだて未来大CNR2015-28
本研究は,ネットワークを活用したロボットサービスにおける有力なコンテンツである気象情報・防災情報を,気象庁が提供する配信... [more] CNR2015-28
pp.71-74
IN 2015-10-16
13:05
大阪 大阪大学 Improving Traffic Load Distribution for Tor Network
Timothy Girry KaleSatoshi OhzahataCelimuge WuToshihiko KatoUECIN2015-58
The Tor network has its user grown by thousands every year. ... [more] IN2015-58
pp.29-34
ICSS 2015-03-04
14:30
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) Attribute Revocable Attribute-Based Encryption with Forward Secrecy for Fine-Grained Access Control of Shared Data
Takeru NaruseNagoya Inst. of Tech.)・Masami MohriGifu Univ.)・Yoshiaki ShiraishiKobe Univ.ICSS2014-93
 [more] ICSS2014-93
pp.181-186
NS, IN
(併催)
2015-03-03
09:40
沖縄 沖縄コンベンションセンタ マルチパスTCPプロキシを活用したサブフロー制御ポリシ適用が可能なゲートウェイの設計と実装
岡田 悠東工大)・嶋村昌義ネットワーク応用技研)・飯田勝吉東工大NS2014-209
通信品質の向上のために複数の回線を利用する手段としてMultipath TCP(MPTCP)がある.
しかし,既存のM... [more]
NS2014-209
pp.185-190
ICM, CQ, NS, NV
(併催)
2014-11-14
16:00
高知 高知市文化プラザかるぽーと モバイルコアネットワークへのMultipath TCP導入方式の提案とその一評価
小島祐治川崎 健須加純一武智竜一富士通研NS2014-146
近年,セルラ(3G/LTE)とWi-Fiの両方のネットワークインタフェースを有するモバイル端末が普及しつつある.一方,複... [more] NS2014-146
pp.105-110
NS 2014-10-16
16:40
島根 松江テルサ A Design of Circuit Switching Method for Reducing Congestion in the Tor Network
Kale Timothy GirrySatoshi OhzahataCelimuge WuToshihiko KatoUniv. of Electro-Comm.NS2014-119
The Tor network is a distributed circuit-switching overlay n... [more] NS2014-119
pp.87-92
NS, IN
(併催)
2014-03-06
10:40
宮崎 宮崎シーガイア P2Pライブストリーミングの可用性向上を目的としたプロキシ動的制御方式の接続安定性評価
西谷純一飯田勝吉東工大NS2013-204
ライブストリーミングにおいて、低コストで動画を配信する手段として、Peer-to-Peer TVが注目されている。App... [more] NS2013-204
pp.161-166
NS, IN
(併催)
2014-03-07
10:20
宮崎 宮崎シーガイア 高機能プロキシサーバーを用いた携帯端末に低負荷かつセキュアな音声通信システム
金沢真嗣藤本章宏内尾文隆和歌山大NS2013-229
近年,音声会議システムを設計するに際し,クライアントサーバ型でのアプリケーションが大半を占めている.クライアントサーバ型... [more] NS2013-229
pp.307-311
RCS, NS
(併催)
2013-12-19
10:50
香川 高松市文化芸術ホール 情報検索と連動したデータ転送プロキシの動的配置方式の検討
山村新也江島恒太富士通九州ネットワークテクノロジーズ)・鶴 正人九工大NS2013-139
本稿では、コンテンツのメタ情報とコンテンツを通信経路上のルータにキャッシュするコンテンツの配信技術をベースに、高位層で通... [more] NS2013-139
pp.31-36
IT, ISEC, WBS
(共催)
2013-03-08
16:00
大阪 関西学院大学 大阪梅田キャンパス Efficient Strictly CCA-Secure Proxy Re-Encryption Scheme
Shota KannoKaoru KurosawaIbaraki Univ.)・Goichiro HanaokaTakahiro MatsudaAISTIT2012-107 ISEC2012-125 WBS2012-93
プロキシが、アリス宛の暗号文$C$をボブ宛の暗号文$C'$に変換できるような暗号方式を、プロキシ再暗号化方式という。最近... [more] IT2012-107 ISEC2012-125 WBS2012-93
pp.285-291
MoNA, CQ
(併催)
2012-09-28
13:30
香川 丸亀町レッツホール(高松市) SPDYアクセラレータを用いたWebアクセス高速化方式の実装評価
峯木 厳上村郷志長谷川輝之KDDI研MoMuC2012-29
IETFにおいて現在検討が進められているHTTP/2.0は,Googleが提案した次世代通信プロトコルSPDYをベースに... [more] MoMuC2012-29
pp.53-57
 69件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会