電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ISEC 2019-05-17
15:20
東京 機械振興会館 IoT機器に適したセキュアプロビジョニング方式の提案
山本 大小久保博崇町田卓謙森川郁也富士通研)・金岡 晃東邦大ISEC2019-8
近年,IoT機器がクラウドサーバに接続され,機器の一括管理やリモート制御といった有益なサービスが提供されている.IoT機... [more] ISEC2019-8
pp.37-44
PN 2019-03-15
15:00
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 大研修室 エラスティック光ネットワークにおける使用スペクトル資源を最小化する耐故障マルチパス設定方式
竹田健太佐藤丈博新熊亮一大木英司京大PN2018-96
 [more] PN2018-96
pp.77-83
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2018-11-15
15:55
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス [招待講演]多様化し複雑化する通信サービスにおけるマイクロサービス化とプロビジョニング
平原千里中尾 仁西江将男岩見貴弘NTTコミュニケーションズNS2018-138 CQ2018-65 ICM2018-26
近年,デジタライゼーションの急速な進展に伴い,様々な産業のビジネス革新が促進されている.特に,ICTの基盤を支える通信サ... [more] NS2018-138 CQ2018-65 ICM2018-26
pp.45-50(NS), pp.9-14(CQ), pp.9-14(ICM)
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2018-11-16
11:30
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス 非負値行列因子分解を用いた成分分解に基づく稼働データの傾向分析手法
齋藤悠司内海哲哉渡辺幸洋富士通研ICM2018-32
ICTシステムにおいて,CPU使用率等の稼働データを分析し傾向を把握することは,システムの改善検討に役立つ.その際,機器... [more] ICM2018-32
pp.45-50
NS 2018-10-18
10:15
京都 京都教育文化センター マイクロサービス型DPDKソフトウェアにおける設備設計手法の検討
澤崎文彦高田直樹NTTNS2018-107
DPDKの技術はパケット処理の高速化に寄与する一方で, 運用面においては, プロビジョニングにおける重要なメータであるC... [more] NS2018-107
pp.13-17
NS, OCS, PN
(併催)
2015-06-18
13:50
福井 福井市地域交流プラザ Performance of Survivable Lightpath Provisioning Scheme in Multi-Domain Optical Networks
Praphan PavarangkoonEiji OkiUECPN2015-3
This paper evaluates the performance of a survivable lightpa... [more] PN2015-3
pp.11-16
CPSY 2014-10-10
13:25
千葉 幕張メッセ国際会議場303会議室 SSDの書き込み特性の理論的解析
菅野伸一矢尾 浩東芝)・橋本大輔TAECCPSY2014-51
本稿ではNAND 型フラッシュメモリを用いたSSD において,ランダムなアドレス順の書き込みに対しNAND 型フラッシュ... [more] CPSY2014-51
pp.25-30
PN 2014-03-03
10:55
香川 徳島文理大学香川キャンパス 品質別光パスを持続的に提供する多層型事前経路設計法
高田将司谷川陽祐戸出英樹阪府大PN2013-91
将来のネットワーク需要の増大に対応するため,光ネットワークの高速$cdot$大容量化,広域化,さらには高いQoS(Qua... [more] PN2013-91
pp.7-12
PN 2013-11-12
10:50
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス グラフトランスフォーメーション技術を用いたマルチテクノロジー光トランスポートネットワーク設計
角田聖也釣谷剛宏KDDI研PN2013-32
ネットワークリソースを有効利用する為には種々の多重化技術を組合せて経路設計する必要がある.しかし,複数の多重化技術が混在... [more] PN2013-32
pp.45-50
NS, CS, IN
(併催)
2013-09-13
13:00
宮城 東北大学 電気通信研究所 2号館 仮想光トランスポート制御技術における資源割当最適化方式の検討
森 弘樹鎌村星平島崎大作植松芳彦笹山浩二NTTNS2013-85
情報通信網を取り巻く様々な環境変化に対する柔軟な対応力を確保する技術として著者らは仮想光トランスポート制御技術を提案して... [more] NS2013-85
pp.69-74
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2013-03-15
10:25
奈良 東大寺総合文化センター 複数設備提供者間の情報秘匿型ネットワーク資源割当手法
間野 暢水谷后宏明石 修NTTSITE2012-62 IA2012-100
ネットワーク資源割当て技術はISP などの設備提供者にとって重要な技術である.ユーザのネットワーク
利用要求を満たすた... [more]
SITE2012-62 IA2012-100
pp.157-162
PN 2012-11-06
10:00
東京 日本女子大学 Analytical Models for L2 versus L3 QoS Provisioning
Marat ZhanikeevTokyo Univ. of Science)・Yoshiaki TanakaWaseda Univ.PN2012-24
Layer 3 QoS is the default choice for large-scale QoS provis... [more] PN2012-24
pp.1-6
ICM, IPSJ-IOT, IPSJ-CSEC
(連催)
2012-05-10
16:25
秋田 秋田大学 クラウドコンピューティングとその管理技術 ~ クラウドコントローラの試作とその実用化に向けた取り組み ~
吉良雄介NTTICM2012-5
クラウドコントローラが仮想環境を統合的にプロビジョニングするための要件を整理し,課題と実現方式について記述する. [more] ICM2012-5
pp.63-68
ICM 2012-03-16
09:40
沖縄 沖縄県男女共同参画センター テナント構成パターンを用いたデータセンタネットワークプロビジョニング方式の検討
小澤洋司古泉聡洋保田淑子肥村洋輔日立ICM2011-55
クラウドデータセンタでは頻繁にネットワーク(NW)の構成が変更され,設計・設定の作業負荷が高いため,作業の大部分を自動化... [more] ICM2011-55
pp.41-46
SITE 2010-10-15
10:50
東京 日本大学駿河台キャンパス クラウドの変動的秩序概念について ~ コミュニティ・プロビジョニングの提案 ~
森住哲也ネッツエスアイ東洋)・久保直也鈴木一弘木下宏揚神奈川大SITE2010-36
本論文は,進化するコミュニティの中で,常に変化する状況に適応する変動的秩序を実現する概念的枠組みの構築を目的とする.着目... [more] SITE2010-36
pp.13-18
CPSY, DC
(併催)
2010-08-03
- 2010-08-05
石川 金沢市文化ホール 仮想化環境におけるクラスタ構成の動的変更制御による省電力化方式の提案
宮田康志太田智也西山博泰天野雅志日立CPSY2010-16
仮想サーバで構築されたクラスタ構成の業務を、業務負荷に応じて構成変更することで省電力効果が得られる。従来の構成変更方式と... [more] CPSY2010-16
pp.49-54
ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC
(連催) [詳細]
2010-07-01
14:40
青森 弘前大学 仮想サーバ統合環境におけるアクセスポリシー管理方式
小川隆一中江政行前野義晴森田陽一郎町田文雄但野紅美子NECISEC2010-21 SITE2010-17 ICSS2010-27
近年、仮想マシンを用いたサーバ統合システムが普及しつつある。サーバ統合環境では、異なる組織のユーザが、適切なアクセス権設... [more] ISEC2010-21 SITE2010-17 ICSS2010-27
pp.93-100
NS, IN
(併催)
2010-03-05
11:20
宮崎 宮崎シーガイア 分散的なトラヒック計測に基づく増加トラヒックの早期検出法
二星 護福島行信岡山大)・村瀬 勉藤巻遼平広瀬俊亮NEC)・横平徳美岡山大IN2009-199
近年,インターネットアクセス回線の高速化に伴い,動画配信のような大容量データを扱うサービスが続々zと登場している.このよ... [more] IN2009-199
pp.331-336
NS, IN
(併催)
2010-03-05
08:30
宮崎 宮崎シーガイア 動的ネットワークパスプロビジョニングの相互運用技術 ~ G-lambdaシステムとGLIF Feniusの連携 ~
高野了成工藤知宏岡崎史裕竹房あつ子中田秀基産総研NS2009-224
G-lambdaプロジェクトでは、グリッド・クラウドミドルウェアがネットワークパス、計算機、ストレージといった分散資源を... [more] NS2009-224
pp.345-350
MoNA, IPSJ-MBL
(共催)
2008-05-23
13:20
沖縄 沖縄県青年会館 ユビキタス情報配信システムにおけるユーザコンテキストおよびソーシャル・キャピタルの評価
横畑夕貴NTTコミュニケーションズ)・武本充治浜田 信中村俊郎NTTMoMuC2008-22
 [more] MoMuC2008-22
pp.125-128
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会