お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MBE 2019-05-19
13:10
新潟 新潟大学 視覚探索時に測定された注視点移動長の固視微動とサッカードへの分類
松井瑞季津野将行新潟大)・小澤 誠野村泰伸阪大)・塚田 章富山高専)・前田義信新潟大MBE2019-7
ヒトは,視覚を用いて多くの視覚情報の中から特定のターゲットを探し出す作業を日常的に行っており,その探索時間は選択肢の数の... [more] MBE2019-7
pp.33-38
CAS, ICTSSL
(共催)
2019-01-24
15:20
東京 機械振興会館 視覚探索時の固視微動とサッカードの分類について
松井瑞季津野将行小寺龍之介新潟大)・小澤 誠野村泰伸阪大)・塚田 章富山高専)・前田義信新潟大CAS2018-125 ICTSSL2018-44
ヒトは,視覚を用いて多くの視覚情報の中から特定のターゲットを探し出す作業を日常的に行っている.ヒックの法則によれば,探索... [more] CAS2018-125 ICTSSL2018-44
pp.45-48
IA, IN
(併催)
2018-12-14
09:45
広島 広島大学 東千田未来創生センター キーワード検索で収集されるTwitterデータの特徴とTwitter上の情報拡散過程
塩田茂雄南川雅人中島圭佑千葉大IN2018-64
本稿では,Twitter APIを通してキーワード検索により収集したツイートデータを分析し,(1)現実の事象に関するキー... [more] IN2018-64
pp.31-36
CAS, NLP
(共催)
2018-10-18
11:25
宮城 東北大学 視覚探索時の眼球運動のモデリングの試み
前田義信小寺龍之介津野将行新潟大)・小澤 誠野村泰伸阪大)・塚田 章富山高専CAS2018-40 NLP2018-75
モニタ上にN個の文字がランダムに並べられた中から,特定のターゲット文字を発見するまでの時間はNではなくlogNに比例する... [more] CAS2018-40 NLP2018-75
pp.19-24
MBE, NC
(併催)
2018-05-19
16:25
富山 富山大学 文字探索に関する注視点シミュレーションの試み
津野将行小寺龍之介棚橋重仁飯島淳彦新潟大)・塚田 章富山高専)・前田義信新潟大MBE2018-4
人の眼球運動は,どのようなメカニズムを使って,広い探索領域の中から短い時間でターゲットを探索可能にしているのだろうか.本... [more] MBE2018-4
pp.19-22
MBE, NC
(併催)
2018-05-19
16:50
富山 富山大学 視覚探索時における眼球運動の頻度分布の検討
小寺龍之介新潟大)・小澤 誠野村泰伸阪大)・塚田 章富山高専)・前田義信新潟大MBE2018-5
私たちは目で自分が見たいターゲットをすばやく探すことが可能である.では,なぜ人は目の動きでターゲットをすばやく見つけるこ... [more] MBE2018-5
pp.23-26
IBISML 2017-11-09
13:00
東京 東京大学 エンタングルメント・エントロピーに基づく機械学習
田中 勝福岡大IBISML2017-50
画像識別ではCNNが大成功を収めているが,ここでは他分野との関わりに焦点を当てて見直してみたい。特に,画像を入力とする場... [more] IBISML2017-50
pp.115-122
MBE 2017-09-23
14:30
長野 長野工業高等専門学校 ヒックの法則を説明する眼球運動のスモールワールド仮説
前田義信新潟大MBE2017-37
数多くの代替物の中から特定のターゲットを発見するとき,発見までの時間は比較的短いことが知られている(ヒックの法則).これ... [more] MBE2017-37
pp.15-20
R 2015-06-19
14:25
東京 機械振興会館 非定常べき乗則過程に基づいたソフトウェア信頼性評価
齋藤靖洋土肥 正広島大R2015-12
本稿では,Lindqvist ら(2003) の提案したトレンド再生過程(TRP) を応用したソフトウェア信頼性モデルに... [more] R2015-12
pp.13-18
IBISML 2013-11-12
15:45
東京 東京工業大学 蔵前会館 [ポスター講演]Predicting Protein Complexes by Sampling More Accurately and Efficiently
Chasanah Kusumastuti Widita・○Osamu MaruyamaKyushu Univ.IBISML2013-49
 [more] IBISML2013-49
pp.99-106
NS 2013-01-25
11:15
熊本 熊本大学 [奨励講演]残存次数の相互情報量にもとづくトポロジー構造の多様性が設備増設量に与える影響の評価
シン ルー荒川伸一村田正幸阪大NS2012-157
インターネットの社会インフラ化が進み利用形態が多様化するにつれ、トラヒック需要の変動に対する適応性や拡張性の高いネットワ... [more] NS2012-157
pp.93-98
EE, CPM
(共催)
2013-01-25
10:50
熊本 阿蘇ファームランド 固体高分子形燃料電池の発電磁場を利用した電流分布の推定
増山 翔楠原良人清水勇喜鹿児島高専)・後藤雄治大分大)・泉 政明北九州市大EE2012-47 CPM2012-169
固体高分子形燃料電池は水素と酸素を反応させる原理により,発電時に発電ムラが発生する.このために,固体高分子形燃料電池の発... [more] EE2012-47 CPM2012-169
pp.111-115
WIT 2012-12-06
13:30
東京 産総研臨海副都心センター ボタン入力インタフェースを用いた課題遂行に関する行動分析
前田義信飯島淳彦新潟大WIT2012-28
我々はコントローラやATM,自動券売機において使用されるボタン入力インタフェースに関して,その作業負荷あるいはユーザビリ... [more] WIT2012-28
pp.25-28
IBISML 2012-11-08
15:00
東京 筑波大学 東京キャンパス文京校舎 MCMC Strategy for Protein Complex Prediction Using Cluster Size Frequency
Daisuke Tatsuke・○Osamu MaruyamaKyushu Univ.IBISML2012-91
 [more] IBISML2012-91
pp.409-416
NS 2012-04-20
13:25
高知 高知県立大学 残存次数のエントロピーを用いたトポロジー構造の多様性の評価
シン ルー荒川伸一村田正幸阪大NS2012-13
インターネットの社会インフラ化が進み利用形態が多様化するにつれ、トラヒック需要の変化やネットワーク機器故障に対する適応性... [more] NS2012-13
pp.71-76
NS, IN
(併催)
2012-03-09
11:20
宮崎 宮崎シーガイア 劣通信環境におけるフローサイズ分布を考慮したマルチパス制御方式
深尾陽介巳波弘佳関西学院大NS2011-239
低速または不安定な通信や断続的な通信しかできない環境,すなわち劣通信環境において,信頼性のある通信技術が必要となってきた... [more] NS2011-239
pp.335-340
ICM, CQ, NS
(併催)
2011-11-10
17:45
青森 弘前大学 [チュートリアル講演]通信ネットワークのトポロジー構成のモデル化と性能評価への応用
荒川伸一滝根哲哉村田正幸阪大NS2011-110 CQ2011-50 ICM2011-26
経路制御や輻輳制御など、ネットワーク制御手法の評価には通信ネットワークの適切なモデル化が必要である。インターネットトポロ... [more] NS2011-110 CQ2011-50 ICM2011-26
pp.37-42
LOIS 2011-03-04
11:20
沖縄 石垣市IT事業支援センター(沖縄県) プッシュ型情報配信に対する回答所要時間に関する一考察
多屋優人横山浩之KDDI研LOIS2010-86
個々のユーザに対してプッシュ型情報を配信するシステムを構築・運用する上で,情報通知に対するユーザの回答所要時間特性を把握... [more] LOIS2010-86
pp.125-129
IN, NS
(併催)
2011-03-03
09:40
沖縄 沖縄コンベンションセンター Bluetooth&Wi-Fiモバイル無線通信実験とすれ違い頻度分布の冪乗則 ~ 一期一会の影響 ~
藤原明広巳波弘佳関西学院大IN2010-167
無線通信技術の発展と無線デバイスの小型化により,BluetoothやWi-Fiを搭載
した小型無線端末が広く普及し,近... [more]
IN2010-167
pp.139-144
RCS, NS
(併催)
2010-07-15
15:10
北海道 網走市民会館 [奨励講演]べき則の性質を有するトポロジにおけるフィードバック型フロー制御に起因するパケット転送遅延の評価
平山孝弘荒川伸一阪大)・新井賢一NTT)・村田正幸阪大NS2010-38
インターネットトポロジを計測した結果,出線数分布がべき則に従うことが明らかにされている.出線数 分布がべき則に従うトポロ... [more] NS2010-38
pp.1-6
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会