電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OCS, PN, NS
(併催)
2019-06-20
13:50
岩手 MALIOS(盛岡) ストークスベクトル光変調方式の受信感度劣化に関する数値的一検討
鈴木 涼カーリヤワサム インディーパーラゲー アミラ サムパット前田譲治東京理科大
光の偏波状態に信号点を対応させるストークスベクトル変調信号を, ディジタル信号処理を併用した直接検波ストークス受信器を用... [more] OCS2019-15
pp.25-29
PN, EMT, OPE, EST, MWP, LQE
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2019-01-18
10:05
大阪 大阪大学中之島センター 金属パッチを装荷した金属-誘電体の交互層で構成される偏波無依存型ブラックシート
伊東浩志山内潤治中野久松法政大
金属と誘電体の交互層で構成されるブラックシートをtranmission-matrix method (TMM) と有限差... [more] PN2018-67 EMT2018-101 OPE2018-176 LQE2018-186 EST2018-114 MWP2018-85
pp.197-202
OPE
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2016-02-18
09:55
沖縄 沖縄大学 ファラデー回転ミラーとマイケルソン干渉計を用いたDPSK受信機の検討
島崎興平來住直人電通大
従来のDPSK受信システムは分岐・干渉の際、ファイバの複屈折によって偏波が揺らぎ、安定的な検波は困難となる。本稿では,偏... [more] OFT2015-57 OPE2015-217
pp.11-16
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2013-11-22
10:25
新潟 長岡技術科学大学 偏波多重光伝送におけるトレーニング系列を用いたIn-band光S/N推定
岡本聖司木坂由明山崎悦史石原浩一片岡智由NTT
本論文では,送信信号に時間多重したトレーニング系列を用いた光信号電力対雑音電力比(Optical signal-to-n... [more] OCS2013-86
pp.25-29
SIP, RCS
(共催)
2013-01-31
15:10
広島 ビューポートくれ(呉) 偏波モード分散と偏波依存損失を考慮した偏波多重光OFDM伝送方式のSNR特性
小笠原慎二林 和則金子めぐみ酒井英昭京大)・安部淳一前田和佳子小笠原大作NEC
本研究では光通信における線形信号歪の原因の一つである偏波モード分散のいくつかの性質を,そのインパルス応答と周波数応答を解... [more] SIP2012-87 RCS2012-244
pp.37-42
OPE, LQE, OCS
(共催)
2012-10-26
13:30
宮崎 ホテルメリージュ(宮崎) 高DGDフィールド環境における100 Gb/s PDM-QPSK信号のPDLに対する伝送特性の評価
岩城亜弥子河合武司坂巻陽平山本秀人乾 哲郎川上広人山中祥吾小野 隆森 邦彦鈴木昌弘片岡智由福徳光師坂野寿和富沢将人宮本 裕NTT
100 Gb/s PDM-QPSK信号に対してPDLが与える伝送品質の劣化は,DGDとの複合的な劣化として作用する.今回... [more] OCS2012-67 OPE2012-118 LQE2012-84
pp.135-140
NS, OCS, PN
(併催)
2012-06-21
13:30
山形 山形大学 商用敷設ファイバから構成されるフィールド環境における40G/100G混在PDM-QPSKリアルタイムDWDM伝送特性評価
山本秀人乾 哲郎川上広人山中祥吾坂野寿和河合武司小野 隆岩城亜弥子中川匡夫NTT)・小谷川 喬NTTコミュニケーションズ
高い偏波モード分散を有する分散シフトファイバから構成される580kmのフィールド試験環境を構築し、リアルタイムDSPを用... [more] OCS2012-9
pp.1-6
AP 2011-01-20
16:35
佐賀 佐賀大学 市街地移動通信環境における伝搬路の偏波広がり特性
今井哲朗北尾光司郎NTTドコモ
近年,移動通信システムにおいて伝送速度の高速化を図るために MIMO (Multiple input Multiple ... [more] AP2010-147
pp.85-90
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2010-11-19
09:25
大阪 SEI 生駒セミナーハウス 線形光サンプリング法によるPMD測定における非線形光学効果の影響
岡本達也岡本圭司ファン シンユウ伊藤文彦NTT
40Gb/s以上の伝送速度を有する光通信システムでは、偏波モード分散(PMD)が高速化の制限要因となる。PMDは時間的に... [more] OCS2010-94
pp.29-34
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2010-11-19
09:50
大阪 SEI 生駒セミナーハウス PNC-OFDRによる陸上スパン高複屈折率区間の測定
ファン シンユウ古敷谷優介伊藤文彦NTT
既設光ケーブルは、高PMD区間が存在し、光伝送システムに伝送速度の制限を与えてしまい、超高速伝送システム(例えば40また... [more] OCS2010-95
pp.35-40
OPE, EMT, LQE, PN, IEE-EMT
(共催)
2010-01-28
14:30
京都 京大桂キャンパス、Bクラスター事務管理棟 、大会議室_A会場、桂ラウンジ_B会場 [招待講演]無線信号処理技術のフォトニックネットワークへの適用
中川匡夫NTT
光通信において,デジタル信号処理を用いたコヒーレント受信技術が盛んに研究されている.一方,無線通信においては,周波数利用... [more] PN2009-41 OPE2009-179 LQE2009-161
pp.35-40
CS, OCS
(併催)
2010-01-29
14:30
山口 海峡メッセ下関 全光3R再生中継器の80Gbit/s RZ-DQPSK光通信システムへの応用
笠 史郎八木幹雄ソフトバンクテレコム
電気段でのディジタル信号処理を用いた、コヒーレント光受信器に関する検討が活発化しているが、これは電気信号処理を基にしてい... [more] OCS2009-116
pp.93-98
OFT 2010-01-22
10:35
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) 全偏波PNC-OFDRによる長距離高PMD分布測定
ファン シンユウ古敷谷優介伊藤文彦NTT
偏波モード分散(PMD)は高速・長距離の光通信システムに伝送特性劣化のひとつの要因となることが知られている。一般に光ファ... [more] OFT2009-79
pp.95-98
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2009-11-26
17:15
福島 Jヴィレッジ xy電界サンプリング法を用いたアイパターンとPMDベクトルの同時観測
岡本圭司伊藤文彦NTT
偏波モード分散(PMD)の測定は,近年,光通信が超高速・長距離化するにつれ,その重要性を一層増している.一方,光信号の品... [more] OCS2009-91
pp.51-56
OCS 2009-07-29
15:15
静岡 ウェルシティ湯河原 多値光伝送における波長分散耐力と偏波モード分散耐力に関する検討
吉田 剛杉原隆嗣水落隆司三菱電機
40 Gb/sから100 Gb/s級光伝送の分散耐力向上のため,シンボルレート(Bs)を低速化する多値変復調方式が注目を... [more] OCS2009-24
pp.29-34
PN, OPE, EMT, LQE
(共催)
2009-01-30
11:55
京都 京都工芸繊維大学(松ヶ崎キャンパス) 43Gbit/sアイ開口モニタLSIを用いた分散量推定と電気分散補償器制御
安部淳一吉田信秀野口栄実NEC)・金光俊一内田宏章尾崎 学NECエンジニアリング)・天宮 泰NEC
43Gbit/s動作高速アイ開口モニタLSIを用い、簡易な推定アルゴリズムによる偏波分散及び波長分散量の推定を行った。4... [more] PN2008-66 OPE2008-169 LQE2008-166
pp.135-140
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2008-11-20
18:40
大分 日本文理大学 湯布院研修所 位相雑音補償OFDR法による高PMDファイバ後方散乱光の偏波分布測定
樊 昕昱古敷谷優介伊藤文彦NTT
偏波モード分散(PMD)は高速・長距離の光通信システムに伝送特性劣化のひとつの要因となることが知られている。一般に光ファ... [more] OCS2008-96
pp.67-70
EMD 2008-11-16
10:00
宮城 東北文化学園大学(仙台) An Innovation of Particulate Reinforced Alumina and Acrylic Rubber Composite Materials
N. TangboriboonP. WongpinthongN. UttanawanitM. LongthongKasetsart Univ.
Alumina particles reinforce in polar acrylic rubber to obtai... [more] EMD2008-91
pp.105-108
OCS, OFT
(併催)
2008-08-28
13:00
北海道 北海道大学 [特別招待講演]偏波保持光ファイバの研究・開発とその応用
佐々木 豊茨城大
最初に,偏波保持光ファイバの基礎的な事項に触れ,ついで,研究・開発について述べる.さらに,その応用に言及し,最後に、今後... [more] OCS2008-37 OFT2008-19
pp.21-30(OCS), pp.13-22(OFT)
OCS, OFT
(併催)
2008-08-29
14:30
北海道 北海道大学 偏波変動に起因して変動する偏波モード分散補償のための最急降下法を用いたトラッキングアルゴリズム
谷澤 健廣瀬 明東大
偏波モード分散(PMD)の適応補償は,光通信の高速化や光ネットワークの高度化の重要課題の一つである.本論文で,我々は,最... [more] OCS2008-45
pp.63-68
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会