お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1~15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, SR, NS, SeMI, RCC
(併催)
2021-07-14
16:35
ONLINE オンライン開催 [招待講演]マルチエージェントシステムの最適制御:監視問題と車群制御
小林孝一北大RCC2021-29 NS2021-39 RCS2021-84 SR2021-27 SeMI2021-15
本講演では,マルチエージェントシステムの制御に関する著者らの結果を紹介する.まず,監視問題について説明する.監視問題とは... [more] RCC2021-29 NS2021-39 RCS2021-84 SR2021-27 SeMI2021-15
p.36(RCC), p.38(NS), p.38(RCS), p.41(SR), p.20(SeMI)
RCS 2021-04-22
14:50
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]5Gを活用した低遅延車車間通信とトラック隊列走行の実現
吉野 仁三上 学ソフトバンクRCS2021-7
第5世代移動通信システム(5G)がサポートする通信領域は3つあると言われている。従来の延長である拡張モバイルブロードバン... [more] RCS2021-7
pp.25-29
AP 2021-04-16
13:25
兵庫 城崎国際アートセンター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
縦列走行V2V直接通信におけるドップラスペクトルと路面散乱の関係
今井哲朗東京電機大)・宮下真行山口 良豊見本和馬ソフトバンクAP2021-5
現在,車両の縦列走行V2V直接通信の実用化にむけて精力的な検討が進められている.ここで,縦列走行では同一速度で走行するこ... [more] AP2021-5
pp.23-27
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-21
09:50
ONLINE オンライン開催 高速移動環境における早期HARQ再送制御の性能解析
塩満優作岡本英二名工大)・三上 学吉野 仁ソフトバンクIT2020-71 SIP2020-49 RCS2020-162
第5世代移動通信システム(5G)の要求シナリオに,自動運転などを目的としたultra-reliable and low ... [more] IT2020-71 SIP2020-49 RCS2020-162
pp.46-51
SR 2019-11-05
10:00
海外 Rutgers University, NJ, USA [招待講演]5G Vehicle-to-Vehicle (V2V) Communication Field Trial -- An application of 5G Ultra-Reliable and Low-Latency Communication (URLLC) to Truck Platooning --
Hitoshi YoshinoKohei MotoKoichi SerizawaManabu MikamiSoftBank Corp.SR2019-75
 [more] SR2019-75
pp.29-33
AP, SANE, SAT
(併催)
2019-07-17
15:00
宮城 東北大学 [依頼講演]隊列走行V2V通信におけるドップラースペクトルに関する考察
芹澤弘一豊見本和馬宮下真行・○山口 良ソフトバンクAP2019-28
近年,第5世代移動通信(5G)に関する研究開発が盛んに行われている.我々は5Gの特徴の1つである「高信頼・低遅延」に注目... [more] AP2019-28
pp.39-42
RCS, AP
(併催)
2018-11-22
12:40
沖縄 沖縄産業支援センター [招待講演]5Gで実現する自動運転
吉野 仁ソフトバンクAP2018-134 RCS2018-209
5Gは、従来からの大容量通信に加えて新たに高信頼・低遅延通信の実現を目指している.また、自動運転技術は、センサー技術、A... [more] AP2018-134 RCS2018-209
p.183(AP), p.179(RCS)
RCS, AP
(併催)
2018-11-22
13:40
沖縄 沖縄産業支援センター [依頼講演]トラック隊列走行への適用に向けた5G低遅延通信フィールド実験評価
三上 学山口 良吉野 仁ソフトバンクAP2018-135 RCS2018-210
第5世代移動通信(5G)では,従来のモバイルブロードバンド通信能力の拡張であるenhanced Mobile Broad... [more] AP2018-135 RCS2018-210
pp.185-190(AP), pp.181-186(RCS)
RCS 2018-10-18
14:55
東京 機械振興会館 [依頼講演]トラック隊列走行への適用に向けた5G超低遅延通信フィールド実証試験に関する取り組み
三上 学吉野 仁ソフトバンクRCS2018-161
第5世代移動通信(5G)では,従来のモバイルブロードバンド通信能力の拡張である拡張モバイルブロードバンド通信(eMBB:... [more] RCS2018-161
pp.61-66
ITS, WBS
(併催)
2012-11-26
14:45
熊本 熊本大学 [ポスター講演]自動隊列走行のための目標走行地点作成アルゴリズム
河藤雄基坂本 徹福本勝功谷 侑樹和田友孝岡田博美関西大ITS2012-23
自動車は現代社会において,利便性や汎用性を兼ね備えた交通手段であり,様々な目的に利用されて今日の社会経済の発展に大きく貢... [more] ITS2012-23
pp.29-34
ITS, IEE-ITS, IPSJ-ITS
(連催)
2011-09-28
16:40
栃木 宇都宮大学陽東キャンパス [招待講演]自動運転・隊列走行技術の開発
青木啓二日本自動車研ITS2011-19
高速道路を走行する大型トラックの省エネ化を実現するため、空気抵抗が減少する近接車間距離で車群走行する自動運転・隊列走行技... [more] ITS2011-19
pp.57-60
CS, NS, IN
(併催)
2011-09-02
10:25
宮城 東北大学 動的車線保持制御のための仮想道路作成法
福本勝功谷 侑樹和田友孝岡田博美関西大IN2011-73
近年,センシング技術や通信技術の発展により,車両の自動運転の実現性が高くなっている.ITSにおいては事故を防ぐことを目的... [more] IN2011-73
pp.59-64
ITE-AIT, IE, ITE-HI, ITE-ME, ITS
(共催)
2010-02-16
15:25
北海道 北海道大学大学院情報科学研究科 隊列走行車両における異常や故障を考慮したHMIの一検討
加藤 晋美濃部直子産総研)・津川定之名城大ITS2009-82 IE2009-176
本報告では,CO2削減と省エネルギーを目指すエネルギーITSプロジェクトのトラックの隊列走行システムにおけるヒューマンマ... [more] ITS2009-82 IE2009-176
pp.257-262
ITE-AIT, IE, ITE-HI, ITE-ME, ITS
(共催)
2010-02-16
15:50
北海道 北海道大学大学院情報科学研究科 隊列走行車両における周辺車両への提示情報の一検討
加藤 晋美濃部直子産総研)・津川定之産総研/名城大ITS2009-83 IE2009-177
本報告では,CO2削減と省エネルギーを目指すエネルギーITSプロジェクトのトラックの隊列走行システムにおける自車両内も含... [more] ITS2009-83 IE2009-177
pp.263-267
NS, CS, IN
(併催)
2007-09-21
14:50
宮城 東北大学 VANET環境における協調衝突回避システムの改善
大井恵介タレブ タリク橋本和夫東北大NS2007-72
VANET下での協調衝突回避において,連鎖事故による衝突数のを削減するためには再送制御による通信遅延や通信量増加によるパ... [more] NS2007-72
pp.95-100
 15件中 1~15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会