お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 32件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EST 2022-01-27
10:40
ONLINE オンライン開催 IoTセンサを用いた道路状況把握技術
加古啓晶津野晃大木村秀明中部大EST2021-59
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] EST2021-59
pp.15-18
EE 2021-01-25
15:20
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 超音波振動を利用した医療用非接触給電システムにおける高周波インバータの設計に関する検討
横井 翔三島智和神戸大EE2020-35
近年,ペースメーカーなどの人体に内蔵する高度な医療機器に適用されるバッテリへの給電手法として、無接点にて電力を伝送するワ... [more] EE2020-35
pp.63-68
US 2020-11-05
13:00
愛知 愛知工業大学 八草キャンパス 低圧スパッタ成膜で増大する負イオン照射がScAlN薄膜の結晶性と圧電性に及ぼす影響
冨永卓海髙柳真司同志社大)・柳谷隆彦早大US2020-43
ScAlN薄膜は,AlN 薄膜よりも非常に大きな圧電性を有すことから,弾性波デバイスへの応用が期待されている.ScAlN... [more] US2020-43
pp.1-6
US 2020-09-28
14:50
ONLINE オンライン開催 ScAlスパッタターゲットから生じる負イオンがScAlN圧電薄膜の結晶配向性や電気機械結合係数に及ぼす影響
木原流唯早大)・高柳真司同志社大)・柳谷隆彦早大US2020-36
広帯域なBAWフィルタへの応用を目指して、大きな電気機械結合係数をもつScAlN圧電薄膜が注目されている。Scは酸化しや... [more] US2020-36
pp.51-56
EA, US
(併催)
2020-01-22
10:30
京都 同志社大学 [ポスター講演]円盤のたわみ共振モードを用いた粒度分布推定
坂田大昂佐伯誠哉見崎貴史小山大介松川真美同志社大US2019-80 EA2019-93
河床付近を転動および滑動する掃流砂は,河床低下や局所洗掘といった河川の地形変化を引き起こす.掃流砂の粒度分布を測定するこ... [more] US2019-80 EA2019-93
pp.57-62
US 2019-11-11
13:50
静岡 静岡大学 パルスレーザー超音波法による皮質骨コラーゲン中の悪玉架橋が音速に与える影響の評価
倉岡正貴中村 司福永拓未安井寛和松川真美同志社大US2019-59
糖尿病患者の骨では,カルシウム密度が健常者と同等にも関わらず,骨強度が低下する結果が報告されている.その原因として,糖尿... [more] US2019-59
pp.11-15
US 2019-05-20
13:00
東京 機械振興会館 ウシ皮質骨における超音波誘発電位の部位依存性
中村 司牧野大輝高田峰聖福永拓未松川真美同志社大US2019-8
LIPUSによる難治性骨折治療では,部位ごとに治癒率が異なることなど,多くの臨床結果が報告されている.しかしながら,超音... [more] US2019-8
pp.1-5
US 2019-05-20
15:15
東京 機械振興会館 ゾルゲル複合体超音波トランスデューサにおける非圧電体ゾルゲル相の影響
小林牧子前田大地熊本大US2019-13
ゾルゲル複合体はその耐熱性から高温用超音波トランスデューサとしての応用が期待されている.ゾルゲル複合体は粉体相とゾルゲル... [more] US2019-13
pp.23-26
US 2018-05-21
14:20
東京 機械振興会館 マイクロリニア超音波モータの試作と特性調査
出原俊介真下智昭豊橋技科大US2018-13
本論文では,これまでに報告された最小リニアモータの一つである超小型リニア超音波モータを提案する.固定子は,1辺の長さが2... [more] US2018-13
pp.13-16
US 2018-04-26
13:00
東京 電気通信大学 片持ち梁型圧電振動発電の分布定数系解析 ~ 材料特性による発電性能への影響 ~
折野裕一郎伊東良晴舟窪 浩黒澤 実東工大US2018-1
環境振動発電のデバイスおよび圧電材料の設計開発に向け,たわみ振動する片持ち梁型圧電バイモルフ振動子を利用する方式のデバイ... [more] US2018-1
pp.1-6
US, EA
(併催)
2018-01-23
13:00
大阪 関西大学 [ポスター講演]MHz域における皮質骨の逆圧電効果の実験的検討
牧野大輝森 駿貴中西翔子小山大介同志社大)・高柳真司名工大)・松川真美同志社大US2017-91
MHz域の超音波照射により,骨の癒合期間が短縮される要因の一つとして骨の圧電性が指摘されている.これまで我々は骨を圧電材... [more] US2017-91
pp.51-54
US 2017-12-11
16:45
東京 日本大学 非線形弾性係数を導入した圧電縦効果の伝達マトリクスによるランジュバン振動子のモデル化
岩間成裕三宅 奏森田 剛東大US2017-81
ボルト締めランジュバン振動子は、圧電体への圧縮予圧によりハイパワー駆動を可能としているが、最適予圧の導出方法は確立されて... [more] US2017-81
pp.37-40
CPM 2017-07-21
14:39
北海道 北見工業大学第一総合研究棟2F多目的講義室 光変調を目指したPZT-Bi:RIGマルチフェロイック複合膜の作製と評価
秋山直紀後藤太一高木宏幸中村雄一林 攀梅内田裕久井上光輝豊橋技科大CPM2017-24
磁気光学空間光変調器(Magneto-optic spatial light modulator: MOSLM)はナノ秒... [more] CPM2017-24
pp.15-19
US 2016-11-07
16:50
静岡 静岡大学 浜松キャンパス 掃流砂の粒径判別を目的とした圧電センサシステムの開発
林 正敏吉川拓弥小山大介松川真美同志社大US2016-59
環境測定の現場では構造が簡易で電源を必要としない堅牢なセンサが求められている.河川において,河床の砂や小石の粒度分布は河... [more] US2016-59
pp.59-62
MBE 2016-01-21
14:30
鹿児島 鹿児島大学 有機強誘電体のガス分子吸着特性の制御
山下誠一劉 傳軍林 健司九大MBE2015-93
電気的な刺激を与えると微小領域で形状や極性が変化するポリマーを用いて,立体構造中のガス分子結合サイトの状態を変化させるこ... [more] MBE2015-93
pp.53-58
OCS, OPE, LQE
(共催)
2014-10-30
13:15
長崎 長崎歴史文化博物館 超高速全光論理ゲート素子に向けたInP(311)B基板に成長させた1550nm帯QD-SOAの利得特性とピエゾ効果の検討
松本 敦NICT)・武井勇樹早大)・赤羽浩一NICT)・石川 浩松島裕一宇高勝之早大OCS2014-58 OPE2014-102 LQE2014-76
光論理ゲート素子の実現に向け、歪補償技術を用いて量子ドット(QD)を20層積層した量子ドット半導体光増幅器(QD-SOA... [more] OCS2014-58 OPE2014-102 LQE2014-76
pp.87-91
US 2014-09-29
14:35
山形 山形大学 米沢キャンパス 超音波により励起される骨中電位の極性について
常田裕子松川沙弥果眞野 功同志社大)・水野勝紀東大)・柳谷隆彦名工大)・高柳真司松川真美同志社大US2014-46
超音波骨折治療のメカニズム解明のための第一歩として,超音波照射時の骨の誘発電位について検討する.これまで我々のグループは... [more] US2014-46
pp.19-22
US 2014-08-25
13:00
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス 圧電性を考慮した音叉型水晶振動子のQ値の解析
杉浦敬祐・○伊藤秀明信州大US2014-33
片持梁モデルとL字型モデルを基に音叉型水晶振動子のQ値を解析してきたが、水晶を単なる弾性体とみなしていた。本研究では水晶... [more] US2014-33
pp.1-6
US 2014-08-25
16:35
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス 水中音響通信システムにおけるトランスデューサの能動的最適化に関する基礎的検討
齋藤陽介海老原 格水谷孝一若槻尚斗筑波大)・小笠原英子防衛大US2014-41
水中に設置されるセンサは,各種水中計測やセンサネットワークを構築する上で欠かせない基本的なコンポーネントである.
そし... [more]
US2014-41
pp.43-48
US, EA
(併催)
2013-01-24
10:40
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 水晶振動子を用いたBiotin修飾マイクロバブルの特異的吸着の計測
村本貴茂下谷遼資吉田憲司渡辺好章同志社大US2012-88
標的部位に特異的に吸着する標的指向性マイクロバブルは,超音波造影剤や超音波ドラッグデリバリーシステム(Drug Deli... [more] US2012-88
pp.1-6
 32件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会