お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2021-03-04
13:00
ONLINE オンライン開催 CMOSイメージセンサPUFにおける高効率レスポンス生成回路の設計
青木雅典大倉俊介白畑正芳藤野 毅立命館大VLD2020-82 HWS2020-57
イメージセンサは,個人認証や運転支援などにも利用され,システムの重要な機能を担っている.これまでに,デバイスの製造ばらつ... [more] VLD2020-82 HWS2020-57
pp.79-84
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2020-03-07
10:30
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
Non-IID PUFのエントロピー低下要因とエントロピー見積もり手法 (1)
汐﨑 充立命館大)・堀 洋平産総研)・大倉俊介白畑正芳藤野 毅立命館大VLD2019-138 HWS2019-111
Physically Unclonable Function (PUF)の国際標準化が現在進められており,PUFの評価項... [more] VLD2019-138 HWS2019-111
pp.257-262
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2020-03-07
10:55
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
Non-IID PUFのエントロピー低下要因とエントロピー見積もり手法 (2)
汐﨑 充立命館大)・堀 洋平産総研)・大倉俊介白畑正芳藤野 毅立命館大VLD2019-139 HWS2019-112
Physically Unclonable Function (PUF)の国際標準化が現在進められており,PUFの評価項... [more] VLD2019-139 HWS2019-112
pp.263-268
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-15
09:15
愛媛 愛媛県男女共同参画センター 計算機モデルを用いたPUF評価指標とレスポンスbit長の依存性に関する一考察
大山達哉白畑正芳汐﨑 充大倉俊介立命館大)・堀 洋平産総研)・藤野 毅立命館大ICD2019-33 IE2019-39
現在,Physically Unclonable Function (PUF)の国際標準化のためにこれまで明確に定められ... [more] ICD2019-33 IE2019-39
pp.25-30
ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS, BioX
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-07-24
09:30
高知 高知工科大学 ASIC実装したRing-Oscillator PUFへの電磁界解析攻撃
汐﨑 充藤野 毅立命館大ISEC2019-39 SITE2019-33 BioX2019-31 HWS2019-34 ICSS2019-37 EMM2019-42
Physically Unclonable Function (PUF)は静的/動的な物理解析が困難なためIoTデバイス... [more] ISEC2019-39 SITE2019-33 BioX2019-31 HWS2019-34 ICSS2019-37 EMM2019-42
pp.227-234
HWS 2019-04-12
15:05
宮城 東北大学 180nm CMOSプロセスを用いたPhysically Unclonable Functionsの実装と評価
汐﨑 充久保田貴也白畑正芳立命館大)・堀 洋平片下敏宏産総研)・藤野 毅立命館大HWS2019-4
現在,Physically Unclonable Function (PUF)の国際標準化が進められており,これまで明確... [more] HWS2019-4
pp.19-24
DC 2019-02-27
10:55
東京 機械振興会館 製造検査時における組込み自己テスト回路を利用した効率的なPUF回路のチャレンジレスポンス対の生成と評価
三野智貴新谷道広井上美智子奈良先端大DC2018-75
近年,半導体部品市場における偽造IC チップの流通が問題になっている.その対策として,物理複製困難(Physically... [more] DC2018-75
pp.25-30
HWS, ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-07-26
15:00
北海道 札幌コンベンションセンター Fuzzy Extractorの誤り訂正回路に対するサイドチャネル攻撃
後藤裕太汐崎 充藤野 毅立命館大ISEC2018-43 SITE2018-35 HWS2018-40 ICSS2018-46 EMM2018-42
IoTデバイスの認証等に使用される暗号鍵を窃取する手法として,暗号回路動作時の消費電力や漏洩電磁波を用いたサイドチャネル... [more] ISEC2018-43 SITE2018-35 HWS2018-40 ICSS2018-46 EMM2018-42
pp.343-348
OME 2016-10-28
17:00
東京 機械振興会館 有機薄膜トランジスタを用いた物理複製不能回路の電圧依存性
栗原一徳堀 洋平片下敏宏産総研)・垣田一成田中康裕宇部興産)・吉田 学産総研OME2016-47
本研究ではフレキシブル基板上に有機リングオシレータ(RO)回路を作成し,そのセキュリティ回路としての性能を評価した. セ... [more] OME2016-47
pp.39-42
RECONF 2015-06-20
11:35
京都 京都大学 PUFとFuzzy Extractorを用いた暗号鍵生成回路のSASEBO-G3への実装
堀 洋平片下敏宏産総研RECONF2015-19
物理複製困難関数 (Physically Unclonable Function: PUF) の不安定な出力からFuzz... [more] RECONF2015-19
pp.103-108
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会