お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OPE, LQE
(共催)
2020-11-20
15:30
ONLINE オンライン開催 高指向性テラヘルツ波を用いた高セキュリティ無線通信の原理確認 ~ ホモダイン検波及びヘテロダイン検波によるアンド演算の実現 ~
河合優佑山内健太加藤和利九大OPE2020-55 LQE2020-35
我々は無線通信における物理層でのセキュリティ向上を目指した暗号化方式を検討している。その一手法として、指向性が高いテラヘ... [more] OPE2020-55 LQE2020-35
pp.53-57
OPE, LQE
(共催)
2020-11-20
15:30
ONLINE オンライン開催 テラヘルツ波自己相関計による繰り返し光波形の観測
山本留央加藤和利九大OPE2020-56 LQE2020-36
我々は高繰り返し光波形測定のために、光ディレイラインと高速フォトダイオードからなるテラヘルツ波自己相関計を提案し、最大3... [more] OPE2020-56 LQE2020-36
pp.58-61
OPE, LQE
(共催)
2020-11-20
15:30
ONLINE オンライン開催 光ファイバの波長分散特性を用いたテラヘルツ波ビームステアリング法
齋藤 匠加藤和利九大OPE2020-59 LQE2020-39
光ファイバの波長分散特性を用いたテラヘルツ波ビームステアリング法の検討を行った。この方法では2光波の波長変化によって2光... [more] OPE2020-59 LQE2020-39
pp.71-74
ED, THz
(共催)
2017-12-18
13:00
宮城 東北大通研ナノ・スピン棟 [招待講演]コヒーレントテラヘルツ波発生に向けた半導体光集積デバイス技術
加藤和利九大ED2017-72
テラヘルツ波は大容量無線通信や高分解能のイメージングへの応用が期待されている。特にコヒーレントなテラヘルツ波によりこれら... [more] ED2017-72
pp.1-4
OPE 2017-12-07
13:15
沖縄 まりんぴあみやこ [ポスター講演]光技術を用いた高繰り返しテラヘルツ波パルス生成法の検討
光枝 健山中友輔加藤和利九大OPE2017-107
我々は、無線通信システムの高速化技術として、テラヘルツ領域の繰り返し周期を持つパルス波キャリアを検討している。このテラヘ... [more] OPE2017-107
pp.93-96
OCS, OPE, LQE
(共催)
2017-10-26
15:45
熊本 桜の馬場城彩苑(熊本) フォトミキシングと相互利得変調を用いた光-無線メディア変換技術の検討
山中友輔久保木 猛加藤和利九大OCS2017-46 OPE2017-78 LQE2017-51
我々は、光ネットワークからテラヘルツ波ネットワークにシームレスに信号を載せ替えるシステムとして、フォトミキシングと半導体... [more] OCS2017-46 OPE2017-78 LQE2017-51
pp.53-56
MWP 2016-11-14
16:10
東京 機械振興会館 光導波路型デバイスの波長分散測定法の検討と波長分散変化を用いたテラヘルツ波位相調整
山中友輔坂野豪紀春木 隼久保木 猛加藤和利九大MWP2016-52
近年、周波数0.1~10THzの電磁波であるテラヘルツ波に対して、近距離無線通信やイメージング等の分野での応用が期待され... [more] MWP2016-52
pp.51-55
CS, OCS
(併催)
2016-01-22
09:50
鹿児島 鹿児島大学 稲盛アカデミー(郡元キャンパス) 次世代フルコヒーレントアクセスネットワークに向けたグラフェンチャネルFET及びInP系HEMTによるサブテラヘルツ帯光電子融合周波数変換
菅原健太玉虫 元アドリアン ドブロユ吉田智洋末光哲也吹留博一末光眞希リズィー ビクトール岩月勝美東北大)・桑野 茂可児淳一寺田 純NTT)・尾辻泰一東北大OCS2015-95
グラフェンチャネルFET(G-FET),及びInP系高電子移動度トランジスタ(HEMT)を試作し,それらトランジスタを用... [more] OCS2015-95
pp.41-46
ED 2014-12-22
14:10
宮城 東北大学電気通信研究所 片平北キャンパス ナノ・スピン総合研究棟 InGaAsチャネルHEMT及びグラフェンチャネルFETを用いたミリ波帯フォトミキシング
川崎鉄哉吉田智洋菅原健太Adrian Dobroiu渡辺隆之杉山弘樹若生洋由希東北大)・可児淳一寺田 純桑野 茂NTT)・吾郷浩樹河原憲治九大)・岩月勝美末光哲也尾辻泰一東北大ED2014-100
InGaAsチャネル高電子移動度トランジスタ(HEMT)、及びグラフェンチャネルFETを用いて、差周波12.5~37.5... [more] ED2014-100
pp.9-13
ED 2010-12-17
15:15
宮城 東北大学 電気通信研究所 超平坦光コム発生器を用いたミリ波帯ビート信号の生成
諸橋 功坂本高秀NICT)・外林秀之NICT/青学大)・川西哲也寳迫 巌NICTED2010-173
本稿では,マッハツェンダ変調器ベース超平坦光コム発生器を用いたミリ波帯ビート信号発生法について報告する.光コム発生器によ... [more] ED2010-173
pp.83-86
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会