お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SeMI, IPSJ-MBL, IPSJ-DPS, IPSJ-ITS
(連催)
2021-05-28
11:50
ONLINE オンライン開催 屋内PDRにおける教師データの部分的導入による階段昇降の推定
高橋千彩季森野博章芝浦工大SeMI2021-9
地震などの災害時に屋内の避難者の避難経路をスマートフォンに記録できれば,要救助者の救助活動の支援に役立つとして,PDR(... [more] SeMI2021-9
pp.45-50
PRMU, BioX
(共催)
2019-03-18
16:10
東京 電気通信大学 [招待講演]歩容認証のための幾何制約条件下での動的計画法を用いた歩行者軌跡の抽出(BTAS 2018)
槇原 靖荻 岳仁八木康史阪大BioX2018-66 PRMU2018-170
防犯カメラ映像を用いた歩容認証は,歩き方から個人の識別を行う技術で犯罪捜査などに用いられている.歩容認証は,人物の検出・... [more] BioX2018-66 PRMU2018-170
p.207
HPB
(第二種研究会)
2018-02-21
11:35
東京 東京電機大学 2.4GHz帯無線ノードの距離に応じた通信品質の計測
安達 廉石澤鴻弥鈴木陽太野中直樹岩井将行東京電機大
近年の未成年の交通事故のうち, 最も死傷者数が多いのは6歳から12歳までの小学生である. 平成28年の警視庁の統計による... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) カメラベース位置推定手法へのPDRの統合及び音声インタフェースの検討
釜坂一歩北原 格筑波大)・一刈良介興梠正克蔵田武志産総研)・亀田能成筑波大
我々は視覚障害者の単独歩行支援を目的とし,カメラを用いた経路上の位置推定手法を提案している.視覚障害者が外出する際には,... [more]
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-20
16:10
愛知 名城大 第20回PRMU研究会アルゴリズムコンテスト実施報告 ~ 「みんなの足取りを特定せよ!」多人数・多カメラ間追跡 ~
川西康友前田高志名大)・森 司三重大)・児玉祐樹名大)・佐藤大亮東北大)・伊奈拓郎京大)・熊谷章平名城大BioX2016-45 PRMU2016-208
本稿では,電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ パターン認識・メディア理解(PRMU)研究専門委員会が2016年... [more] BioX2016-45 PRMU2016-208
pp.67-79
SANE, SAT
(併催)
2017-02-23
13:40
千葉 勝浦ホテル三日月 多周波ステップCPCレーダ及び機械学習アルゴリズムを用いた車両と歩行人物認識のための短時間特徴量
中村真帆渡辺一宏秋田 学渡辺優人稲葉敬之電通大SANE2016-119
多周波ステップCPC(complementary phase code) レーダによる極短時間(1CPI~30ms x ... [more] SANE2016-119
pp.7-12
PRMU 2016-12-15
16:40
鳥取 鳥取大学 第20回パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)アルゴリズムコンテスト表彰式
川西康友名大
本セッションでは,電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ パターン認識・メディア理解(PRMU)研究専門委員会が2... [more]
ITS, IEE-ITS
(連催)
2016-03-10
11:00
京都 京都大学 視線計測による“歩きスマホ”の危険性検証
尾林史章杉江亮輔金 洪小塚一宏愛知工科大ITS2015-87
スマートフォンの急速な普及とともに,歩行中に使用する“歩きスマホ”が場所を問わず見られるようになってきた.歩行者が行き交... [more] ITS2015-87
pp.17-21
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2016-01-22
09:30
大阪 阪大銀杏会館 パーツ選択型DPMを用いた傘差し歩行者検出手法の検討
新保祐人川西康友出口大輔井手一郎村瀬 洋名大PRMU2015-123 MVE2015-45
近年,車載カメラを用いた歩行者検出技術が注目されている.
しかし,雨天環境においては傘によって歩行者の頭部が隠蔽される... [more]
PRMU2015-123 MVE2015-45
pp.163-168
PRMU 2015-12-22
14:10
長野 信州大学 [特別講演]サーベイ論文:画像からの歩行者属性認識
川西康友新村文郷出口大輔村瀬 洋名大PRMU2015-112
防犯カメラや車載カメラによって取得した画像から,そこに写った歩行者が持つ属性を認識することは,歩行者の認識,照合,交通危... [more] PRMU2015-112
pp.117-127
NLP, CAS
(共催)
2015-10-06
11:25
広島 アステールプラザ(広島市) 領域抽出と輪郭角度特徴量を用いた歩行者認識システムの一検討
松田祐二郎孟 林福井正博立命館大CAS2015-38 NLP2015-99
近年,自動車安全システムの要望の高まりに伴い高精度かつ高速度な歩行者認識システムが強く求められている.本稿では,画像のグ... [more] CAS2015-38 NLP2015-99
pp.91-96
WIT, SP, ASJ-H, PRMU
(共催)
2015-06-18
16:25
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 車載カメラ画像からの「スマホ歩き」認識に基づく歩行者の不注意度推定
新村文郷川西康友出口大輔井手一郎村瀬 洋名大)・藤吉弘亘中部大PRMU2015-46 SP2015-15 WIT2015-15
歩行者の不注意による道路への飛び出しは衝突事故の危険性が高く,安全な運転のためにはそのような歩行者の存在を把握することが... [more] PRMU2015-46 SP2015-15 WIT2015-15
pp.83-88
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2015-02-23
13:30
北海道 北海道大学 回転不変な勾配方向の特徴量による姿勢変動に頑健な歩行者検出
堀川雄太松島宏典久留米高専ITS2014-42 IE2014-69
自動車の安全運転支援技術において,歩行者認識は重要な研究対象である.歩行者認識の手法として,画像特徴量と識別器を組み合わ... [more] ITS2014-42 IE2014-69
pp.53-58
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2015-02-23
13:45
北海道 北海道大学 サブカテゴリ分割における局所補間を用いた識別器の構築による歩行者認識
山崎裕太松島宏典久留米高専ITS2014-43 IE2014-70
近年,路上を走る車両数の増加に伴い,交通事故発生件数も増大している.また,近年の状態別交通事故死者数では,シートベルト着... [more] ITS2014-43 IE2014-70
pp.59-64
IE, EMM, LOIS
(共催)
IEE-CMN, ITE-ME
(連催) [詳細]
2014-09-18
17:35
高知 高知工科大学 [招待講演]車載カメラ映像からの歩行者検知
陳 国躍張 興国猿田和樹寺田裕樹秋田県立大LOIS2014-24 IE2014-37 EMM2014-54
世界では,人と車両の事故による死亡者数は毎年百万人を超え,その半数以上は運転者側の認知ミスに原因があると言われている.つ... [more] LOIS2014-24 IE2014-37 EMM2014-54
p.59
ITS, IE
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2014-02-18
13:20
北海道 北海道大学 サブカテゴリ手法に基づいたBoostingによる歩行者認識
山崎裕太松島宏典久留米高専ITS2013-64 IE2013-129
近年,路上を走る車両数の増加に伴い,交通事故発生件数も増大している.また,近年の状態別交通事故死者数では,シートベルト着... [more] ITS2013-64 IE2013-129
pp.351-355
ITS, IE
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2014-02-18
13:35
北海道 北海道大学 歩行者検出のための極座標表現に基づいたHOG特徴
堀川雄太松島宏典久留米高専ITS2013-65 IE2013-130
近年,交通事故の発生件数,事故による負傷者数は減少傾向にある.しかしながら,死亡者数・重傷者数の割合は歩行者が多くを占め... [more] ITS2013-65 IE2013-130
pp.357-362
NC, MBE
(併催)
2013-11-23
10:00
宮城 東北大学 人の高次視覚野脳活動データを用いた脳型画像認識アルゴリズム ~ 遮蔽のある歩行者画像認識への適用 ~
星野博之大脇崇史豊田中研)・倉重宏樹上野賢一Topi TanskanenKang Cheng加藤英之理研NC2013-52
本研究の目的は,歩行者や車両などを対象とした現状の画像認識において,機械が不得意とする遮蔽・ぼけなどがあっても,対象を高... [more] NC2013-52
pp.31-36
ITS 2013-07-26
15:30
大阪 関西大学 歩行/走行モードを考慮した携帯端末向け歩行者デッドレコニング
垣内紀明上條俊介東大ITS2013-11
ビルの多い都心部などGPSの精度が低下する環境において,歩行者デッドレコニング(PDR)は,歩行者の現在位置を推定するの... [more] ITS2013-11
pp.31-36
ITS, IE
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2013-02-19
09:20
北海道 北海道大学 車載カメラを用いたGLACに基づく高精度歩行者認識
渡邉章二松島宏典久留米高専ITS2012-44 IE2012-124
近年,交通事故発生件数における状態別死者数は,シートベルト着用率の向上などにより,自動車乗車中よりも歩行中の死者が最多と... [more] ITS2012-44 IE2012-124
pp.257-262
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会