お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
US 2021-01-29
16:50
ONLINE オンライン開催 信号加算によるパラメトリックスピーカの高調波歪み低減法の提案とその距離依存性
原田俊平野村英之電通大US2020-64
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] US2020-64
pp.38-43
EA, US
(併催)
2020-01-22
14:00
京都 同志社大学 [ポスター講演]非線形音響の数値計算による超音波と2次波の伝搬過程の比較 ~ 不可視領域へ回折する音波について ~
大山元春大久保 寛首都大東京US2019-85
パラメトリックスピーカを用いた空気中における不可視領域音響センシングが提案され,実験的にその実現可能性が議論されている.... [more] US2019-85
pp.83-87
US 2017-10-05
15:20
宮城 東北大学 M系列位相変調を用いたパラメトリック差音のパルス圧縮
西岡 陸野村英之電通大US2017-61
低周波超音波イメージングの実現のため,パラメトリック超音波にチャープ変調を施し,パルス圧縮を適用する方法が提案されている... [more] US2017-61
pp.27-32
US 2017-04-27
10:55
東京 電気通信大学 低周波パラメトリック超音波画像における空間分解能の実験的評価
野村英之電通大US2017-2
高周波超音波は媒質の粘性によるエネルギー散逸が大きいため,物体表面からの深達度が制限される.そのため,映像化可能深さは浅... [more] US2017-2
pp.5-10
US 2016-02-29
10:55
東京 東京大学生産技術研究所 パラメトリック差音イメージングの深達度評価
鈴木椋介野村英之電通大US2015-109
超音波診断装置で用いられる高周波超音波は媒質の粘性による吸収が大きいため、深達度が浅くなる。この問題に対し低周波であるパ... [more] US2015-109
pp.7-10
US 2015-11-09
14:50
愛知 産業技術総合研究所 名古屋駅前イノベーションハブ パルス圧縮パラメトリック超音波のSNR改善の検討
本多孝如野村英之安達日出夫鎌倉友男電通大US2015-69
高周波数超音波は伝搬に伴い,媒質による吸収が大きいため,遠方での画像化が困難となる.そこで,吸収が少ない低い周波数の超音... [more] US2015-69
pp.23-28
US 2015-09-04
09:30
北海道 第一滝本館
(北海道登別)
パルス圧縮パラメトリック音源を用いた低周波超音波イメージングの実現
野村英之安達日出夫鎌倉友男電通大US2015-54
高周波超音波は媒質の粘性によるエネルギー散逸が大きいため,物体表面からの深達度が制限される.そのため,映像化可能深さは浅... [more] US2015-54
pp.47-50
US 2014-11-13
14:15
石川 金沢工業大学 パルス圧縮技術を用いたパラメトリック超音波イメージング
内藤絢一野村英之安達日出夫鎌倉友男電通大US2014-60
本研究では, 比較的高距離分解能を有する低周波超音波による超音波イメージ取得を検討している. その手段の一つとして指向性... [more] US2014-60
pp.11-15
EA 2014-06-27
13:30
三重 三重大学 音声再生に適したパラメトリックスピーカのための振幅・周波数ハイブリッド変調方式における最適パラメータの実験的検討
岩崎 亘生藤大典中山雅人西浦敬信立命館大EA2014-6
鋭い指向性を有するパラメトリックスピーカは, 一般に特定の受聴者に対する音声アナウンスで利用されている. 搬送波とする超... [more] EA2014-6
pp.7-12
US 2014-04-22
14:00
東京 電気通信大学 パルス圧縮パラメトリック差音エコーの散乱体サイズ依存性の検討
野村英之安達日出夫鎌倉友男Gregory T. Clement電通大US2014-3
この研究の目的は,距離分解能が改善された低周波指向性音源である,パルス圧縮パラメトリック音源の超音波イメージングへの応用... [more] US2014-3
pp.13-17
EA, US
(併催)
2014-01-27
14:15
大阪 関西大学 100周年記念会館 パルス圧縮パラメトリック音源による距離測定
野村英之安達日出夫鎌倉友男電通大US2013-89
本研究では,パルス圧縮技術を適用したパラメトリック音源による距離計測法を取り扱う.超指向性のパラメトリック音源の距離分解... [more] US2013-89
pp.41-46
US, EA
(併催)
2013-01-24
13:10
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 キャリア波と側帯波の分離放射による再生領域制御の検討
中山雅人松井 唯西浦敬信立命館大US2012-92 EA2012-123
近年,超音波を利用することで超指向性を実現できるパラメトリックスピーカが注目されている.パラメトリックスピーカは超音波を... [more] US2012-92 EA2012-123
pp.25-30
US, EA
(併催)
2013-01-24
17:50
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 パラメトリック差音へのパルス圧縮技術適用の実験的検討
野村英之安達日出夫鎌倉友男電通大)・Gregory T. ClementHMSUS2012-98 EA2012-129
パラメトリック差音超音波は,高周波超音波に比べ音波吸収が少なく,遠距離伝搬が可能といった特徴を持つ.ただし,超音波計測や... [more] US2012-98 EA2012-129
pp.59-62
US 2012-11-29
16:40
静岡 静岡大学 チャープ信号によるパラメトリック超音波のパルス圧縮
野村英之安達日出夫鎌倉友男電通大)・Gregory T. ClementHMSUS2012-79
パラメトリック差音は,同一開口音源から放射される同一周波数の線形超音波に比べ,指向性が鋭い特徴を持つ.また,高周波超音波... [more] US2012-79
pp.51-56
EA, SP, SIP
(共催)
2012-05-24
14:45
大阪 大阪大学中之島センター スペクトル包絡に基づくパラメトリックスピーカの復調評価
生藤大典中山雅人森勢将雅西浦敬信立命館大EA2012-13 SIP2012-13 SP2012-13
パラメトリックスピーカは超音波を搬送波とする振幅変調波を放射することで超指向性を実現し,大音圧で放射された振幅変調波は空... [more] EA2012-13 SIP2012-13 SP2012-13
pp.71-77
EA, US
(併催)
2012-01-26
14:15
大阪 関西大学 パラメトリックアレイの時間領域シミュレーションと差音ビーム生成の可視化
野村英之鎌倉友男Gregory T. Clement電通大)・Claes M. HedbergBlekinge Inst. of Tech.US2011-91 EA2011-109
時間領域数値シミュレーションにより,パラメトリックアレイの音場解析を行った.通常,線形,非線形を問わず音場の解析は定常値... [more] US2011-91 EA2011-109
pp.29-34(US), pp.31-36(EA)
US 2011-11-24
16:15
静岡 東海大学清水キャンパス 海洋学部1号館2階大会議室 パラメトリックスピーカにおけるキャリア超音波低減法
原 祥之堀野俊和野村英之鎌倉友男電通大US2011-75
近年,空気の非線形性に起因する有限振幅超音波の自己復調を用いて,非常に鋭い指向性の可聴音を再生できるパラメトリックスピー... [more] US2011-75
pp.53-58
US 2011-10-31
14:15
山梨 山梨大学甲府キャンパス 情報メディア館 5F 多目的ホール 超音波呈示前後における高周波聴力検査
伊藤幹也野村英之鎌倉友男電通大US2011-61
近年,パラメトリックスピーカなど超音波を利用した機器が増えているが,高音圧の超音波が聴覚に与える影響については十分に理解... [more] US2011-61
pp.19-22
US 2011-04-28
13:25
東京 電気通信大学創立80周年記念会館リサージュ3Fホール 数値シミュレーションによるパラメトリックアレイの音場評価 ~ Self-silenced sound beamへの適用 ~
野村英之電通大)・Claes M. HedbergBlekinge Inst. of Tech.)・鎌倉友男電通大US2011-2
パラメトリックアレイが形成する音場について,数値シミュレーションにより評価した.音波の非線形伝搬は,圧縮性粘性流体の支配... [more] US2011-2
pp.7-12
US 2010-04-22
13:20
東京 電気通信大学創立80周年記念会館リサージュ3Fホール キャリア超音波の低減を目的としたパラメトリックスピーカの駆動方法
原 祥之前川陽州野村英之鎌倉友男電通大US2010-1
近年,空気の非線形性に起因する有限振幅超音波の自己復調を用いて,非常に鋭い指向性の可聴音を再生できるパラメトリックスピー... [more] US2010-1
pp.1-4
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会