お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 85件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MI 2021-07-09
14:30
ONLINE オンライン開催 COPD患者の呼吸動態評価に向けた横隔膜運動の非連動性解析
談 驍千葉大)・岩男悠真量研機構)・葉 臣高橋昂太郎千葉大)・桝田喜正千葉大医学部附属病院)・島田絢子川田奈緒子羽石秀昭千葉大MI2021-20
肺野運動の状態把握は,COPD患者における重要な診断指標の一つである.本稿では,COPD患者における肺の非連動性運動評価... [more] MI2021-20
pp.47-51
SP, IPSJ-SLP, IPSJ-MUS
(連催)
2021-06-19
15:00
ONLINE オンライン開催 局所的な句構造の情報を用いたニューラル音声合成
海木延佳サクティ サクリアニ中村 哲奈良先端大SP2021-23
自然な韻律をもつ日本語音声を合成するため、局所的な句構造に基づくフレーズ成分を表す韻律記号をend-to-end音声合成... [more] SP2021-23
pp.107-112
MBE 2021-05-28
16:15
ONLINE オンライン開催 知能の脳室内免疫細胞ネットワーク仮説 ~ ニールス・イェルネのデジタル言語学 ~
得丸久文著述業MBE2021-5
筆者は 2009 年からデジタル言語学という学際研究を進めてきたが,それはニールス・イェルネの免疫ネットワーク理論に基づ... [more] MBE2021-5
pp.11-16
NLC 2020-09-10
10:05
ONLINE オンライン開催 大学医学部Webサイトからの医療技術文の抽出
菅原佑太高野海斗酒井浩之成蹊大NLC2020-2
本研究では,大学医学部Webサイトから医療技術を含む文を深層学習を用いて抽出する手法を提案する.例えば「グループによる3... [more] NLC2020-2
pp.7-10
SR, NS, SeMI, RCC, RCS
(併催)
2020-07-10
14:45
ONLINE オンライン開催 マイクロ波聴覚効果を応用した双方向無線通信をバックボーンネットワークに接続する理論的検討
小池 誠小池誠マイクロ波研RCS2020-77
対人レーダーをブレイン・マシン・インタフェースに用いることにより双方向無線通信を実現することができるが,本稿は,このよう... [more] RCS2020-77
pp.111-116
AI 2020-02-14
14:40
島根 島根大学 出雲キャンパス データの分析と合成を巡るクワイン哲学 ~ 現代の観点から「経験主義の2つのドグマ」を再考 ~
小池 誠小池誠マイクロ波研AI2019-47
クワインの名作「経験主義の2つのドグマ」は経験主義,分析哲学のような形而上学に関するが,その実体は自然言語及び人工言語を... [more] AI2019-47
pp.23-31
RCS 2019-10-25
15:40
神奈川 横須賀リサーチパーク (YRP) マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信を単方向通信から双方向通信に拡張
小池 誠小池誠マイクロ波研RCS2019-201
マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信では受信者の頭部に直接,音声を伝達することができるが,単方向通信にとどまる.したがっ... [more] RCS2019-201
pp.127-132
TL 2019-07-27
16:10
兵庫 甲南大学 平生セミナーハウス [ポスター講演]日本語における 非文法性に起因する錯覚的 wh 旬許可
峰見一輝東大/学振)・広瀬友紀東大TL2019-28
本研究は,日本語におけるwh句の錯覚的認可が,非文法性によって生じる構造の再構築に起因する可能性を論じる.日本語のwh句... [more] TL2019-28
pp.83-88
TL 2019-03-18
14:50
東京 早稲田大学 8号館3階303/304/305会議室 高度翻訳知識構築のための言語データベース ~ 対訳パターン記述による翻訳知識の導出 ~
佐良木 昌明大TL2018-61
翻訳のための日本語換言知識と翻訳知識とを集成し、これら実践的知見を翻訳文法として体系立てる、その試みについて報告する。意... [more] TL2018-61
pp.59-63
RCS 2018-10-19
15:35
東京 機械振興会館 マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信におけるデュアルビームの活用
小池 誠小池誠マイクロ波研RCS2018-176
マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信,即ち,テレパシー通信では,音声信号でパルス変調された電磁波ビームを受信者の頭部に照... [more] RCS2018-176
pp.137-142
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2018-08-07
13:40
北海道 北海道大学大学院情報科学研究科 M棟M151 [招待講演]ミニマルファブとメガファブを併用したハイブリッドプロセスによるSOI-CMOSの作製及び電気特性評価
柳 永勛田中宏幸産総研)・古賀和博佐藤和重ミニマルファブ推進機構)・クンプアン ソマワン長尾昌善松川 貴原 史朗産総研SDM2018-30 ICD2018-17
本研究では,ミニマルファブとメガファブを併用したハイブリッドプロセスの開発を行い,ミニマルウエハ(直径12.5 mm)上... [more] SDM2018-30 ICD2018-17
pp.25-30
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2018-05-21
16:25
沖縄 沖縄産業支援センター 日本語修辞疑問文における対格WH語の指示性 ~ 音声聴取実験による二種類の統語構造の検証 ~
髙木幸子坂本暁彦常磐大HCS2018-12 HIP2018-12
対格WH語を伴う修辞疑問文では,発話時に聞き手を非難する解釈が生じうる.この非難の解釈は聞き手による行為の対象物を問題に... [more] HCS2018-12 HIP2018-12
pp.83-88
HCS 2018-03-14
11:10
宮城 東北大学電気通信研究所 本館(片平キャンパス内) 日本語修辞疑問文における対格WH語の指示性 ~ 統語構造に基づく韻律構造の予測 ~
坂本暁彦髙木幸子常磐大HCS2017-110
対格WH語の「何を」を伴う修辞疑問文では,当該WH語の指示的解釈と非指示的解釈の間で意味解釈上の曖昧性が観察される.本研... [more] HCS2017-110
pp.101-105
LOIS 2018-03-02
10:50
沖縄 那覇市IT創造館 健康保険の資格確認手順を用いた受診履歴データ作成・利活用に関する研究
應治沙織鈴木裕之小尾高史大山永昭東工大
現在,健康保険証の資格確認の過誤に起因したレセプトの返戻処理が年間1000万件を超えて発生し ており,これに要する事務経... [more]
NLC, IPSJ-IFAT
(連催)
2018-02-17
11:20
大阪 ティーオージー会議室 名詞句一覧を活用したソフトウェア開発文書執筆支援
南田幸紀杉本 駿原田山人NTTNLC2017-52
ソフトウェア開発において,要件定義書や基本設計書など上流工程ドキュメントは一意に解釈できるよう正確に記述することが重要で... [more] NLC2017-52
pp.63-68
SP, ASJ-H
(共催)
2018-01-20
14:15
東京 東京大学 自然言語処理の起源を求めて ~ オートマトン,テレパシー通信及び統合失調症 ~
小池 誠小池誠マイクロ波研SP2017-69
統合失調症の原因はマイクロ波聴覚効果を応用したマイクロ波通信という仮説を証明するための証拠を提示する.このようなマイクロ... [more] SP2017-69
pp.17-25
CQ
(第二種研究会)
2018-01-18
15:50
東京 国立情報学研究所 テレパシー通信の実現性に関する考察 ~ マイクロ波聴覚効果を応用したマイクロ波通信 ~
小池 誠MKマイクロ波研
矩形波のマイクロ波は聴覚を刺激する現象があり、マイクロ波聴覚効果と命名されている。そこで、マイクロ波聴覚効果を応用したマ... [more]
ET 2017-12-02
13:25
石川 金沢工業大学 知的創発に向けたマインドマップ生成に基づく議論刺激システムの検証
何 一澎米澤朋子関西大ET2017-72
我々は,オンライン会議におけるアイディア創発を支援するための議論刺激システムとして,議論サブトピックを提示する手法を提案... [more] ET2017-72
pp.21-26
TL 2017-09-23
14:00
京都 京都工芸繊維大学 拡大連語Lexical Bundlesのパターンと機能 ~ 構文的機能を持つ拡大連語の事例を中心に ~
佐良木 昌明大TL2017-39
Biberら(1998, 2002)のLexical Bundlesのパターンを手がかりに、拡大連語を新たに見いだすこと... [more] TL2017-39
pp.7-12
NLC 2017-09-07
10:10
東京 成蹊大学 ピンポイントフォーカス型テキストマイニング手法の研究
菰田文男埼玉学園大)・中山厚穂首都大東京NLC2017-13
テキストマイニングには出現頻度の多い語に着目しテキスト全体の捉える鳥瞰図描画型と,出現頻度は少ないが特定の文脈で重要な意... [more] NLC2017-13
pp.1-6
 85件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会